Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『彼女たちの革命前夜』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。キーラ・ナイトレイたちが演じるミスコンをぶっこわす大騒動

  • Writer :
  • 谷川裕美子

前代未聞の大騒動を描く『彼女たちの革命前夜』は2022年6月24日(金)より全国順次公開

はじまりのうた』(2015)のキーラ・ナイトレイが主演を務め、テレビシリーズ「サード・デイ ~祝祭の孤島~」のフィリッパ・ロウソープが監督を務めた『彼女たちの革命前夜』が2022年6月24日(金)よりキノシネマ他にて全国順次公開されます。


(C)Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019

このたび作品の予告編が解禁されました。

世界3大ミスコンテストの一つである「ミス・ワールド」で、実際に起こった前代未聞の大騒動を完全映画化しました。

彼女たちの勇姿を観れば、きっと元気が出てきます。

スポンサーリンク

映画『彼女たちの革命前夜』について


(C)Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019

はじまりのうた』(2015)のキーラ・ナイトレイが主演を務め、『女神の見えざる手』(2017)のググ・バサ=ロー、『ジュディ 虹の彼方に』(2020)のジェシー・バックリーが共演し、テレビシリーズ「サード・デイ ~祝祭の孤島~」のフィリッパ・ロウソープが監督を務めた一作。

「ミス・ユニバース」「ミス・インターナショナル」と並ぶ世界3大ミスコンテストのひとつ「ミス・ワールド」の1970年ロンドン大会で実際に起こった騒動を、ミス・ワールドを舞台に描きます。出演者と主催者、そして開催を阻止しようとするサリーたち、それぞれの思惑が交差する群像劇です。

映画『彼女たちの革命前夜』の予告映像

この度解禁となった予告編は、ミス・ワールド出演者の物真似をする孫を褒める母親に対し、キーラ・ナイトレイ演じる主人公のサリーが注意をするシーンから始まります。

コンテストで女性たちは理想のスリーサイズを求められ、モノのように品定めされていました。

そんな女性を見せ物にするミス・ワールドをぶっ壊そうと意気込む主人公たち、故郷の少女たちに夢を与えたいという目標で出場をする候補者、そして主催者の三方向からの視線が映し出されます。

豪華キャストを迎え、誰もが楽しめるエンターテイメント作品である事を感じさせるくれる予告映像です。

スポンサーリンク

映画『彼女たちの革命前夜』の作品情報


(C)Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019

【日本公開】
2022年(イギリス映画)

【監督】
フィリッパ・ロウソープ

【脚本】
レベッカ・フレイン、ギャビー・チャッペ

【キャスト】
キーラ・ナイトレイ、ググ・バサ=ロー、ジェシー・バックリー、グレッグ・キニア

映画『彼女たちの革命前夜』のあらすじ


(C)Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019

1970年、ロンドンで開かれたミス・ワールドの世界大会。出場者は理想のスリーサイズを求められ、まるでモノのように品定めされていました。

司会のアメリカの人気コメディアンボブ・ホープには、これまで優勝者と関係を持った経歴がありました。

学問をやり直すため大学に入学をしたサリーは、女性解放運動の活動家であるジョーに出会います。彼女が所属する団体はミス・ワールドを阻止するために立ち上がります。

その頃、ミス・ワールドには世界各国から出演者が続々と集結。

カリブ海の島国グレナダから参加したジェニファーは、自身が優勝することで故郷の少女たちに夢を与えたいという思いで出場しましたが、白人の出場者ばかりに注目が集まる状況に複雑な気持ちを抱いていました。

それぞれの想いが交差をする中、ついに迎えたミス・ワールドの当日。

「私はケダモノではない。だが、常に女性に触れていたい」と冒頭からボブがジョークをとばします。

潜入していたサリーらはこの言葉にショックを受け、準備していた抗議デモを始めますが…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019

女性蔑視問題に加えて、いまや世界中で問題としてとりあげられているルッキズムに正面から挑んだ女性たちの闘争劇を、実話をもとに爽快に描く映画『彼女たちの革命前夜』。

ミス・ワールドの開催を阻止しようと活動する主人公サリーを、キーラ・ナイトレイ、ググ・バサ=ロー、ジェシー・バックリーらが生き生きと演じています。

映画『彼女たちの革命前夜』は2022年6月24日(金)よりキノシネマ他にて全国順次公開です。



関連記事

新作映画ニュース

【TAAF2019】東京アニメアワードフェスティバルの受賞結果。グランプリはポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』

TAAF2019受賞作品紹介 2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。 ©TAAFEC. …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

新作映画ニュース

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』日本公開決定!人生と音楽を捉えたドキュメンタリー

“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年記念 “ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年を記念し、エヴァンスの「時間をかけた自殺」とも言われた51年の人生と音楽を捉えたドキュメンタリ …

新作映画ニュース

【下北沢映画祭2020情報】オンライン配信で10月2日から開催!上映作品プログラム第1弾も発表

第12回下北沢映画祭は10月2日(金)~4日(日)オンライン開催決定! ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切 …

新作映画ニュース

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』あらすじ/キャスト/公開日。ベトナム戦争の実話をリアルに描く!

戦争映画に新たな歴史を刻む、50年封印された“伝説の戦闘”(ロングタンの戦い)を完全映画化。 オーストラリア映画界が総力を結集し、ベトナム戦争での知られざる激戦をリアルかつ臨場感満載に描く本格戦争映画 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学