Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/25
Update

チョウ・ユンファ映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』あらすじとキャスト。公開日は2月7日!

  • Writer :
  • 石井夏子

ラスト15分、衝撃の真実を解き明かせるか。

“亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活を果たしました。


© 2018 Bona Entertainment Company Limited

チョウ・ユンファとアーロン・クォックの香港を代表する2大スターがW主演で贈るクライムアクションサスペンス超大作『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』が、2020年2月7日(金)より新宿武蔵野館ほかにて公開されます。

この度、メインポスタービジュアル、さらに日本版の予告編が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』について

© 2018 Bona Entertainment Company Limited

カリスマ性に溢れたミステリアスな男――“画家”。

彼が率いる偽札組織にスカウトされた“贋作の名人”は、偽札発見テクノロジーの進化をあざ笑うように世界を席巻しながらも、犯罪の連鎖に巻き込まれていきます。

本作で、謎めいた男“画家”を演じるのは、香港ノワールの傑作『男たちの挽歌』(1986)など香港映画界を代表する国民的俳優チョウ・ユンファ

また、天才贋作家・レイを演じるのは、“香港四大天王”の一人として活躍し、『コールド・ウォー/二つの正義』(2012)など演技派俳優としても高い評価を得るアーロン・クォック

さらにレイにとって“運命の女”となるユンには『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(2019年11月日本公開)で役所広司と共演したチャン・ジンチューが演じます。

予想だにしないストーリー展開と壮大なスケールのアクション、そしてチョウ・ユンファが初めて魅せる「悪」の美学は、多くの観客を魅了し、中国・香港でメガヒットを記録。

『インファナル・アフェア』同様、主要7部門を受賞した香港電影金像奨をはじめ、各映画賞の話題を独占し、すでに韓国リメイクも決定しました。

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』の予告編

今回、解禁された日本版予告編では、正体不明の“画家”と名乗る男(チョウ・ユンファ)から天才贋作家レイ(アーロン・クォック)が米ドルの偽札組織での仕事を依頼される場面から始まります。

「完璧な偽札は、世界で最も愛される複製画だ」と言い切る画家の導きで、その才能を発揮し偽札作りに没頭していくレイでしたが、一方で彼の冷酷な野望に翻弄されていき…。

本作で、チョウ・ユンファは香港(中国)映画界復帰後、初といえる現代劇での本格的なガン・アクションを披露しており、予告編でも『男たちの挽歌』を思い起こさせる2丁拳銃姿などファンにはたまらないキラーカットが見られます。

スポンサーリンク

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』のメインポスター

© 2018 Bona Entertainment Company Limited

また、あわせて解禁となるメインポスターは左に往年のガン・アクションを感じさせるようなチョウ・ユンファがライフルを持って立ち右には贋札作りのプロである役のアーロン・クォックが対峙するクールなビジュアル。

贋作作りを想起させるようにドル札が舞い、「解き明かせるか、ラスト15分、衝撃の真実」と『インファナル・アフェア』のフェリックス・チョンが仕掛ける驚愕のストーリー展開を期待させるコピーが打たれています。

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』の作品情報

© 2018 Bona Entertainment Company Limited

【日本公開】
2020年(香港・中国合作映画)

【原題】
無雙 Project Gutenberg

【監督】
フェリックス・チョン

【キャスト】
チョウ・ユンファ、アーロン・クォック、チャン・ジンチュー

【作品概要】
『男たちの挽歌』(1986)のチョウ・ユンファと『風雲 ストームライダーズ』(19998)のアーロン・クォックがダブル主演を務め、第38回香港電影金像獎で作品賞、監督賞など最多7部門を受賞したクライムアクション。

「インファナル・アフェア」シリーズの脚本家フェリックス・チョンが監督を務め、偽札造りの達人が犯罪の連鎖に巻き込まれていく姿を、予測不能な展開と迫力のアクションで描きます。

2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門では、『プロジェクト・グーテンベルク』のタイトルで上映されました。

スポンサーリンク

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』のあらすじ

© 2018 Bona Entertainment Company Limited

偽造画家のレイがタイで逮捕され、香港に護送。ですが高名な美術家ユン・マンによって保釈されるところから物語は始まります。

舞台は1990年代のカナダへ。

貧しい画家であったレイは恋人と将来に希望を託しますが、なかなか認められず、いっこうに暮らしは楽になりません。

こっそりと絵画の偽造に手を染めだすレイは「画家」と名乗る男に腕を認められ、彼が運営する偽札組織で働くことになります。

やがて米ドル紙幣の偽札発見テクノロジーの進化をあざ笑うように、彼の偽札造りは世界を席巻していきますが…

まとめ

© 2018 Bona Entertainment Company Limited

男たちが行きつく驚愕のラストとは?

チョウ・ユンファとアーロン・クォックの渋さと演技力がぶつかり合います。

「インファナル・アフェア」シリーズのフェリックス・チョン監督が描く、予測不能なクライムアクションサスペンス『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』は、2020年2月7日(金)より新宿武蔵野館ほかにてロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

オダギリジョー初監督映画『ある船頭の話』公開決定!あらすじとキャストに見た国際派俳優のマルチな才能とは

日本が誇る国際派俳優オダギリジョーが、監督を務める長編作品『ある船頭の話』が9月より新宿武蔵野館ほかでの全国公開! 本作『ある船頭の話』は、キャスト陣はもちろんですがスタッフも超豪華! 今回は解禁にな …

新作映画ニュース

『テル・ミー・ライズ』ピーター・ブルック幻の反戦映画のあらすじと冒頭映像解禁!

フィクション? それともノンフィクション?? 巨匠ピーター・ブルックが手掛けた“究極の反戦映画”『テル・ミー・ライズ』は、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー、ほか順次公開 …

新作映画ニュース

【中国映画祭電影2019】柳島克己トークイベントリポート。『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の撮影秘話を語る

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」が2019年3月6日(水)に開幕。 そして3月7日(木)には、ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』がジャパ …

新作映画ニュース

『チーズ・イン・ザ・トラップ』パク・ヘジンのコメント映像と画像解禁!

韓国映画『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー。 大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキ …

新作映画ニュース

陽月華映画『かぞくわり』あらすじとキャスト。劇場公開の初日舞台挨拶リポート

奈良を舞台にした家族と歴史ファンタジーが融合を見せた映画『かぞくわり』は2019年1月19日より有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原ほか全国順次ロードショー。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP