Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/06
Update

ボリショイ・バレエ 2人のスワン|本編からニコラ・ル・リッシュの映像解禁!

  • Writer :
  • かりごめあき

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』は、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!

ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーの頂点を目指した少女たちの挫折と栄光。その夢見るサクセスストーリーを描くため、世界的に活躍する本物のバレエ・ダンサーが集結。

この度、バレエ団がレッスン場で華麗なるバレエ対決を繰り広げる本編映像が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』の作品情報


© Valery Todorovsky Production Company

【公開】
2018年(ロシア映画)

【原題】
Большой(英題:THE BOLSHOI)

【監督】
ヴァレーリー・トドロフスキー

【キャスト】
マルガリータ・シモノヴァ、アンナ・イサエヴァ、アリーサ・フレインドリフ、ニコラ・ル・リッシュ

【作品概要】
ロシアの名門であるボリショイ劇場のプリマ・バレリーナを夢見る2人の少女の青春映画。

憧れのプリンシパルであるアントワーヌ役を、元パリ・オペラ座のエトワールで、現在はスウェーデン王立バレエ芸術監督のニコラ・ル・リッシュが好演。

華麗なるバレエ対決の本編映像を解禁

今回、解禁された本編映像は、バレエ団のレッスン場での場面です。

スターダンサーであるアントワーヌがその様子を見守っているため、団員たちは少し緊張しています。

その空気を突破するように、まずは男性ダンサーたちが自分の得意のステップを披露します。

ジャンプや回転など、得意技を美しく次々と披露していき、女性ダンサーたちも負けじと美しい回転を披露します。

最後に登場したのは、マルガリータ・シモノバで本作品の主人公ユリア・オルシャンスカヤ演じ、もう1人はアンナ・イサエバが演じたライバル役のカリーナ・クルニコヴァ。

もとは最大のライバルであり、実力も拮抗していた2人ですが、ある事件をきっかけに、現在カリーナはプリマとして大活躍、ユリアはその他大勢のダンサーの一人として甘んじています。

ユリア自身も全てを諦めかけていました。

しかし、憧れのアントワーヌを前にしたユリアは、かつての情熱を想い出し、カリーナとの「回転技の対決」がレッスン場で静かに始まります

熱くひたむきな感情が溢れでる1シーンをご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』のあらすじ


© Valery Todorovsky Production Company

少女ユリアはボリショイ・バレエ・アカデミーに、多くの受験生とともに混じり、入学試験を受けに来ました。

そんな彼女の傍にいる男は、かつては誰もが知るバレエ・ダンサー。しかし、今の肥満の腹を突き出したダラシない中年男は、風貌や面影も片鱗すらありません。

アカデミー内を知ったる場所のように歩く男に導かれるにユリア。

その廊下の壁に並ぶ数々の写真は、これまでのアカデミー卒業生たちの輝かしきプリンシパルの姿でした。

男は一枚の写真を懐かしそう見つめ、立ち止まります。

ユリアは「これ、オジサン?」と思わず聞き返すと、そうだと頷いた彼はウラジオミール・ボトツキでした。

その時、2人の横を通り過ぎた高齢の婦人は、アカデミー随一のバレエ講師の大先生ガリーナでした。

ウラジオミールは思わず、「ガリーナ!ガリーナ!」と彼女を必死に呼び止めますが、ガリーナは足を止めることはしません。

それでも食い下がるウラジオミールは、ユリアの踊りを一度見て欲しいと懇願します。

ガリーナは、「誰かと思ったら、私が舞台で心中してもいいと思ったウラジオミールじゃない!安酒くさいわね」とあしらいます。

ユリアは何が何だか状況が飲み込めないまま、2人の後をついていきます。

その後、どうにかユリアは、大先生ガリーナの采配もあって、入試の順番待ちもせずに、踊りの試験を受けることができました。

アカデミーの厳しい入試採点するガリーナを中心としたモスクワに住む講師陣たち、その前に1人立たされる田舎娘のユリア。

そこでユリアが見せた踊りは、バレエとはほど遠い、まるで場末のコールガールが男を誘うような有様の踊りでした。

その姿に怒り心頭の審査を行う女講師。それを見て、ガリーナは思わず吹き出します。

また、ピアノで踊りの伴奏をする者も、ユリアに魅惑的な何かを感じたのか演奏はノリノリですが…。

怒りを見せる女講師に部屋を追い出され、やがて、張り出される入試の審査結果を待つ不安げなユリア。

一方で傍にいたウラジオミールは少女ユリアに、「ビール代をくれ」とせがみます。

ユリアは大切にポケットにしまい込んだ、なけなしの束ねたお金の数枚を、ウラジオミールに手渡しました。

試験結果が張り出されると、それを期待と不安を抱え見に行くユリア…。

しかし、彼女が結果を見て、カバンを預けたウラジオミールの元に戻ると、すでに男はそこにはいませんでした。

ユリアは、ボリショイ劇場の擁するバレエ・アカデミーに無事、入学を果たします。

彼女の隠された跳躍力や表現力を見抜いていたのは、、かつて、伝説のプリマとして活躍した、あのガリーナでした。

大先生のガリーナはユリアに厳しくあたるも、その信じた才能を伸ばそうと手を差し伸べます。

しかし、バレエの基礎の足運びも知らないユリアは不安で押しつぶされそうでした。

その時、育った境遇やスタイルもすべてが正反対の少女カリーナと出会います。

やがて、2人少女は仲のよい親友となり、しかも最大のライバルとして、過酷なレッスンに耐えていきます。

ユリアとカリーナは、恋とバレエを競い合い、自身を高め合っていきますが、いったい、どちらがボリショイ劇場でのプリマの座を掴むのか…。

まとめ

本作は、ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーで、頂点を目指す2人の少女の挫折と栄光を描いた青春物語です。

主役のユリアを演じたマルガリータ・シモノヴァを始め、カリーナ役のアンナ・イサエヴァ、アントワーヌ役のニコラ・ル・リッシュ他、世界的に活躍する本物のバレエ・ダンサーが集結し製作されました。

解禁されたレッスン場での本編映像は、ドキュメンタリーを見ているかのように本格的で圧倒されます。

世界最高峰と言われるボリショイ劇場で撮影されたステージの映像はぜひ劇場でご覧ください!

『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』は、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です!

本作を上映する劇場情報

東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 7月7日(土)〜
大阪 テアトル梅田 7月21日(土)〜
兵庫 シネ・リーブル神戸 7月21日(土)〜
北海道 札幌シアターキノ 9月8日(土)〜
長野 シネマポイント 順次公開

*上記に記載された情報は7月6日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『search/サーチ』あらすじとキャスト。サンダンス映画祭観客賞受賞作の予告編解禁!

映画『search/サーチ』は、10月26日(金)より全国ロードショー。 まったく新しい映画体験、100%すべてPC画面の映像で展開するサスペンス・スリラー! サンダンス映画祭観客賞受賞した新感覚スリ …

新作映画ニュース

ロマンチックなデートの本編映像を公開!映画『パリ、嘘つきな恋』は真実の愛を描くラブストーリー

トンデモナイ嘘から最高の恋が始まります! 本国フランスで動員250万人超(2019年5月10日時点)の大ヒットを記録した、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が5月24日(金 …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト仲野太賀はラブホ従業員の赤川圭一役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの組長代行役は塩見三省【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

インド映画『プレーム兄貴、王になる』あらすじ。キャストのサルマンカーンが踊るマサラムービー!

これぞ王道インド映画。 歌って!踊って!気分スッキリのハートウォーミング・マサラムービー。 2019年、日本でもスマッシュヒットを記録した『バジュランギおじさんと、小さな迷子』のサルマン・カーン主演作 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP