Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/30
Update

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソルディーニ監督

同じくイタリアの名女優ヴァレリア・ゴリノ主演に迎え、「みること」と「みえること」の真意を問う野心作『エマの瞳』です。

スポンサーリンク

映画『エマの瞳』とは

世界三大映画祭のひとつ、ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映された、イタリアの名匠シルヴィオ・ソル ディーニ監督の映画『エマの瞳』

イタリアのローマを舞台に、盲目で視覚が「みえない」が自立して生きる主人公エマ。

そして内面を「みつめる」ことに臆病な広告マンでプレイボーイのテオが出逢い、傷つけ合いながらも変化していく本作は、大人の恋の行方を描くラブ・ストーリーです。

映画『エマの瞳』の作品情報

【公開】
2019年3月23日(イタリア映画)

【原題】
Il colore nascosto delle cose

【原案・脚本・監督】
シルヴィオ・ソルディーニ

【キャスト】
ヴァレリア・ゴリノ、アドリアーノ・ジャンニーニ

スポンサーリンク

映画『エマの瞳』のあらすじ

イタリアの首都ローマ。

広告代理店に勤務するテオは典型的なプレイボーイ。

彼は恋人や愛人、また家族とは適度な距離を置いて向き合わないままに、仕事漬けの毎日を過ごしていました。

ある日、テオは暗闇の中を白杖で進むダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)のワークショップに参加します。

その会場でアテンドスタッフとして働いていた盲目の女性の声に魅せられるテオ。

思春期に視力を失ったエマは、フランス人の夫と離婚したのち、オステオパシー(理学療法士)の施術者として自立して生きていました。

テオは急速にエマに惹かれていきます。

ふたりは関係を深めていくが、テオは恋人グレタと向き合えないままでした。

やがて、テオとエマがスーパーマーケットで一緒に買い物の最中に、グレタが鉢合わせしてしまいます。

テオがグレタに「ボランティアをしている」と言い訳していたことを知り、深く傷ついたエマは…。

映画『エマの瞳』の感想と評価

本作の主人公エマ役で熱演を見せたのは、ヴェネチア国際映画祭で2度の主演女優賞に輝いたイタリアを代表する演技派女優ヴァレリア・ゴリノ

テオを演じるのは、名優ジャン フランコ・ジャンニーニの息子アドリアーノ・ジャンニーニ

魅力的な主人公のエマは、シルヴィオ・ソルディーニ監督が前作のドキュメンタリー映画『多様な目』で取材した、チェロ弾きの学生や企業家、彫刻家など、様々な分野で生きる目の見えない人たちに触発されたキャラクターになっています。

盲目でありながらも毅然と生きる彼を見つめてきたシルヴィオ監督が、虚構のみで人物造形したものではないことから、物語の中で活き活きしたリアルな魅力が溢れているのです。

また、大人の恋愛と盲目の人々のリアリティ溢れるエピソードを織り交ぜた本作は、本国イタリアでもスマッシュヒットを記録しました。

その後、実績あるスタッフやキャストが作り上げた野心作は、2018年4月に日本で開催された、イタリア映画祭2018年で『Emma 彼女の見た風景』のタイトルで上映された際にも好評を博しました。

解禁となった予告編では、ダイアログ・イン・ザ・ダークと呼ばれる暗闇の空間で、視覚以外の感覚を使って体感するワークショップから始まります。

盲目のエマとプレイボーイのテオが出逢い、互いが求め合いながらもテオがエマを傷つけたこから、ストーリーは進んでいき、この後の2人の恋の行方が気になる予告に仕上がっています。

また、予告に登場する「でも見えると難しいのよ。見えたままが全てだから」と告げるエマの台詞は、観客の心に突き刺さり、「みること」「みえること」の意味にある差異を考えるきっかけを与えてくれるのではないでしょうか。

劇中で描かれる「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」とは

主人公エマがアテンドスタッフとして働いている「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。

日常生活のさまざまな事柄を、暗闇の空間で、聴覚や触覚など、視覚以外の感覚を使って体験するエンターテインメント形式のワークショップです。

これまで世界41カ国以上で開催され、800万人を超える人々が体験。日本でも20万人以上が体験しています。

そのような場所で出逢った自立して生きる盲目の女性エマと、典型的なプレイボーイ・テオ。

テオが暗闇の空間で行われるワークショップに参加し、まるで心眼の感覚を研ぎ澄ましたなかで聞いたエマの声。

ワークショップの見えない時だからこそ、出逢った相反する2人が織りなすヒューマン・ラブストーリーに注目です。

スポンサーリンク

まとめ

本作『エマの瞳』は、世界的に行われる“視覚について改めて体感するワークショップ”である、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を映画に取り入れた作品です。

また、2000年に公開された『ベニスで恋して』で知られるシルヴィオ・ソルディーニ監督は、自ら監督を務めた前作のドキュメンタリー作品『多様な目』で知り得た視覚障がい者の生きる姿活かし、本作に登場する主人公エマを現実味のあるキャラクターに色付けしました。

この魅力ある盲目の女性エマを演じたのは、『レインマン』や『はじまりの街』に出演したヴァレリア・ゴリノ。

その相手役でありプレーボーイのテオには、『スウェプト・アウェイ』に出演したアドリアーノ・ジャンニーニを起用しました。

2人の名優が織りなす大人のラブストーリーとともに、「視覚」という映画的なモチーフである「みること」と「みえること」の真意を問う、シルヴィオ・ソルディーニ監督の野心作です。

映画『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』キャスト/あらすじ/4DX上映館。BIRDS OF PREYを劇場で体感!

社会現象となった『ジョーカー』に続く危険度MAXな注目作が4DXで上映! 『スーサイド・スクワッド』に登場して世界的に人気を集めたマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン。 悪のカリスマ=ジョーカーと …

新作映画ニュース

韓国映画『殺人鬼から逃げる夜』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サイレントスリラーとして耳の聞こえない目撃者視点で描いた追走劇

耳の聞こえない目撃者が、殺人鬼の恐怖に怯える…。 新時代の逃走“サイレント”スリラーとして話題の韓国映画、『MIDNIGHT』(英題)。 (C)2021 peppermint&company …

新作映画ニュース

【尾道映画祭2020】新型コロナウィルス感染拡大で中止決定!一部上映及び企画を実施をシネマ尾道にて

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止に伴う対応について 2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭が、24日に中止することが決定しました。 但し協議の結 …

新作映画ニュース

《動画で見る川上奈々美インタビュー》映画『東京の恋人』結婚や出産への思いを超えて“憑依してヒロイン”になっていた⁉︎

大人のラブストーリー映画『東京の恋人』 ひさしぶりに再会した元恋人同士の2人による、ひと時のアヴァンチュールと、青春への別れが描かれる映画『東京の恋人』。 本作の中で、ヒロインの満里奈役を演じる川上奈 …

新作映画ニュース

『奇想天外映画祭2021』開催日/上映作品/劇場情報。新宿K’s cinemaにてデルフィーヌ・セイリグ『赤い唇』が日本初公開!

映画史の闇の中から忽然とその名を表した選りすぐりの、 怪作、珍作、奇作、迷作、異作が今年も目白押し! 2019年より開催されて以来、この世の映画好事家を驚かせる作品を次々と上映してきた「奇想天外映画祭 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学