Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/10/23
Update

映画『女神の見えざる手』ネタバレあらすじ。ミススローンの感想は

  • Writer :
  • 西川ちょり

巧妙な戦略を駆使して政治を陰で動かすロビイストを描いた社会派サスペンス『女神の見えざる手』をご紹介します。

『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインが人を人とも思わぬ敏腕ロビイストを熱演。第74回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門女優賞にノミネートされました。


映画『女神の見えざる手』を
今すぐ見る

スポンサーリンク

1.映画『女神の見えざる手』作品情報


(C)2016 EUROPACORP – FRANCE 2 CINEMA

【公開】
2017年(アメリカ・フランス映画合作)

【原題】
Miss Sloane

【監督】
ジョン・マッデン

【キャスト】
ジェシカ・チャステイン、マーク・ストロング、ググ・バサ=ロー、アリソン・ピル、マイケル・スタールバーグ、サム・ウォーターストン、ジョン・リスゴー、ジェイク・レイシー、チャック・シャマタ、デビッド・ウィルソン・バーンズ

【作品概要】
敏腕ロビイスト、エリザベス・スローンは、銃規制法案反対派の要請を断り、大手会社から銃規制法賛成派の小さな会社に仲間を連れて移籍する。反対か賛成かをまだ決めていない議員を賛成派にするべく、あらゆる手段を使った説得工作が行われる。

時には倫理に反する手段を使いながらも勝利へと突き進もうとするエリザベス。世論は賛成派に動くかに見えたがある事件が起き、状況は一転する。

2.映画『女神の見えざる手』あらすじとネタバレ


(C)2016 EUROPACORP – FRANCE 2 CINEMA

ワシントンD.C.の連邦議事堂にて、スパーリング上院議員による聴聞会が開かれていました。

証人はロビイストのエリザベス・スローン。彼女は、大手ロビー会社、コール=クラヴィッツ&ウォーターマンに在籍していた際に手掛けた仕事で、不正を犯したのではないかという嫌疑をかけられていました。

「敵は君をあおり、怒らせようとする」と忠告する弁護士に対して、エリザベスは「証人台に立ったら壁になるわ」と答えるのでした。

聴聞会から遡ること3ヶ月と一週間前。コール=クラヴィッツ&ウォーターマンに所属し、敏腕ロビイストとしてならすエリザベスのもとに、銃擁護派団体の代表者であるサンドフォードが仕事を依頼してきました。

「新たな銃規制法案に対し、女性たちに向けた新しい組織を作りたい。あなたが、女性たちを銃器保全賛成者に変えるのだ」。サンドフォードが語った途端、エリザベスは爆笑し始めました。

サンフォードの依頼をけんもほろろに断ったエリザベスに対して、上司のデュポンはかんかんです。エリザベスが考えを変える様子がないのを見て取ったデュポンは「サンドフォードの要求に応える気がないならここにいてもらう必要はない」と通告するのでした。

その夜のパーティーを早めに抜け出したエリザベスに男が一人近づいてきました。彼は小さなロビー会社、ピーターソン=ワイアットのCEOであるシュミットでした。

ピーターソン=ワイアットは、銃規制法案賛成工作に携わっていました。エリザベスは彼の誘いを受け、移籍を決意。コール=クラヴィッツ&ウォーターマンでチームとして働いていた他のメンバーも連れていこうとしますが、彼女についてきたのは、半分の4人だけでした。

四年間、エリザベスの下で働き、彼女が信頼を寄せる部下のジェーンは、意外にも移籍を拒否。当然付いて来てくれると思っていたエリザベスはショックを隠せません。

ジェーンはエリザベスの同僚コナーズのチームに加わり、銃規制法案廃止の仕事に従事し。エリザベスとは真っ向から対立する立場となりました。

銃規制法案反対派は賛成派の何十倍もの資金を持っており、非常に厳しい闘いが予想されます。エリザベスたちは賛否を決め兼ねている議員たちを取り込むために様々なアプローチを開始しました。

一方、ジェーンは四年間エリザベスの下で働いてきた経験から、彼女が狙うだろう議員を先に取り込むよう動き出していました。

反対、賛成の態度を決めていない議員22名の奪い合いが始まります。

エリザベスは一人でフェミニスト団体など、様々な女性団体から1500万ドルの寄付金を集め、シュミットを驚かせます。その一方、エリザベスが自費で盗聴チームを雇っていることを知り、彼は手段を選ばないそのやり方に不安を覚え始めます。

新たな部下、エズメ・マヌチャリアンの履歴を見て、エリザベスは疑問を抱きました。彼女が通っていたという高校は存在せず、空白期間があるのです。実はエズメは銃乱射事件の起こったブルーミント高校の生存者だったのです。

エリザベスは、あまり目立ちたくないという彼女を説得して徐々に表に出していき、彼女がメディアに出ることに慣れてきたのを見計らって、コナーズとのテレビ討論の際に、その事実を暴露します。

何も聞かされていなかったエズメは、エリザベスの行為に驚きつつも、銃規制法案賛成派の顔となって、闘うことを決意します。彼女への同情が集まり、世論は銃規制法案賛成に徐々に傾くかのように見えました。

そんな時、事件が起きました。銃規制法案反対派の男がエズメに銃をつきつけ彼女を殺そうとしたのです。その時、銃を携帯していた民間人が、男を射殺。エズメは九死に一生を得ました。

この事件は大きく報道されることとなりました。エズメを助けた男は一躍マスコミの寵児となり、銃の必要性が声高に叫ばれ始めました。

エズメは故郷に帰ることとなりました。手段を選ばず部下さえも道具にしてしまうエリザベスに対して彼女は「あなたが仕組んだのかとさえ思った。あなたは他人への敬意を失い境界線を超えた」と言い放つのでした。

コナーズたちは、エリザベスの弱みをつかもうと躍起になっていましたが、ついにジェーンは、エリザベスがかつて取り上げた案件の書類が彼女を追い込む重大な証拠になるのではないかと気付きます。「上院倫理規定の違反を証明できます!」彼女は叫びました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『女神の見えざる手』ネタバレ・結末の記載がございます。『女神の見えざる手』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

聴聞会にかけられることになったエリザベス。スパーリング上院議員は、当初、銃規制法案賛成の立場を表明していましたが、デュポンから、銃規制法案反対に回り、聴聞会を仕切れと脅されます。「上院議員として一生安泰か、廃業するかどちらかを選べ!」。

弁護士との打ち合わせ通り、当初は合衆国憲法修正第五条を盾に証言を拒んでいたエリザベスでしたが、スパーリング上院議員の挑発に乗ってしまいます。そのために証言をせざるをえなくなってしまい、様々な疑惑を追求されることとなります。

盗聴活動疑惑に関しては、シュミットの証言によって難を逃れますが、聴聞会に一人の証人が招聘されました。男の名はロバート・フォード。彼はエスコート業に従事している人物で、実はエリザベスは彼を金で買っていたのです。

彼が現れることを聞かされていなかったエリザベスは愕然としますが、フォードは彼女と関係を持ったかという質問にきっぱり「ありません」と答えるのでした。

しかしインドネシアの法案に関する件ではさらに厳しい追求が行われました。法案を推進する議員が現地に派遣された際の費用は、非営利団体が出したものなので問題ないと答えるエリザベスでしたが、スパーリング上院議員は、一枚の書類を差し出しました。ジェーンが見つけ出した書類でした。

「その筆跡に見覚えはあるかな?」上院議員は尋ねました。書類に記されているサインはスローンが書いたものでした。それは言い逃れの出来ない証拠でした。

聴聞会も最終段階を迎え、「言いたいことは?」と問われたエリザベス。彼女はゆっくりと証人台にやってくると、水差しの水をコップに汲んで飲みました。彼女は喋り始めました。

「銃規制強化は正しいことだと思っています。チャレンジ性に興奮し、勝ちたいという願望から引き受けました。勝利への執着から一線を超えてしまった。このことは批判に値します。しかし、投票の際には議会の方は私のうしろに座る人々を見て投票してください。政界で出世するために投票するのではなく、良心に従ってください」

さらに続けようとする彼女に長いと忠告するスパーリング上院議員ですが、話す権利はあるとエリザベスは続けます。

「私に対する個人攻撃が始まるだろうことは予想していました」エリザベスがそう話している途中、その場で彼女をずっと見つめていたジェーンはコナーズに「今後のことを」と話しかけました。今は忙しいという彼に対して、彼女は「辞めます」と紙切れを渡し会場を出ていきました。

エリザベスは話しを続けます。「勝者は敵の一歩先を行く。私は前の会社を辞める時、密偵を残していきました」

そう、ジェーンこそその密偵だったのです。彼女は密偵としてコール=クラヴィッツ&ウォーターマンに残り、彼らの動きを探っていたのです。

「次のアドレスを入力してください。”激震”というファイルをダウンロードしてください!」エリザベスの言葉に従った人々は驚きの声をあげました。

そこにはスパーリング上院議員をデュポンが脅している動画が上がっていたのです。議員もデュポンも真っ青になり、聴聞会は大混乱となりました。

それから十ヶ月後。連邦矯正施設に収監されているエリザベスのもとに弁護士が訪ねてきました。

彼は、まもなくスパーリングとデュポンの聴聞会が始まることを告げ、数ヶ月後に出られるように手配することを約束しました。

さらに、銃規制法案を可決させるため、自身を犠牲にした理由を尋ねました。「キャリアを捨てる方が命を捨てるよりましよ」と彼女は答えました。

「書類にわざと署名し、チームにもふせた理由は?」と問われると、「刑事は5年だから」と即座に彼女は答えました。

弁護士はふっと笑うと言うのでした。「また会おう」

スポンサーリンク

3.映画『女神の見えざる手』の感想と評価


(C)2016 EUROPACORP – FRANCE 2 CINEMA

ロビイストとは、特定の団体のために、政党や議員などの政策決定者に働きかけ、メディアを使って世論さえも動かし、団体に利益をもたらす役割を果たす者のことです。

アメリカではロビイストは3万人いると言われ、ワシントンD.C.のホワイトハウス北側にあるKストリートはロビイストの会社が集合している通りとして知られています。

本作に登場する女性ロビイスト、エリザベスは、「銃器規制法案」を巡る闘いに、頭脳という武器をフル回転させ、敵を出し抜き、味方すら欺き、人を人とも思わず、勝利のためには倫理すら越えてしまいます。

ワーカーホリックで一人暮らし。性欲を満たすためにエスコート業の男性を買っているという展開には驚かされます。これまでにない女性キャラクターの登場と言っても良いでしょう。

眠らないために(長時間仕事をしたいために)薬を乱用し、どうやら尋常でない過去を背負ってもいるようなのですが(それがどういうものなのかは明らかにされません)、そのようにどこか病んだ部分もあるヒロインは、共感を持てるタイプではまったくありません。

少しばかり彼女の脆い面や、愛すべき断片を見せるなどすれば、共感も得やすいのでしょうが、そのような手段を映画は決して取りません。寧ろそんなもの必要ないと言わんばかりです。

彼女はいわばアンチヒーローなのです。アンチヒーロー、アウトローというのはこれまで多くの映画の中に登場し、私たちを魅了してきました。彼女もまたその系譜につらなるのです。

エリザベスを演じるジェシカ・チャステインがこのアンチヒーローを溌剌と演じています。

西部劇のヒーローのように銃器を振り回すことはありませんが、先を読む力、人を動かす力、仕事の速さなど、仕事の出来る人(仕事が出来すぎる人?)のキレッキレの頭の良さを武器に、画面を縦断、闊歩していくのです。これが魅力的でないわけがありません。

敵のロビイストたちとの騙し合いを経て、終盤、映画は驚くべき展開を見せます。なんという巧みなスト―リー! この展開を予測できた人っているのでしょうか!? 

脚本にクレジットされているのはジョナサン・ペスという人物ですが、これが初めて書いた脚本というから驚きです。すっかり騙され、あとから少し怖くなる見事なエンディングです。

▼ U-NEXTで『女神の見えざる手』は見ることができます。
映画『女神の見えざる手』を
今すぐ見る

4.まとめ


(C)2016 EUROPACORP – FRANCE 2 CINEMA

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(11)などで知られるジョン・マッデン監督はこれまでの彼の作品世界とはかなり毛色の違う本作を上質の政治ミステリーに仕上げました。

情や愛というものがない世界において、ただ一人、エリザベスの懐に入り込もうとするのが、エスコート業に従事するジェイク・レイシー扮するロバート・フォードです。

彼の行動はエリザベスを戸惑わせ、苛立たせますが、聴聞会の証人として現れた彼は、彼女との特別な関係を聞かれ、きっぱり「ありません」と答えます。偽証すれば刑務所行きとなるにもかかわらず。

これはもしや誠実な愛ゆえではなかろうか、ここだけに感情があったのではないかと思ったのですが、そんなことを言おうものなら、何甘いこと言ってるの、と一笑に付されるかもしれません。

彼は職業がら顧客を守るという義務を負っており、それを忠実に守っただけなのだと。それがプロの仕事なのだと。

おそらくジェイク・レイシーだからこそ、「愛」なんて連想が出てきたのかもしれません。『キャロル』(15)では保守的でナイーブな1950年代当時の典型的なアメリカ青年を。『クーパー家の晩餐』(15)では地方の素直な共和党支持の青年を演じていました。彼がただのマッチョの合理主義者だとは思えないのですが、真相は如何に?

ジェシカ・チャステインを囲む女性陣、とりわけジェーン役のアリソン・ピル、エズメ役のググ・バサ=ローは、一度観たら忘れられない存在感です。

スパーリング上院議員役のジョン・リスゴーを始め、脇を固める役者が全て生き生きして見えるのも本作の魅力の一つです。

映画通は勿論のこと、普段あまり映画を観ないという方々にも、これ絶対面白いから!と自信を持っておすすめできる上質のエンターティンメントに仕上がっています。

『女神の見えざる手』を見るならU-NEXTがお得!

映画『女神の見えざる手』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。

そんな時は動画配信サイトのU-NEXTが、公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。

U-NEXTは月額たった1,990円で12000本以上の映画やドラマ動画が視聴できる日本の動画配信サービス!

劇場にまで出かけて映画を観ても一般鑑賞料金1,800円と、交通費や食事代もかかってしまい、それらを含めれば、U-NEXTが安いのがお分かりいただけますね。

しかも登録すると雑誌70誌以上も読み放題になっちゃうんです。

映画館だけでなく、レンタルDVD屋さんを利用したり、毎月雑誌を買ったりすることを考えれば、かなりお得なサービスですよね。

さらに有料会員になると毎月1,000ポイントがもらえます!

もちろん!そのポイント使用すれば『女神の見えざる手』以外の作品も無料視聴視聴することもできます

しかも、今なら無料お試しに登録するだけでも600ポイントがもらえます

このポイントを使用すれば、ジェシカ・チャスティンの痛快な作品『女神の見えざる手』は無料で見ることができます。

▼ U-NEXTで『女神の見えざる手』は見ることができます。
映画『女神の見えざる手』を
今すぐ見る

関連記事

サスペンス映画

映画『ドライヴ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ライアンゴズリング作品で評価の高いサスペンス【カンヌ映画祭監督賞受賞作品】

ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングのタッグでおくる映画『ドライヴ』 第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、ライアン・ゴズリングのキャリアの中でも印象的な作品となった映画『ドラ …

サスペンス映画

映画『ジオストーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ジオストーム』は1月19日(金)から全国ロードショーされています。 テクノロジーの推を集めた気象コントロール衛星を運営させから3年。突如、衛星が暴走を始めると世界各地で超異常気象を発生させます。 …

サスペンス映画

ギャスパーノエ映画『クライマックスClimax』あらすじネタバレと感想。狂気に誘うロングテイクのダンスシーンは圧巻

日本公開は2019年11月1日! 今回ご紹介するのは稀代の鬼才ギャスパー・ノエ監督の待望の映画『クライマックス(原題:Climax)』。 予告編ですでにただ事ではない香りがプンプン漂う『クライマックス …

サスペンス映画

映画『グッドタイム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

最近、テレビでも放送されたハリー・ポッターシリーズでセドリック・ディゴリーを演じたロバート・パティンソン。 本作ではまるで地方都市から飛び出してきた、頭の残念すぎる若者を熱演し、全部自業自得で大変な目 …

サスペンス映画

Netflix映画『1922』ネタバレ考察と感想。原作小説との比較を通して解説する妻を殺した男の破滅

それは運命などではない「因果応報」という破滅の道! 映画『1922』はモダンホラー作家スティーブン・キングの同名小説『1922』を映画化したものです。 舞台はアメリカのネブラスカ州にある、広大な農村地 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学