Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/08
Update

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実在のパントマイムの神様マルセル・マルソーをジェシー・アイゼンバーグが熱演

  • Writer :
  • 石井夏子

命を繋ぐこと―それが真のレジスタンス。

“パントマイムの神様”マルセル・マルソーは、若かりし頃、第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていました。

エンターテイメント史に類稀なる足跡を刻む彼は、なぜナチから命がけで子どもたちを守ったのか!?その謎を紐解く映画が公開されます。

かつての活動仲間の証言や膨大の資料をもとに、没後10年以上の時を経てマルセルの知られざる実体験を明らかにした映画が『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』という邦題で、2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開することになりました。

あわせて解禁された場面写真とともに、映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』について

(C)2019 Resistance Pictures Limited.

2007年に84歳で亡くなるまで、世界中の俳優やミュージシャン、ダンサーたちに影響を与えた“パントマイムの神様”マルセル・マルソー

マイケル・ジャクソンの“ムーンウォーク”は彼のパフォーマンスからヒントを得たということは、有名なエピソードです。

しかし“沈黙の詩人”とも称された彼にはあまり知られていない一面もありました。

若かりし頃、第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていたマルセル・マルソー。

彼はその活動内容を自ら語ることなくこの世を去りましたが、かつての活動仲間でもあった従兄の証言や膨大の資料をもとに、没後10年以上の時を経てマルセルの知られざる実体験を描き出した映画が本作『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』です。
(C)2019 Resistance Pictures Limited.

マルセルを演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、その後も「ゾンビランド」シリーズなどで快進撃を続けるジェシー・アイゼンバーグ

自身もユダヤ人で母親がプロの道化師だったという生い立ちを活かし、アートにのめり込み自分を表現することしか興味がなく、自己中心的だった青年が、傷ついた子どもたちとの出会いを経て、人間味豊かな魅力的な人物に変わっていく姿を生き生きと演じました。

マルセルが恋心を抱くエマには、「ハリー・ポッター」シリーズのフラー・デラクール役で広くその名を知られ、『テネット』のクールな科学者役も印象深かったクレマンス・ポエジー。

当時、“リヨンの虐殺者”と恐れられたナチのクラウス・バルビー親衛隊中尉には、『ワルキューレ』のマティアス・シュヴァイクホファー。また、『めぐりあう時間たち』などで4度アカデミー賞にノミネートされた名優エド・ハリスが、アメリカ陸軍大尉ジョージ・S・パットン役で出演、短いシーンながら作品の格を上げることに貢献しています。

監督はポーランド系ユダヤ人で、ベネズエラで最も著名な映画監督であり脚本家、ベストセラー作家でもあるジョナタン・ヤクボウィッツ。その確かな手腕で、負の歴史に隠された人間の命への讃歌を描き出します。

代表作『ベネズエラ・サバイバル』は『タイタニック』や『パッション』を抜いて、ベネズエラ史上NO.1のヒットを記録し、ロバート・デ・ニーロ出演の『ハンズ・オブ・ストーン』はカンヌ国際映画祭に出品され、喝采を浴びました。

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』の場面写真

(C)2019 Resistance Pictures Limited.

ナチに親を殺されたユダヤ人の子どもたちにパントマイムで笑顔を取り戻そうとするマルセル。写真はパントマイムに夢中になって次第に子供たちの表情が明るくなっていく刹那を切り取っています。彼と子どもたちの絆が深まる象徴的な1枚です。

さらに、ナチのハーケンクロイツ旗がマルソーの背後に映るものや、彼がパントマイムを演じている印象的な後姿の写真もあわせて解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』の作品情報

(C)2019 Resistance Pictures Limited.

【日本公開】
2021年(アメリカ・イギリス・ドイツ合作映画)

【原題】
RESISTANCE

【監督・脚本・製作】
ジョナタン・ヤクボウィッツ

【キャスト】
ジェシー・アイゼンバーグ、クレマンス・ポエジー、マティアス・シュヴァイクホファー、フェリックス・モアティ、ゲーザ・ルーリグ、カール・マルコヴィクス、ヴィカ・ケレケシュ、ベラ・ラムジー、エド・ハリス、エドガー・ラミレス

【日本語字幕翻訳】
高内朝子

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』のあらすじ

1938年フランス。アーティストとして生きることを夢見るマルセルは、昼間は精肉店で働き、夜はキャバレーでパントマイムを披露していました。

第二次世界大戦が激化するなか、彼は兄のアランと従兄弟のジョルジュ、想いを寄せるエマと共に、ナチに親を殺されたユダヤ人の子どもたち123人の世話をすることに。

悲しみと緊張に包まれた子どもたちにパントマイムで笑顔を取り戻し、彼らと固い絆を結ぶマルセル。

ですが、ナチの勢力は日に日に増大し、1942年、遂にドイツ軍がフランス全土を占領します。

マルセルは、険しく危険なアルプスの山を越えて、子どもたちを安全なスイスへと逃がそうと決意しますが……。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 Resistance Pictures Limited.

“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生がいま明らかになります。

第二次大戦中に123人のユダヤ人孤児を救ったマルセル・マルソーから見えてくる、希望の物語を劇場でお楽しみください。

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』は、2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開です。





関連記事

新作映画ニュース

映画『ザ・レセプショニスト』あらすじとキャスト。女性監督がアジア移民の現実を提示する

台湾出身の女性監督が描く衝撃作『ザ・レセプショニスト』。 10月全国劇場公開へ。 迫りくる現実、移民の闇とそこにある痛み、移民大国日本への警鐘…。 2018年の第1回熱海国際映画祭でインターナショナル …

新作映画ニュース

酒井法子映画『空蝉の森』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。女優復帰作のサスペンスが劇場ロードショー!

酒井法子の幻の主演作に柄本明ら実力派俳優が集結! 2014年に撮影された酒井法子の幻の主演作『空蝉(うつせみ)の森』が、様々な障害を乗り越え、遂に公開決定となりました。 (c)「空蝉の森」製作委員会  …

新作映画ニュース

映画『地蔵とリビドー』上映館情報。やまなみ工房のドキュメンタリー90秒予告編解禁

©2018 ATELIER YAMANAMI ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』は、やまなみ工房のアーティストに焦点を当てた作品であり、障がいとはどこに存在するかを観る者に問いかけてきます。 やま …

新作映画ニュース

映画『インディペンデントリビング』あらすじと公開情報。2020年春に障害者の自立生活を描くドキメンタリー上映

“生きづらさ”を抱えた人たちが“自分らしさ“を取り戻すドキュメンタリー 重い障害を持つ者に、一人暮らしはできるのだろうか? ©ぶんぶんフィルムズ 自立生活を希望する障害者たちに密着したドキュメンタリー …

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学