Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソルディーニ監督

同じくイタリアの名女優ヴァレリア・ゴリノ主演に迎え、「みること」と「みえること」の真意を問う野心作『エマの瞳』です。

スポンサーリンク

映画『エマの瞳』とは

世界三大映画祭のひとつ、ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映された、イタリアの名匠シルヴィオ・ソル ディーニ監督の映画『エマの瞳』

イタリアのローマを舞台に、盲目で視覚が「みえない」が自立して生きる主人公エマ。

そして内面を「みつめる」ことに臆病な広告マンでプレイボーイのテオが出逢い、傷つけ合いながらも変化していく本作は、大人の恋の行方を描くラブ・ストーリーです。

映画『エマの瞳』の作品情報

【公開】
2019年3月23日(イタリア映画)

【原題】
Il colore nascosto delle cose

【原案・脚本・監督】
シルヴィオ・ソルディーニ

【キャスト】
ヴァレリア・ゴリノ、アドリアーノ・ジャンニーニ

スポンサーリンク

映画『エマの瞳』のあらすじ

イタリアの首都ローマ。

広告代理店に勤務するテオは典型的なプレイボーイ。

彼は恋人や愛人、また家族とは適度な距離を置いて向き合わないままに、仕事漬けの毎日を過ごしていました。

ある日、テオは暗闇の中を白杖で進むダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)のワークショップに参加します。

その会場でアテンドスタッフとして働いていた盲目の女性の声に魅せられるテオ。

思春期に視力を失ったエマは、フランス人の夫と離婚したのち、オステオパシー(理学療法士)の施術者として自立して生きていました。

テオは急速にエマに惹かれていきます。

ふたりは関係を深めていくが、テオは恋人グレタと向き合えないままでした。

やがて、テオとエマがスーパーマーケットで一緒に買い物の最中に、グレタが鉢合わせしてしまいます。

テオがグレタに「ボランティアをしている」と言い訳していたことを知り、深く傷ついたエマは…。

映画『エマの瞳』の感想と評価

本作の主人公エマ役で熱演を見せたのは、ヴェネチア国際映画祭で2度の主演女優賞に輝いたイタリアを代表する演技派女優ヴァレリア・ゴリノ

テオを演じるのは、名優ジャン フランコ・ジャンニーニの息子アドリアーノ・ジャンニーニ

魅力的な主人公のエマは、シルヴィオ・ソルディーニ監督が前作のドキュメンタリー映画『多様な目』で取材した、チェロ弾きの学生や企業家、彫刻家など、様々な分野で生きる目の見えない人たちに触発されたキャラクターになっています。

盲目でありながらも毅然と生きる彼を見つめてきたシルヴィオ監督が、虚構のみで人物造形したものではないことから、物語の中で活き活きしたリアルな魅力が溢れているのです。

また、大人の恋愛と盲目の人々のリアリティ溢れるエピソードを織り交ぜた本作は、本国イタリアでもスマッシュヒットを記録しました。

その後、実績あるスタッフやキャストが作り上げた野心作は、2018年4月に日本で開催された、イタリア映画祭2018年で『Emma 彼女の見た風景』のタイトルで上映された際にも好評を博しました。

解禁となった予告編では、ダイアログ・イン・ザ・ダークと呼ばれる暗闇の空間で、視覚以外の感覚を使って体感するワークショップから始まります。

盲目のエマとプレイボーイのテオが出逢い、互いが求め合いながらもテオがエマを傷つけたこから、ストーリーは進んでいき、この後の2人の恋の行方が気になる予告に仕上がっています。

また、予告に登場する「でも見えると難しいのよ。見えたままが全てだから」と告げるエマの台詞は、観客の心に突き刺さり、「みること」「みえること」の意味にある差異を考えるきっかけを与えてくれるのではないでしょうか。

劇中で描かれる「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」とは

主人公エマがアテンドスタッフとして働いている「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。

日常生活のさまざまな事柄を、暗闇の空間で、聴覚や触覚など、視覚以外の感覚を使って体験するエンターテインメント形式のワークショップです。

これまで世界41カ国以上で開催され、800万人を超える人々が体験。日本でも20万人以上が体験しています。

そのような場所で出逢った自立して生きる盲目の女性エマと、典型的なプレイボーイ・テオ。

テオが暗闇の空間で行われるワークショップに参加し、まるで心眼の感覚を研ぎ澄ましたなかで聞いたエマの声。

ワークショップの見えない時だからこそ、出逢った相反する2人が織りなすヒューマン・ラブストーリーに注目です。

スポンサーリンク

まとめ

本作『エマの瞳』は、世界的に行われる“視覚について改めて体感するワークショップ”である、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を映画に取り入れた作品です。

また、2000年に公開された『ベニスで恋して』で知られるシルヴィオ・ソルディーニ監督は、自ら監督を務めた前作のドキュメンタリー作品『多様な目』で知り得た視覚障がい者の生きる姿活かし、本作に登場する主人公エマを現実味のあるキャラクターに色付けしました。

この魅力ある盲目の女性エマを演じたのは、『レインマン』や『はじまりの街』に出演したヴァレリア・ゴリノ。

その相手役でありプレーボーイのテオには、『スウェプト・アウェイ』に出演したアドリアーノ・ジャンニーニを起用しました。

2人の名優が織りなす大人のラブストーリーとともに、「視覚」という映画的なモチーフである「みること」と「みえること」の真意を問う、シルヴィオ・ソルディーニ監督の野心作です。

映画『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』劇場情報。特報とティザービジュアル解禁

『お嬢さん』のキム・テリと『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨルの共演で贈るヒューマンドラマ。 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の2019年初夏日本公開が決定しました。 五十嵐大介 …

新作映画ニュース

ミッション:インポッシブル/フォールアウト|映画公開直前!4DX360°動画解禁

トム・クルーズ主演、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、いよいよ8月3日(金)公開!! 4DX版公開記念「無人4DX 360°動画」が到着しました!! “4DXエクストリーム版”で楽 …

新作映画ニュース

映画『アマンダ』あらすじとキャスト。監督のミカエル・アースは日本での劇場公開と東京国際映画祭グランプリ&最優秀脚本賞の快挙

第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品『アマンダ(原題)』が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!! さらに2019年初夏にはシネスイッチ銀座ほか …

新作映画ニュース

映画『地蔵とリビドー』上映館情報。やまなみ工房のドキュメンタリー90秒予告編解禁

©2018 ATELIER YAMANAMI ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』は、やまなみ工房のアーティストに焦点を当てた作品であり、障がいとはどこに存在するかを観る者に問いかけてきます。 やま …

新作映画ニュース

映画『キックス』感想と内容が語られたトークイベント報告!上映される劇場情報の紹介も

映画『キックス』は、2018年12月1日より、渋谷シネクイントにてロードショーほか全国順次公開。 ギャング、ドラッグ、銃、そして仲間とスニーカー。カリフォルニアの太陽の下、少年が少しだけ男になる瞬間を …

【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP