Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/26
Update

ブルース・リーが『イップ・マン 完結』日本版映画予告編でドニー・イェンと⁉︎シリーズのおさらいも

  • Writer :
  • 石井夏子

10年に渡る「イップ・マン」シリーズの集大成。
その拳は伝説となる…。

宇宙最強ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』

中国で2019年末に公開されるや『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を押さえて初登場1位を記録しました。

2020年2月12日に発表された香港電影金像奨(香港アカデミー賞)で9部門(監督賞、新人賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装&メイクアップ賞、アクション監督賞、オリジナル作曲賞、音響効果賞)にノミネートもされた話題作が、シリーズの聖地として知られる新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開されます。

この度、ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだイップ・マンが、ブルース・リーのいるアメリカにわたり、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに挑む日本版予告編が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 完結』の日本版予告編

今回解禁となった日本版予告編は、悪性腫瘍が見つかったイップ・マンが、残された時間を使い、愛弟子であるブルース・リー(李小龍)に逢うためサンフランシスコへ渡る場面から始まります。

しかし、そこで西洋人に中国武術を伝えるブルース・リーが中華街の掟を破った者として師匠たちの怒りを買っていることを知ったイップ・マンは、ブルースを庇い、太極拳の達人であり、中華総会長のワン(ウー・ユエ)と対峙することに。

お互いの信念をかけて、無言でガラスの円卓を押し合う場面は必見です。

さらに、異国で暮らす同郷の人々を追い詰めていたアメリカ海兵隊軍曹バートン(スコット・アドキンス)の暴挙に、「不正に立ち向かう、それが武術を学んだ理由だ」と、病に侵された身体で最期の闘いに挑むイップ・マンの姿には思わず胸が熱くなります。

(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

このほか、前作では激闘シーンがなかったチャン・クォックワン演じるブルース・リーのヌンチャク姿などおなじみの場面や、台湾のアイドルグループF4のヴァネス・ウーの姿も紹介。

そしてシリーズファンには印象的な前3作品のシーン(『イップ・マン 序章』池内博之演じる三浦との闘い『イップ・マン 葉問』サモ・ハン・キンポ―演じるホンとの闘い『イップ・マン 継承』マイク・タイソン演じるフランク、そして、マックス・チャン演じるチョン・ティンチとの闘い)も回想され、まさに完結となる本作の公開に期待が高まること間違いなしです。

映画『イップ・マン 完結』の作品情報

(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

【日本公開】
2020年(中国・香港合作映画)

【原題】
葉問4 完結篇(英題:IP MAN4)

【監督・製作】
ウィルソン・イップ(葉偉信)

【製作】
ドニー・イェン、レイモンド・ウォン

【アクション監督】
ユエン・ウーピン(袁和平)

【音楽】
川井憲次

【キャスト】
ドニー・イェン、スコット・アドキンス、ルシアン、チャン・クォックワン、ウー・ユエ、ヴァネス・ウー

【作品概要】
監督を務めるのはは、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、シリーズ全作品を成功に導いた俊英ウィルソン・イップ。

前作に続きアクション監督を担うのは、「マトリックス」シリーズの武術振付で知られ、『イップ・マン外伝 マスターZ』では監督も手掛けたユエン・ウーピン。

音楽はシリーズ作品すべてを手掛けた川井憲次が担当しています。

主演イップ・マンを演じるのはもちろんドニー・イェン。香港映画のみならず、『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』(2016)『トリプルX:再起動』(2017)といった海外アクション大作にも引っ張りだこの俳優です。

『ドクター・ストレンジ』(2016)のルシアン役も記憶に新しい英国出身の俳優スコット・アドキンスが、イップ・マンに立ちはだかる米海軍役に扮します。

イップ・マンの愛弟子ブルース・リーは、『少林サッカー』(2001)のブルース・リーなりきりゴールキーパーでおなじみのチャン・クォックワン。『イップ・マン 継承』(2008)に続き同役を演じました。

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 完結』のあらすじ


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

1964年、愛する妻を亡くした詠春拳の達人イップ・マンは、弟子のブルース・リーが暮らすアメリカ・サンフランシスコに渡ります。

そこで彼は、リーとの再会や太極拳の達人ワンとの対立を経て、アメリカという異郷に生きる人々が直面する厳しい現実を知ることに。

やがて中国武術を敵視する海兵隊軍曹バートンとの激闘の果てにワンが倒れた時、イップ・マンは、宣告された病を隠し、人々の誇り未来のために立ち上がることを決意。

香港に残して来た息子にある思いを伝えた彼は、ただ一人、最後の闘いへ進みゆき…。

まとめ

(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

シリーズ作品すべてを手掛けた川井憲次の音楽が世界観を盛り上げ、映画の中に引き込む本作。

イップ・マンのドラマティックで美しいアクションの集大成、そしてイップ・マンの生き様を、ぜひ劇場で目に焼き付けてください。

映画『イップ・マン 完結』は新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開です。








関連記事

新作映画ニュース

『宇宙人の画家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カナザワ映画祭2020グランプリ受賞の新鋭・保谷聖耀が描く新世代ミュータント

映画『宇宙人の画家』は2022年7月2日(土)新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺にてロードショー!以降全国順次公開 『クールなお兄さんはなぜ公園で泥山を作らないのか』がカナザワ映画祭2020 …

新作映画ニュース

映画『片袖の魚』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トランスジェンダーモデル・イシヅカユウが新たな一歩を踏み出す女性を演じた東海林毅最新作

文月悠光(原案)×東海林毅(監督)×イシヅカユウ(主演) いましなやかに泳ぎ出す。 ゲイ老人の性と苦悩を描いた『老ナルキソス』(2017)がレインボーリール東京や上海クィア映画祭などで最高賞を獲得し、 …

新作映画ニュース

映画『決戦は日曜日』キャストの赤楚衛二(あかそえいじ)は岩渕勇気役!演技力の評価とプロフィール

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)ロードショー 『東京ウィンドオーケストラ』など新感覚コメディ映画を手がける坂下雄一郎監督による、窪田正孝・宮沢りえ主演の映画『決戦は日曜日』が、2022年 …

新作映画ニュース

ヴィクトリア女王 最期の秘密|あらすじとキャスト。ジュディ・デンチ主演最新作とは

©2017 FOCUS FEATURES LLC. 主演:ジュディ・デンチ×スティーヴン・フリアーズ監督で贈る、人生の愛おしさが詰まった真実の物語。 映画『Victoria&Abdul』の邦題が『ヴィ …

新作映画ニュース

動画で見る映画『滑走路』寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー|ロケ撮影やオーディションのエピソードを語る

動画で見る【寄川歌太&大庭功睦 監督 インタビュー】映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開! 精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで亡くなった歌人・萩原慎一郎の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学