Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/21
Update

映画『五億円のじんせい』キャスト初主演の望月歩(あゆむ)のプロフィール。演技力を引き出した「ラブリー」解説も

  • Writer :
  • YUMIKO

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか!
映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにてロードショー。

オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。

そこで第一回グランプリを受賞した映画『五億円のじんせい』が、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開されます。

日本映画界の新たな息吹を感じさせるフレッシュな監督・脚本家・そしてキャストで贈る本作。

この記事では、主人公・高月望来(たかつき みらい)役を演じる望月歩(あゆむ)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』の作品情報


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
文晟豪(ムン・ソンホ)

【脚本】
蛭田直美

【主題歌】
ZAO「みらい」

【キャスト】
望月歩、山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり、水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎、平田満、西田尚美

【作品概要】

監督は短編映画『ミチずレ』(2014)の文晟豪(ムン・ソンホ)。

脚本は『女の機嫌の直し方』(2019)の蛭田直美です。

望月歩が本作で映画初主演し、“五億稼がなければならない”主人公を瑞々しく演じました。

物語のキーパーソンを演じるのは映画『ミスミソウ』の主演が印象深い山田杏奈。

サブキャストには山田杏奈、兵頭功海、小林ひかりのほか、西田尚美、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦那すみれ、諏訪太郎ら実力派が勢ぞろいしました。

映画『五億円のじんせい』のあらすじ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。

健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される、窮屈な青春を送っていました。

ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届きます。

夏休み、家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る望来。

そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていて…。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』高月望来(たかつき みらい)役は望月歩(あゆむ)

参考映像:『ソロモンの偽証』(2015)

映画『五億円のじんせい』で主人公の高月望来(たかつき みらい)役を演じる望月歩(あゆむ)は2000年9月28日生まれの俳優。ヒラタオフィス所属。

本作が映画初主演となります。

初主演に際して、「自分次第で良くも悪くもなるんだというプレッシャー」を今まで以上に感じていたそうです。

あどけなさの残る面差しが魅力ですが、179.5cmという長身に特技は乗馬と、現代の王子のようなスペックの高さです。

2014年、人気作家・宮部みゆきの同名小説を映画化した『ソロモンの偽証』で、1万人が参加した大規模オーディションの結果、遺体となって発見される中学生・柏木卓也役に大抜てきされました。

2015年に『ソロモンの偽証』前・後編が公開されると、その演技と存在感で一躍注目を浴びます。

そこから本格的に俳優活動を開始。ドラマ『461個のありがとう 愛情弁当が育んだ父と子の絆』(2015)では主演・別所哲也の息子役、TBS系の連続ドラマ『マザー・ゲーム 彼女たちの階段』(15)では檀れいの息子役を演じました。

そのほか映画『真田十勇士』『向こうの家』、ドラマ『アンナチュラル』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』など数多くの作品に出演。

数々の現場での経験で培った実力が、本作『五億円のじんせい』で見事花開いています。

映画『五億円のじんせい』高月望来(たかつき みらい)はどんな役?


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

本作の主人公。17歳の少年。

幼い頃に心臓病になりましたが、善意の募金5億円によって心臓移植に成功し、命を救われた過去を持ちます。

募金で命が助かった「みらいちゃん」としての特集が毎年テレビで流れ、長年マスコミにさらされる彼は、周囲からの期待を背負っての生活を強いられていました。

立派に生きねばというプレッシャーに潰されそうになり、SNSで自殺を宣言しますが、見知らぬ人から「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届きます。

純粋で単純な性格の彼は、その挑発に乗ってすぐに家出。「五億円の借金を返す」という目標のために懸命に努力しますが、そこには様々な困難が待ち受けており…。

スポンサーリンク

望月歩(あゆむ)の演技力の評価は

参考映像:『向こうの家』(2018)

人気作家・宮部みゆき原作の『ソロモンの偽証』で、本格的に俳優デビューした望月歩。謎の死を遂げる少年・柏木卓也役を演じて注目を集めました。

1万人以上の応募者があった大規模なオーディションで、見事に柏木役を獲得。

監督からの助言で、役の年表を作るなど綿密な役作りをしてのぞんだそうです。

ドラマ『マザー・ゲーム』では、セレブの家に生まれながら引きこもりになってしまう心に闇を持つ少年を繊細に演じています。

大人気ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』では、菅田将暉演じる主人公の担任する3年A組の生徒役を好演。

陸上部所属で、スポーツ推薦をもらうために苦悩する少年を演じきり、好評を博しました。

本作『五億円のじんせい』が映画初主演作品。様々な現場で培った演技力を遺憾なく発揮しています。

一歩間違えば重くなりすぎるテーマ作品ですが、望月自身の持つあどけなさ、明るい声質、そして絶妙な抜け感で、微笑ましい心温まる物語に仕上げています。

前半で見せる「周囲の目を気にしてカチコチこわばった笑顔」から、徐々に「男」の表情へと脱皮していく表現は見事です。

「優しくされて生き残るタイプ」と評される、誰もが愛さずにいられない主人公・望来は、汚れ仕事をするほどに輝きを増していくピュアな少年

望月はそんな主人公を瑞々しく魅力的に演じ、数多く登場する一人きりのシーンでも観る者をひきつけてやまない魅力にあふれています。

本作の監督の文晟豪(ムン・ソンホ)は、望月歩について、「高校生らしい危うさと瑞々しさを持ち、同年代でで役にシンパシーを感じてくれる人を探していました。望月歩さんにはそれがありました。」と絶賛

等身大ということを考えると、1年違えば巡り合っていなかったかもしれず、見事に演じきった望月に感謝しているとコメントしています。

遠藤遠藤日登思プロデューサーは、どうして望月が主演に選ばれたのかという質問に対して、「良い子でいようとする生きにくい少年が主人公なので、“パっと見で良い子”と思えるかが重要だった。オーディション部屋に望月君が入ってきたとき、『あ、みらいくん、いた!』と思った」と語っています。

望月歩自身は出演に際しこうコメントしています。

「(初めての主演は)楽しさとプレッシャーの両方がありました。監督とは自分の考えを話して、質問して、監督の考えを聞いて一緒に役を作っていきました。その中で印象的だった言葉は「ラブリー」です。「こう動いたらラブリーに見えるよね」みたいな。今まで「ラブリー」という言葉を口にしたことがなかったので照れくささもありつつ、「ラブリーとはこういうもの」というイメージもなかったので、監督の求める「ラブリー」を理解できた感じです。

監督はいつも楽しそうで、ワクワクが伝わってくるし、一緒に作っているなとすごく感じて、「この人の気持ちに応えたい」という気持ちになりました。本当の自分を出せていない人や、今の自分から変わりたいと思っている人が、望来の変化や成長を見て、勇気を持ってくれたらいいなと思います。

もし五億円が手に入ったら何をしたいか聞かれ、望月は「まず家を買います。」と即答。また「望来が旅をしたように世界中を旅をしてみたい」とのこと。

初主演については、「主演というのは全部を料理する立場だと考えていましたが、その感覚が初めてで、自分がやっている!という感覚が楽しかった!」と喜びを語っています。

望月歩(あゆむ)の公式SNSの紹介

望月歩(あゆむ)のSTAFF公式Twitter

望月歩(あゆむ)のSTAFF公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

「NEW CINEMA PROJECT」にて400本の候補作の中からグランプリを受賞した映画『五億円のじんせい』

かつて五億円の募金で命を救われた少年が、死ぬために五億円を返そうと奮闘し、みつけだす命の意味。

誰もが愛さずにはいられない純粋な主人公・望来を、透明感あふれる演技で見せた望月歩の演技に引き込まれます。

フレッシュな監督・脚本家・そしてキャストで贈る映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開です。



関連記事

新作映画ニュース

瀬川浩志映画『たまゆらのマリ子』あらすじとキャスト。牛尾千聖プロフィール紹介も

第25回レインダンス映画祭作品賞、脚本賞ノミネートされた、新鋭の瀬川浩志監督、牛尾千聖主演の映画『たまゆらのマリ子』。 現代人の赤裸々な実態をスリリングに描いた衝撃の人間ドラマです。 映画『たまゆらの …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの屋上に立つ女子高生・千春役は小林ひかり【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映レポート!オダギリジョー監督作に確かな手ごたえ

満席&鳴り止まぬ拍手。 『ある船頭の話』ヴェネチアでついにお披露目! 2019年9月13日(金)より公開されるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が、第76回ヴェネチア国際映画祭の“ …

新作映画ニュース

香取慎吾『凪待ち』感謝の特別試写会。映画ロケ地の塩釜水産物仲卸市場にサプライズ登場!

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌と俳優・香取慎吾が初のタッグを組んで世に放つ、震災後の宮城県石巻市が舞台とする骨太の …

新作映画ニュース

映画『恐怖の報酬』オリジナル完全版の上映館情報。フリードキン監督幻の傑作とは

押井守、町山智浩も賛辞を贈る、40年間見ることが出来なかったウィリアム・フリードキン監督伝説の超大作が日本初公開! 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒュ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学