Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/29
Update

韓国映画『飛べない鳥と優しいキツネ』あらすじとキャスト。前売り鑑賞券の購入特典の紹介も

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』は、2019年1月19日シネマート新宿、シネマート心斎橋で公開決定


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

2016年韓国の漫画大賞に相当する「今日の私たちの漫画賞」を受賞したウェブ漫画『女子中学生A(原題)』

ネットユーザーの評価で驚異9.9点を記録した大人気作が、邦題『飛べない鳥と優しいキツネ』として日本公開されることになりました。

スポンサーリンク

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』とは


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

本作の原作は、韓国発のデジタルコミックの「WEBTOON(ウェブトゥーン)」で、読者たちからの爆発的人気を得た『女子中学生A』

内気でゲームに夢中な中学生チャン・ミレが、少しずつ世界を学び、人々との関係を結びながら生きていくストーリーとなっています。

チャン・ミレ役を演じるのはキム・ファンヒ

カンヌ国際映画祭にも出品された映画『哭声/コクソン』では、怪異に苦しめられる主人公の娘ヒョジン役で「何が大事なんだよ」という流行語を誕生させるほどの強烈な印象を残しました。

韓国のアカデミー賞と称される大鐘賞映画祭で新人女優賞を受賞するなど高い評価を獲得したキム・ファンヒは、子役とは思えない驚くべき演技力で韓国を引っ張っていく次世代女優と称賛されています。


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

そして彼女の友人ジェヒ役は、映画『グローリーデイ』での繊細な演技が光ったK-POPグループEXOのリーダー・スホが熱演しました。

スホは約1年ぶりに映画に復帰し、安定した演技を見せてくれたようです。

アイドルとしての活動だけではなく、俳優“キム・ジュンミョン(スホの本名)”としての存在感を見せつけました。

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』予告映像解禁

今回解禁された予告編映像は、ミレの語りかけから始まります。味方が1人もいないと思っていたミレに出来たはじめての友達。

「FREE HUGS」という立て札とともに、ミレにハグを求める着ぐるみ人形と、「今までありがとう」と答えるミレ。

雨の中で寄り添うミレと着ぐるみ人形も気になります。

夕日をバックに微笑むジェヒの笑顔の理由とは…。

ミレはジェヒと笑顔で接しているように、学校の友達とも笑顔で接することができるのでしょうか…?

スポンサーリンク

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』の作品情報


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
여중생A/英題:STUDENT A

【監督】
イ・ギョンソプ

【キャスト】
キム・ファンヒ、スホ(EXO)、チョン・ダビン、イ・ジョンヒョク

【作品概要】

韓国のみならず日本でも人気のウェブ漫画「女子中学生A」を原作に映画化。主人公の女子中学生ミレ役には、韓国の次世代女優を牽引するひとり、子役出身のキム・ファンヒ。

キム・ファンヒは『哭声/コクソン』では主役の娘役を演じ、韓国アカデミー賞の大鐘賞映画祭では新人女優賞を受賞しました。

共演のスホはK-POPグループEXOのリーダー。アイドルとしての人気だけではなく、俳優としての演技の評価も高く、繊細な演技が光った映画『グローリーデイ』から約1年ぶりの映画復帰となります。

同級生役を演じたチョン・ダビンは、子役出身の注目女優。2006年に韓国の好印象女優の上半期ランキング1位に輝いています。

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』のあらすじ

© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

特技は文章を書くことで、趣味はゲームという女子中学生のミレ(キム・ファンヒ)。

彼女が好きな場所はゲームの世界である「ワンダーリング・ワールド」。

暴力をふるう父親もいなければ、寂しい学生生活を送る学校にも行かなくてもいいその世界に、ミレは自分だけの世界を夢見ています。

ある日、現実の友達を作ろうとテヤンとベッカプに歩み寄るものの、思わぬアクシデントで心に傷を負ってしまいます。

さらに、「ワンダーリング・ワールド」も配信中止の知らせが届き、途方に暮れたミレ。

ネット上で出会った友達のジェヒに会いに行くと、「大丈夫、君はひとりじゃない」と言われますが…。

スポンサーリンク

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』の前売券情報

「海外版ビジュアルポストカード」


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

12月1日(土)より本作品の特典つき特別鑑賞券(価格:一般1,400円)の発売が決定しました。

購入特典は「海外版ビジュアルポストカード」になります。

キム・ファンヒの学生服姿と、クマの着ぐるみをスホともに、愛くるしい表情が見られる貴重なポストカードですね。

まとめ

本作『飛べない鳥と優しいキツネ』は、孤独な女子中学生に訪れた、初めての恋と友情のストーリー

誰もが一度は感じたことのある「この広い世の中で、なぜ私は一人なんだろう」という寂しさを感じている若者に慰めとエールを贈りる作品です。

また、そんな多感な時期を経て大人になった世代には懐かしさと共感をもたらす爽やかな感動作です。

これまで孤独で味方がいないと思っていたミレを、何が変えていったのか?

「もう泣いたりしない」といったミレを、何が強くさせたのでしょうか?

自分と重ね合わせながら、ミレの気持ちに共感したり、寄り添ったりしてながら見てはいかがでしょう。

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』は、2019年1月19日シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ともしび』あらすじとキャスト。シャーロット・ランプリング最新作【ヴェネチア映画祭主演女優賞】

2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films シャーロット・ランプリング …

新作映画ニュース

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』あらすじとキャスト。日本公開が2019年3月に決定

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、2019年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー! (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERV …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中善次郎役は佐藤浩市【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

原作者ドナート・カリシが映画化!『霧の中の少女』予告編とキャラクター場面写真紹介

迷宮入りする少女失踪事件。 カリスマ警部が辿り着く、想像を絶する結末とは―。 イタリアのミステリー作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化した映画『霧の中の少女』。 (c)THE …

新作映画ニュース

深田晃司監督×筒井真理子が放つ衝撃の映像。映画『よこがお』予告編と場面写真解禁!

深田晃司監督が挑む新たなる衝撃作。 待望の予告編が解禁! (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 2016年『淵に立つ』で、第69 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP