Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』あらすじとキャスト。波瑠&瀬戸康史で贈るハートフル・ラブコメディ!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

心温まるラブコメディ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』が2022年3月18日(金)よりプライムビデオにて独占配信決定!

シリーズ累計部数450万部を記録する『夢をかなえるゾウ』の水野敬也による著書『運命の恋をかなえるスタンダール』(文響社)が、Prime Videoでドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』として映像化。


(C)東映

波瑠、瀬戸康史、小日向文世という豪華キャストが顔を揃え、笑いあり涙ありの感動ストーリーを紡ぐ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』は、2022年3月18日(金)よりプライム会員向けに独占配信されます。

それに伴い、ビジュアルが公開となりました。

スポンサーリンク

ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』について

シリーズ累計部数450万部を記録する『夢をかなえるゾウ』の水野敬也による『運命の恋をかなえるスタンダール』(文響社)を、映像化した『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』。

恋に臆病な図書館員の主人公・岡部聡子役に活躍目覚ましい人気女優・波瑠。初めての恋に揺れる30歳の女性をリアルに等身大で演じています。

イケメンで紳士的な男性・鈴木涼介役に瀬戸康史、聡子の前に突如現れたフランスの作家・“スタンダール”役に小日向文世が扮します。

瀬戸は、甘いルックスで、少し謎めいたところがある魅力的な青年を、そして小日向は、可愛さとコミカルさを爆発させ唯一無二のスタンダール像を作り上げています。

監督は、『こんな夜更けにバナナかよ』(18)、昨年は『そして、バトンは渡された』『老後の資金がありません!』と、観客に笑いと感動を届けて、3作品続けて興収10億円越えのヒットとなった前田哲が務めます。

自分に自信がなく恋のひとつもできていないーリアルな自分と周囲の不一致を感じている、すべてのひとを応援する、笑いと涙の物語です。



ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』のビジュアル

この度解禁されたポスタービジュアルは、主要キャスト3名の写真が組み合わさった画像です。

波瑠演じる、恋愛に縁がなかった図書館員の聡子の真面目そうな表情。

瀬戸康史演じる、紳士的なイケメン男性・涼介の爽やかなほほえみ。

注目すべきは、スタンダールを名乗る謎の男を演じる小日向文世の怪しげな扮装です!

突然現れた彼を前に、聡子が思わず妄想だと勘違いするのも頷けます。

果たしてコンプレックスに悩む聡子は、謎のスタンダールの恋愛指南で恋を成就させることができるのでしょうか。

初共演となる波瑠と小日向文世との化学反応に期待が高まります。

スポンサーリンク

ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』のキャストのコメント

ポスタービジュアルの解禁に併せ、波瑠、瀬戸康史、小日向文世、前田哲監督、原作者・水野敬也から作品の見どころ等のコメントも到着しましたのでご紹介します。

岡部聡子役・波留のコメント

劣等感やコンプレックスに苦しみながらも幸せになろうと頑張る聡子を演じて、私もたくさん勇気をもらいました。愛したり、愛されたりして人は成長するのだと思える心温まる物語です。
観てくださった皆さんの、心のお守りになったらいいなと願ってます。

鈴木涼介役・瀬戸康史のコメント

変わりたい、このモヤモヤした状況からどうにか抜け出したい。人生で何度もこのような事にぶつかっては乗り越えてきました。この作品で僕が演じる涼介のテーマもこれでした。やはり、立ち止まっていては何も前に進まないですね。
少しでもいいから勇気を持って行動に移すことで、たとえそれが失敗だったとしても何かが変わる。そう思います。
現在のモヤモヤとした世の中…この作品が皆さんの中で何かが変わるきっかけになって、それが幸せのエネルギーとなって世の中に広がったら嬉しいです。

スタンダール役・小日向文世のコメント

お話の中でスタンダールが絡む相手は唯一、聡子さんだけでした。その聡子さんを演じる波瑠さんとは初めての共演でしたが、とても楽しく撮影に挑む事が出来ました。前田哲監督ともこの作品が初めてでしたが、かなり大胆な芝居を要求され台詞と闘いながらスタンダールを作りました。是非最終話まで観て頂きたいと思っております。

前田哲監督のコメント

このドラマの登場人物たちは、まるで「家族」のような関係です。容赦ない言葉を投げつけてしまうのに、すごく相手のことを気にかけていて、心配したり、迷惑をかけたり、自分の気持ちを差し置いて助けあったり・・・、相手を思いやるが故に、互いに傷つけたり、傷つけられたりしています。
コロナ禍という状況の中、人と人との関係をこれほどまでに考えさせられた事はありません。だからこそ、登場人物たちのそれぞれの「思い」に、共感してもらえると思っています。また1話ごとに、いろんな「遊び」や「仕掛け」を組み込んであるので、楽しんで鑑賞してもらえたら嬉しいです。

原作:水野敬也 コメント

序盤で爆笑し、ラスト、号泣しました。僕が号泣する隣で妻も号泣していました。全・水野家が泣きました。最初に脚本を読んだときは面白すぎて嫉妬していたのですが、実際の映像を観るとそんな感情すら抱けないくらい素晴らしかったです。キャストの皆様、制作スタッフの皆様、本当に本当にありがとうございました。

ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本ドラマ)

【原作】
水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』(文響社)

【監督】
前田哲

【キャスト】
波瑠、瀬戸康史、小日向文世

スポンサーリンク

ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』のあらすじ

自分に自信が持てず、30歳で恋愛経験ゼロの図書館員の聡子は、優しく紳士的な涼介と出会い一瞬で恋に落ちます。

自分を変えたいと願う毎日を過ごす中、聡子の前に、突如フランス文学「恋愛論」作者“スタンダール”だと名乗る男が出現。

恋に悩みすぎて目の前に妄想が現れたと驚く聡子でしたが、どうやら害はないようです。

それどころか、涼介との恋を実らせるため恋愛のノウハウで聡子を導き、徐々に生まれ変わらせていくスタンダール。そして聡子と涼介は次第に接近していきます。

しかし、聡子には誰にも知られたくない、“ある過去の秘密”があり…。

まとめ

主演・波瑠、瀬戸康史、小日向文世の豪華キャストで贈る極上ラブコメドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』。

劣等感に悩みながらも幸せをつかむためにがんばろうとするヒロイン・聡子からたくさんの勇気をもらえる心温まる物語です。

小日向文世演じる、スタンダールと名乗る謎の男と聡子の関係に注目です。

ドラマ『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』は、2022年3月18日(金)よりPrime Videoにてプライム会員向けに独占配信です。






関連記事

新作映画ニュース

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フ …

新作映画ニュース

映画『アンチ・ライフ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ブルースウィリスがアクション最新作で地球を救う!

『アルマゲドン』から22年、ブルース・ウィリス再び宇宙へ。 数々の地球の危機を救ってきたブルース・ウィリスの最新作、『Anti-Life』(原題)。 (C)2020 Anti-Life LLC.ALL …

新作映画ニュース

映画『マシュー・ボーンIN CINEMA/ロミオとジュリエット』あらすじ/キャスト/公開日。バレエでシェイクスピアの古典を新たに描く!

英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーン×シェイクスピア ミレニアル世代の『ロミオとジュリエット』誕生。 スワン役を全て男性が躍る新解釈版『白鳥の湖』でバレエ興行記録を塗り替え、ローレンス・オリヴィエ賞、ト …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。 『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学