Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/01
Update

映画『ともしび』本編冒頭映像解禁。わずか数分でシャーロット・ランプリングの演技力に圧倒される

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『ともしび』は、2019年2月2日シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

2017年ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で、主演女優賞を獲得したシャーロット・ランプリング主演の映画『ともしび』

今回本編の冒頭映像が解禁になったのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ともしび』とは

2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

この作品は人生の終盤にさまざまな業を背負ったひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマです。

2017年にイタリアで開催されたヴェネツィア国際映画祭では、その演技が絶賛を浴びシャーロット・ランプリングは主演女優賞を受賞しました。

フランスのアカデミー賞とも呼ばれるセザール賞で2019年の外国語映画賞にノミネートされ、高い評価を得ています。

映画『ともしび』本編冒頭映像解禁

今回解禁されたのは、叫び声のような異様な声が聞こえてくる中、顔面を激しく紅潮させたアンナ演じるシャーロット・ランプリング。

彼女の表情が大写しにされた瞬間から、ただならぬ不穏な気配が画面に漂い始める冒頭のシーンです。

シーン変わって、今度は何かのワークショップのようで年齢も国籍もバラバラな男女が交流している様子が分かります。

その後、いつもと同じ電車に乗り、いつもと同じ帰路につくアンナの目は先ほどとはうって変わって、虚ろなまま宙を見つめていました。

ひとりの女性のそれまで過ごしてきた数十年の人生を、数分間の目の表情の変化のみで物語ってしまう、シャーロット・ランプリング。

うつろな表情の彼女は何を考えているのでしょうか。

シャーロット・ランプリングの圧倒的な演技力は必見です!

スポンサーリンク

映画『ともしび』の作品情報


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

【公開】
2019年(フランス・イタリア・ベルギー合作)

【原題】
Hannah 

【脚本・監督】
アンドレア・パラオロ

【キャスト】
シャーロット・ランプリング、アンドレ・ウィルムほか

【作品概要】
2017年に開かれた第74回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門主演女優賞受賞。

主演は『愛の嵐』『まぼろし』などに出演し、『さざなみ』(2015)で数々の主演女優賞を受賞したことが記憶に新しいシャーロット・ランプリング。

共演は、『ル・アーヴルの靴みがき』『ラヴィ・ド・ボエーム』などで知られるアンドレ・ウィルム。

人生の終盤、さまざまな業を背負ったひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマが、ミステリー小説のごとく描かれている作品です。

2019年のセザール賞で、外国語映画賞にノミネートされています。

映画『ともしび』のあらすじ

2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

ベルギーのある小さな都市で、アンナは夫と慎ましやかに過ごしていました。

いつものメニューの夕食で、会話はなくともこれまでの日々が培った信頼があるはずでした。

ところが次の日、夫ある疑惑で警察に出頭しそのまま収監。

その生活はわずかに歯車が狂い始めてていきます。

日常の些細な変化に見て見ぬふりをし、これまでと変わらない生活を続けていくアンナ。

しかし、小さな変化は大きな狂いを生じていくのでした…。

スポンサーリンク

まとめ

2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films
シャーロット・ランプリング演じるアンナは、その夫と長年2人で慎ましやかに過ごしていました。

今回公開された冒頭映像を見ると、ワークショップにいる瞬間だけは全てを忘れて自分の感情を誰にも遠慮することなく放出することができる、貴重な時間のようです。

その後、ワークショップで解き放った自分の感情の揺れを、アンナはまた自らの胸に静かに戻しています。

これまで感情を表に出さなかったアンナが、これからの人生を“生きなおす”決意の物語を、映画館で見守ってください。

映画『ともしび』は、2019年2月2日シネスイッチ銀座ほかで全国ロードショー!

ぜひお見逃しなく!


関連記事

新作映画ニュース

アニメ『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじと前売り券特典情報。公開は11月8日!

「日本キャラクター大賞 2019」グランプリ受賞。 “すみっコ”たちが劇場アニメーションで動き出す! いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題の「すみっコぐらし」。 ©2019 日本すみっコぐらし …

新作映画ニュース

樋口真嗣×大庭功睦『キュクロプス』トークショーinテアトル新宿。映画監督としての信念とは

大庭功睦監督の和製ノワール作品『キュクロプス』。 大庭功睦監督(左)樋口真嗣監督(右)©︎Cinemarche 現在、テアトル新宿においてレイトショー上映されている大庭功睦監督作品『キュクロプス』。 …

新作映画ニュース

『マッドハイジ』あらすじ/キャスト/最新作品情報。アルプスの少女がB級映画エクスプロイテーションで血みどろの激闘で大活躍!

何だこれは!あの少女がトンデモ映画で大暴れ! ナチスが月から攻めてくる!予告映像を製作して公開、オンライン・コミュニティを通じ製作費を募って完成させた、全世界を熱狂させたトンデモ映画『アイアン・スカイ …

新作映画ニュース

【上野鈴華の演技評価とプロフィール】『ミッドナイトスワン』ヒロインのライバル桑田りん役で衝撃的なキャラクターを演じる

2020年9月25日より公開の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介 主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。 トランスジェンダー …

新作映画ニュース

韓国映画『はちどり』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基に女性監督が少女の成長を描く!

ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞。 韓国の単館公開としては異例、公開1か月で観客動員数12万人超の大ヒットを記録した映画『はちどり』。 (C) 2018 EPIPHANY FILMS …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学