Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ドニーイェンの映画『イップ・マン完結』インタビュー動画紹介!新公開日は7月3日と決定

  • Writer :
  • 石井夏子

主演ドニー・イェン、ウィルソン・イップ監督のインタビュー含む貴重なメイキング映像解禁。

ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』。

この度、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言の状況により公開を延期しておりました本作の公開日が2020年7月3日(金)と決定致しました。

劇場公開を前に、シリーズ10年以上にわたりイップ・マンを演じ、本作ではプロデューサーの一人でもあるドニー・イェン、そしてウィルソン・イップ監督らの熱い思いが垣間見られるインタビュー含むメイキング映像が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 完結』のメイキング映像

解禁されたドニー・イェンとウィルソン・イップ監督らインタビュー含むメイキング映像。

アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮し、シリーズ全作品を成功に導いたウィルソン・イップ監督は、本作について「イップ・マンと息子、父子の物語に焦点を当てました。イップ・マンは自分が病気であることを知り、そのため息子の未来を考えるのです」と話します。

そして監督いわく、「衣装を身に着けた瞬間にイップ・マンに変身する」というドニー・イェンは、「息子のため留学先をみつけようとしますが、海外で暮らすことが息子にとって最良か疑問に思うのです」と、一人の父親としてのイップ・マンの思いを語りました。

また、監督が「シーンごとでアクションが変化し、結果、関係性を感じることができる」と説明するアクションシーンの撮影風景も必見です。

「イップ・マンシリーズの魅力は、カンフー映画としてのアクションのみならず人間性がより深く描かれているため観る者の心を動かすのです」というドニー・イェンの言葉には、シリーズに魅了され続けたファンも大きく頷くことでしょう。

宇宙最強ドニー・イェン演じるイップ・マンの有終の美を是非スクリーンで見届けてください。

映画『イップ・マン 完結』の作品情報

(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

【日本公開】
2020年(中国・香港合作映画)

【原題】
葉問4 完結篇(英題:IP MAN4)

【監督・製作】
ウィルソン・イップ(葉偉信)

【製作】
ドニー・イェン、レイモンド・ウォン

【アクション監督】
ユエン・ウーピン(袁和平)

【音楽】
川井憲次

【キャスト】
ドニー・イェン、スコット・アドキンス、ルシアン、チャン・クォックワン、ウー・ユエ、ヴァネス・ウー

【作品概要】
監督を務めるのはは、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、シリーズ全作品を成功に導いた俊英ウィルソン・イップ。

前作に続きアクション監督を担うのは、「マトリックス」シリーズの武術振付で知られ、『イップ・マン外伝 マスターZ』では監督も手掛けたユエン・ウーピン。

音楽はシリーズ作品すべてを手掛けた川井憲次が担当しています。

主演イップ・マンを演じるのはもちろんドニー・イェン。香港映画のみならず、『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』(2016)『トリプルX:再起動』(2017)といった海外アクション大作にも引っ張りだこの俳優です。

『ドクター・ストレンジ』(2016)のルシアン役も記憶に新しい英国出身の俳優スコット・アドキンスが、イップ・マンに立ちはだかる米海軍役に扮します。

イップ・マンの愛弟子ブルース・リーは、『少林サッカー』(2001)のブルース・リーなりきりゴールキーパーでおなじみのチャン・クォックワン。『イップ・マン 継承』(2008)に続き同役を演じました。

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 完結』のあらすじ


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

1964年、愛する妻を亡くした詠春拳の達人イップ・マンは、弟子のブルース・リーが暮らすアメリカ・サンフランシスコに渡ります。

そこで彼は、リーとの再会や太極拳の達人ワンとの対立を経て、アメリカという異郷に生きる人々が直面する厳しい現実を知ることに。

やがて中国武術を敵視する海兵隊軍曹バートンとの激闘の果てにワンが倒れた時、イップ・マンは、宣告された病を隠し、人々の誇り未来のために立ち上がることを決意。

香港に残して来た息子にある思いを伝えた彼は、ただ一人、最後の闘いへ進みゆき…。

まとめ

(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。

激動の時代に誇りを貫いた彼の半生を描き、アジアで驚異的なヒットとなった「イップ・マン」シリーズがついに完結です。

本作は、先日5月6日に発表された第39回香港電影金像奨(香港アカデミー賞)で、ユエン・ウーピンがアクション監督賞を受賞したほか、編集賞、音響効果賞の三部門で受賞。

改めて作品への評価が高まる中、『イップ・マン 完結』は2020年7月3日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。

また、音楽を担当した川井憲次が自ら選曲した「イップ・マン」シリーズのオリジナル・サウンドトラックのベスト盤『THE BEST OF “IP MAN” ORIGINAL SOUNDTRACK』も発売中

ぜひ「イップ・マン」ワールドに浸ってみてくださいね。


関連記事

新作映画ニュース

ニコラスケイジ新作映画『カラー・アウト・オブ・スペース-遭遇-』あらすじ/キャスト/公開日。狂気の予告動画紹介!

原作ラヴクラフト×ニコラス・ケイジ主演×『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』スタッフ ニコラス・ケイジが復讐に燃える男を演じ、カルト的人気を博したバイオレンス・リベンジ・スリラー『マンディ 地獄のロ …

新作映画ニュース

中国映画『薬の神じゃない!』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実在の事件を基に描く社会派エンタテインメント!

中国で500億を超える記録的大ヒットを記録し、 医薬業界に激震が起きた実話の物語 中国で実際に起きたニセ薬事件を基に描く社会派エンタテインメントが日本に上陸します。 (c)2020 Cine-C. a …

新作映画ニュース

IMAX版『パラサイト半地下の家族』が日本公開!ポン・ジュノ監督こだわりのモノクロバージョンも上映決定

感覚を、研ぎ澄ませ。 最高傑作を圧倒の臨場感で堪能できる新たな2バージョン上映決定! 第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いた …

新作映画ニュース

韓国映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』あらすじ。オープニング映像解禁!

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー。 大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキドキの胸 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの中島ひろ子は中学生で母となった娘を持つ母親・片倉貴子役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピック競技大会の公式映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP