Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国映画『EXIT』の日本公開情報。ユナとチョ・ジョンソクが超高層ビルに登り走る予告解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

韓国で940万人を動員した大ヒットサバイバル・パニック映画が早くも上陸します。

2019年夏に韓国で公開され、940万人以上の動員を突破したサバイバル・パニック映画『EXIT』

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

韓国から4ヵ月後の超スピードで、11月22日(金)より新宿武蔵野館ほかにて日本公開されます。

主演を務めたのは、ミュージカル俳優として活躍し、『建築学概論』(2012)や、EXOのD.O.(ディオ)との共演で話題になった『あの日、兄貴が灯した光』(2016)等に出演、“千の顔を持つ男”と言われる実力派俳優チョ・ジョンソク。

そして、韓国が誇るNo.1ガールズグループ少女時代のメンバーであり、『コンフィデンシャル/共助』(2017)の好演で注目を集め、本作で初めて主演を飾ったユナです。

この度、本作の緊迫感漂う日本版予告編と場面写真が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『EXIT』の日本版予告編

今回解禁された日本版予告編では、仕事なし彼女なしのヨンナム(チョ・ジョンソク)が、大学時代に所属していた山岳部で想いを寄せていた後輩のウィジュ(ユナ)と再会する場面から始まります。

喜びもつかの間、トラックからガスが大量に噴出し、街中の人々を襲う、緊迫した展開へ。

さらにヨンナムとウィジュの元にも危険が迫り、後半ではガスから逃げるために、地上数百メートルの超高層ビル郡を走り、登り、跳ばなければいけない状況になってしまいました。

必死な2人の表情が過酷な緊急事態を伝えています。


ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

日本版予告編のナレーションを担当したのは、日本テレビ系列で放送されている『世界の果てまでイッテQ!』のナレーションでもお馴染みの立木文彦

“走れ、登れ、跳べ!”と主演2人の動きに合わせたナレーションでさらに本作を盛り上げます。

映画『EXIT』の場面写真

あわせて解禁となった場面写真。

ガスの蔓延を知り、ビルからどのように逃げるかを考える2人と、高層ビルの上へと逃げるために、それぞれのロッククライミング技術を活かしてビルを登っていくシーン。

緊張感あふれる表情に、期待が高まります。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

スポンサーリンク

映画『EXIT』の作品情報

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
EXIT

【監督・脚本】
イ・サングン

【製作】
カン・へジョン、リュ・スンワン

【字幕翻訳】
根本理恵

【キャスト】
チョ・ジョンソク 、ユナ

【作品概要】
主演は、『建築学概論』(2012)等に出演し、“千の顔を持つ男”と言われる実力派俳優チョ・ジョンソクと、本作が映画初主演となる、日本でも大人気の少女時代のユナ。

製作陣には『ベテラン』(2015)のリュ・スンワン監督が名を連ね、究極のサバイバルが展開します。

映画『EXIT』のあらすじ

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめます。

道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街。

そんな緊急事態になっているとも知らず、70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)が、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュ(ユナ)との数年ぶりの再会に心を躍らせていました。

しかし、彼らにも上昇してくる有毒ガスの危険が迫ります。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、跳び、走る2人は、果たして無事に街を脱出できるんでしょうか。

絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまります。

スポンサーリンク

まとめ

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

チョ・ジョンソクとユナはリアリティを追求するため、撮影の数か月前から、ロッククライミングや登山技術を学び、スタントチームと共にワイヤーアクションの猛稽古に励んだとのこと。

さらに、本作のもうひとつの要素である、高層ビル群の間を上昇してくる有毒ガス。イ・サングン監督とプロダクション・デザインのチームが本物のガスを使用しながら、構造物の中をどのように移動するかを検証し、総力を挙げてリアリティを追求しました。

主演2人の身体能力と上昇してくるガスにハラハラドキドキが止まりません。

映画『EXIT』は2019年11月22日(金)より新宿武蔵野館ほかにてロードショーです。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの佐藤役は三浦春馬【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。葉媚(よーび)は同級生で親友の小梅役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

塚本晋也監督がニッポン名誉賞を受賞。映画『斬、』ロングラン上映で世界を席巻!

『鉄男』『六月の蛇』など、海外の評価も高くカルト的な人気を誇る塚本晋也監督の最新作『斬、』は、渋谷ユーロスペースほか全国にてロングラン上映中。 2018年11月24日に公開されてから2か月以上たった今 …

新作映画ニュース

『台北セブンラブ』あらすじとキャスト。台湾の恋愛映画テーマした特集上映で日本公開へ

台湾映画『台北セブンラブ』は、「台湾巨匠傑作選 2019~恋する台湾~」にて日本初上映決定。 2018年末に日本公開に向けてのクラウドファンディングを実施していた台湾映画『台北セブンラブ』。 本作の上 …

新作映画ニュース

ニコラスケイジ新作映画『カラー・アウト・オブ・スペース-遭遇-』あらすじ/キャスト/公開日。狂気の予告動画紹介!

原作ラヴクラフト×ニコラス・ケイジ主演×『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』スタッフ ニコラス・ケイジが復讐に燃える男を演じ、カルト的人気を博したバイオレンス・リベンジ・スリラー『マンディ 地獄のロ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学