Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/08
Update

松本穂香・奈緒らが映画『みをつくし料理帖』会見に登壇。角川春樹監督は二人を“大女優になる”と大絶賛!

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉ロードショー!

名将・角川春樹が最後の監督作品として作り上げた、作家・高田郁のベストセラー小説の映画化作品『みをつくし料理帖』

この作品で監督を務めた角川春樹とメインキャラクターを務めた松本穂香、奈緒が、2020年7月7日(火)にマスコミに向けておこなわれた「映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願! 記者会見」に登壇しました。

本記事ではその会見イベントの模様をお届けします。

スポンサーリンク

映画『みをつくし料理帖』舞台挨拶リポート

2020年7月7日(金)にマスコミに向けおこなわれた、「映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願! 記者会見」。本作の監督を務めた角川春樹と、メインキャストの松本穂香、奈緒が登壇しました。

「みをつくし料理帖」ロスの角川春樹監督


(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

自身最後の作品との覚悟を持って撮影に臨んだという角川監督。この日はイベントの最後に短冊に思いをしたためるという催しがおこなわれ、角川監督は俳句にて「星まつり 歌と映画に みをつくす」と記し「宣言通りに身を尽くしたという思いがあって、それがいまだに尾を引いているという感じです」と今の気持ちを明かします。

短期間でおこなわれた撮影時の楽しさがまだ身に染みていると言いながら、「映画界で“スタッフキャストが一致団結して一丸となって作った”という話をよく耳にするけど、それは全部嘘。でも(本作は)その中にあって、それに近い。撮影が終わってからも2カ月間、映画の現場の夢を見たりして、作品の後遺症にかかっています」。『みをつくし料理帖』ロス状態であることを吐露しながら、「この映画が日本人のみならず、全世界に愛される映画になればいいと思います」と作品をアピールしました。

また主演を務めた松本は「素晴らしいキャストの中でお芝居させていただくうえで、変に気負ってもいいことはないと思ったので、みなさんからいいものを勉強させてもらう気持ちでのぞみました。

そして余計なことは考えず”澪”(主人公の名)として精いっぱいその場にいれたらいいなという気持ちをもって演じました」と本作出演に臨んだ思いを振り返りました。

松本穂香・奈緒から感じた将来の「大女優」像


(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

メインキャストである松本・奈緒それぞれの魅力をたずねられると、角川監督は共通点として「演技力より脚本を読む読解力を期待していたけど、二人ともこれは極めて優れている」と役柄、役割の理解度を絶賛。

一方、松本については「ものすごい努力家という面を持っている。けなげなくらい努力家」と秀才ぶりを評価。一方の奈緒については「直観力な感性の持ち主」とその演技の天才ぶりに関心を寄せた様子。

そしてラストシーンの二人の姿を見て「そのときの演技はゾっとして、大女優(の演技)に立ち会っている気がしました」と貴重なひと時に立ち会ったことを回想します。

その言葉を受け松本は「監督は撮影が終わっても私たちを見守ってくださり、愛してくださってるんだなと。思っていた以上に見てくださっていたんだなとすごく感じました」と感謝の言葉を返します。

また奈緒も角川監督の言葉に恐縮しながらも、かつて「2年後、3年後きっと二人は大女優になる」と角川監督より励ましを受けていたことを明かし「何年掛かってもその言葉に見合うような役者になれるよう、これから一生お芝居して生きていきたいと思います」と気持ちを新たにしていました。

撮影を通じて育んだ友情


(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

松本と奈緒は、本作での共演がきっかけで親交を深めたといい、現在では度々顔を合わせる仲になったといいます。そして松本は奈緒の印象について「選ぶ言葉一つ一つがすごく丁寧だし美しい。そこから見えてくるご本人の心がとてもきれいだから、そういう言葉が出てくるんだな、と。改めて心根がとても美しい方だなと思いました」と絶賛します。

また奈緒は「先程角川監督も言われていましたが、すごく一つのことを追究される方だなと作品を通して思ったし、終わった後も真面目に考えている姿に、”松本さんが澪だったからあんなシーンになったんだろうな”と思う場面がたくさん詰まっている」と松本の印象として、角川監督の評価に共感している様子。

さらに松本の絶賛に対して奈緒は「インタビューが終わった後で松本さんが(私の受け答えに対して)『さっきの言葉、すごく素敵だね』って言ってくださって。逆にそういう言葉が素敵と思える松本さんの方が、私は素敵だ、と思いました。長い時間を過ごせば過ごす程、好きなところが見つかる方です」と好意の程を見せていました。

また、松本は劇中で共演シーンの多かった石坂浩二について、現場で常に誰かと話をしたり、何かに意識を向けて演技に積極的な姿勢を向けていることに関心を寄せました。「本当に映画作り、現場が好きなんだなという気がしましたので、そういう方って素敵だと思いました」と、現場の撮影の様子とともに印象深く感じたひと時を振り返っていました。

映画『みをつくし料理帖』の作品情報

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・プロデューサー】
角川春樹

【キャスト】
松本穂香、奈緒、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、野村宏伸、衛藤美彩、渡辺典子、村上淳、永島敏行、反町隆史、榎木孝明、鹿賀丈史、薬師丸ひろ子、石坂浩二(特別出演)、中村獅童

【作品概要】
作家・高田郁の小説「みをつくし料理帖」シリーズを、数々の名作映画をプロデュースしてきた角川春樹監督の手により実写化した映画作品。幼いころに両親を亡くし、親しい友人とも生き別れた少女が料理人となり、さまざまな困難に真っ向から向き合いながら自ら人生を切り開いていく姿を描きます。

ヒロイン・澪(みお)には『わたしは光をにぎっている』(2019)などの松本穂香、その幼なじみ・野江(のえ)を『ハルカの陶』(2019)などの奈緒が演じます。

他にも若村麻由美、浅野温子、藤井隆、窪塚洋介、小関裕太、野村宏伸、石坂浩二、榎木孝明、鹿賀丈史、薬師丸ひろ子、中村獅童ら豪華俳優陣が共演。角川監督最後の監督作品として作り上げた作品で、これまで角川映画を飾ったスターたちが脇を固めます。

スポンサーリンク

映画『みをつくし料理帖』のあらすじ


(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

享和2年、大坂の街中。8歳の澪と野江は仲のいい幼なじみでしたが、ある日大阪の街を襲った大洪水に襲われ、離ればなれになってしまいます。

この大洪水で両親を亡くした澪は、大坂随一の名店と謳われる料理屋「天満一兆庵」の女将、芳(若村麻由美)に助けられ奉公人として働き、その後江戸のそば処「つる家」の店主・種市(石坂浩二)に助けられ、店の料理人として働いていました。

当初は大坂と江戸の味の違いに戸惑っていた澪でしたが、種市や芳、そして周囲の人の温かいアドバイスで徐々に頭角を現し、ついには店の看板料理を生み出し、いつしか江戸中の評判となっていました。

それが澪と野江の、運命の再会のきっかけとなることなど彼女は想像だにしていませんでした……。

まとめ

2020年7月7日(火)に配信でおこなわれた、「映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願! 記者会見」の模様をお届けしました。

残念ながら日本全国が大雨に見舞われたこの日でしたが、艶やかな浴衣に身を包んだ二人の姿がひと時憂鬱な空色を忘れさせてくれる、そんな明るい雰囲気でイベントは進行しました。

奇しくもこの日は平成30年の西日本豪雨災害から2年が経過した忘れられない一日。大洪水で離ればなれになった澪と野江の物語とオーバーラップするようでもあります。

そんな経緯とこの日見せた、松本と奈緒の仲睦まじさ、作品に掛ける角川監督の思いなどが重なり、さまざまな不運に苦しむ人たちをこの作品は大きく勇気づけてくれる、そんな雰囲気を感じさせるイベントでもありました。

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉公開!




関連記事

新作映画ニュース

アンソニーウォン映画『淪落(りんらく)の人』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月1日に決定!

新人女性監督が描いた、香港中を涙と希望で包んだ感動作。 2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、202 …

新作映画ニュース

映画『Eggs 選ばれたい私たち』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。卵子提供を題材に女性の生き方を描く

結婚も出産もしなくても、子どもができるとしたら? 2018年タリン・ブラックナイツ映画祭出品作品『Eggs 選ばれたい私たち』。 (C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会 映画『Eggs 選ばれ …

新作映画ニュース

大泉洋映画『騙し絵の牙』あらすじ/キャスト。新公開日は3月26日で特別動画も発表!

主演・大泉洋×監督・吉田大八のタッグ再始動。 新たな決意を込めたスペシャル映像解禁。 作家・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説『騙し絵の牙 …

新作映画ニュース

ガス・ヴァン・サント監督が映画ティーチイン登壇で『ドント・ウォーリー』への想いを語る

映画『ドント・ウォーリー』は2019年5月3日(金・祝)公開! 2019年5月3日(金・祝)にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他にて全国順次公開が決定した映画 …

新作映画ニュース

アニメーションの神様の深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』公開日決定

苦悩と情熱そして創造 アニメーション作家ユーリー・ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の公開日が2019年3月23日(土)に決定しました。 シアタ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学