Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『ナイトライド 時間は嗤う』あらすじ感想と評価解説。ワンショット94分で見せる“ドラッグディーラー”が夜の街を奔走する姿を描く

  • Writer :
  • 谷川裕美子

『ナイトライド 時間は嗤う』は2022年11月18日(金)よりヒューマントラスト渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

危険過ぎる駆け引きがノンストップで展開する緊迫のクライム・スリラー『ナイトライド 時間は嗤う』が2022年11月18日(金)よりヒューマントラスト渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。

窮地に陥り真夜中を奔走する主人公の姿を94分間ワンショット撮影しています。

監督は本作が2作目となる北アイルランド出身のスティーヴン・フィングルトン。

好演が光る主演のモー・ダンフォードは、本作でアイルランドのアカデミー賞と評されるIFTA映画&ドラマ賞・最優秀主演男優賞を受賞しました。

二転三転する見事なストーリー展開を見せる本作の魅力についてご紹介します。

映画『ナイトライド 時間は嗤う』の作品情報


(C)2021 NIGHTRIDE SPV LTD

【公開】
2022年(イギリス映画)

【脚本】
ベン・コンウェイ

【監督】
スティーヴン・フィングルトン

【編集】
マーク・タウンズ

【出演】
モー・ダンフォード、ジョアナ・リベイロ、ジェラルド・ジョーダン、キアラン・フリン、スティーヴン・レイ

【作品概要】
電話の向こうの《姿なき》登場人物たちとの危険過ぎる駆け引きがノンストップで展開する緊迫のクライム・スリラー。

恋人との未来を手に入れるため、裏社会から足を洗おうと最後の賭けに出たドラッグ・ディーラーが窮地に陥り真夜中の北アイルランド・ベルファストを奔走する姿を、94分間ワンショット撮影で映し出します。

監督を務めるのは、長編デビュー作“THE SURVIVALIST” (2015/未)で、第69回BAFTA映画賞・新人賞ノミネートのほか、第18回BIFA新人監督賞を始めとする数々の賞を受賞した北アイルランド出身の俊英スティーヴン・フィングルトン。

ロックダウン下のベルファストで、1日11時間のリハーサルを連日1週間重ねた末、6晩で全6テイクの撮影が敢行されました。奇跡のワンテイクを体感しスリリングな犯罪世界に没入できる一作です。

主演は『リベンジャー・スクワッド 宿命の荒野』(2018)のモー・ダンフォード。本作でアイルランドのアカデミー賞と評されるIFTA映画&ドラマ賞・最優秀主演男優賞を見事受賞しました。

テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(2018)のジョアナ・リベイロが共演。

映画『ナイトライド 時間は嗤う』のあらすじ


(C)2021 NIGHTRIDE SPV LTD

麻薬の密売に手を染めるドラッグ・ディーラーのバッジは、恋人のソフィアと裏社会から足を洗うために最後の大口取引を画策していました。

ウクライナ人プッシャーから50キロのブツを仕入れ、倍の値段で売り抜けるつもりでいるバッジは、いろいろな人物と電話で話しながら車を走らせます。

途中で尾行に気づいた彼は、裏社会で恐れられているジョーから借りる10万ポンドをビジネスパートナーのグレアムに受け取りに行かせ、弟分のレフティにブツを積んだバンを取りに行かせました。

売り先も確保しすべては順調に思えましたが、レフティのヘマからバンが何者かに乗り去られ、怒った買い手にも逃げられてしまいます。

それらの事態はすぐにジョーに知られてしまいました。0時の返済期限まで1時間を切る中、バッジは車を走らせバンを探し回りますが、事態は思わぬ方へ転がり始め…。

映画『ナイトライド 時間は嗤う』の感想と評価


(C)2021 NIGHTRIDE SPV LTD

二転三転する緊迫のクライム・スリラー

練りに練った脚本が光る、手に汗握る緊迫のクライム・スリラー『ナイトライド 時間は嗤う』。

愛するソフィアとカタギになって出直すために大口取引に挑む麻薬ディーラーのバッジが、思わぬトラブルをきっかけに窮地に陥り奔走する姿をノンストップで描き出します。

驚くべきは奇跡の94分に渡るワンショット撮影です。観る者は皆、主人公・バッジと同じ時間軸で物語を追うこととなります。

バッジはひとり運転してブツの取引場所に向かいますが、自身が尾行されているのに気づいたことから、手下やビジネスパートナーに代わりに行かせることにします。

車内からあちこちに電話しながら仕事を進めるバッジ。恋人のソフィア、手下のレフティ、ビジネスパートナーのグレアム、金を借りた裏社会のボスのジョー、取引相手、そこに15歳の娘・コズも入り、緻密な会話劇が繰り広げられます。まるで舞台劇を観ているかのようです。

見事なセリフの応酬に見入っているうちに、バッジの魅力あふれる人間性も浮き彫りになっていきます。

取引は簡単に成功するはずだったのが、間抜けな手下たちのミスで窮地に陥ったバッジは、消えたバンと新たなヤクの買い手探しに奔走。しかし、状況をいち早く知った冷血なジョーにより、さらなる思いがけない恐ろしい事態に巻き込まれていきます。

借金返済期限の0時のリミットを前に、観客は皆バッジと一緒に緊迫の時間を体験することになります。

一度観始めたら面白くて目が離せなくなる最高にスリリングな作品です。ぜひご覧ください。

まとめ


(C)2021 NIGHTRIDE SPV LTD

愛する女性との未来のために、裏社会から足を洗おうと大勝負に出るドラッグ・ディーラーを描くクライム・スリラー『ナイトライド 時間は嗤う』。

窮地に陥りながらも必死で智恵をしぼり、電話の向こうの見えない敵と危険な駆け引きをしながらベルファストの街を奔走する主人公のバッジ。

94分のワンショットで映し出されるバッジを見ているうちに、観る者はその場に自分もいるかのような錯覚を覚えるようになっていきます。

摩訶不思議な臨場感を味わうことのできる秀作です。最後に笑うのはいったい誰なのか、ぜひ劇場で見届けて下さい。

『ナイトライド 時間は嗤う』は2022年11月18日(金)よりヒューマントラスト渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。




関連記事

サスペンス映画

映画『ゲットアウト』あらすじ感想と評価。考察解説のホラーおすすめの見どころを深堀り!

2017年10月27日より劇場公開される『ゲット・アウト』。 新人監督には思えない本格派スリラーを低予算でありながら、本年度公開作のなかではズバ抜けた傑作と言い切れる作品です!!!! アフリカ系アメリ …

サスペンス映画

【ネタバレ】映画『グロリア(1980)』ラスト結末あらすじと感想評価。ジーナ・ローランズの女優としての魅力が迸るハードボイルド!

一人の少年を救うため犯罪組織を敵に回した女の闘い 1980年製作のアメリカ映画『グロリア』は、ジョン・カサヴェテス監督、ジーナ・ローランズ主演で贈るサスペンス。 ローランズ演じるグロリアが、隣人の少年 …

サスペンス映画

三度目の殺人|広瀬すず(山中咲江)演技評価と感想。事件の真相も

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画『スウィーニー・トッド』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。ティムバートン監督とジョニーデップおすすめ代表作ミュージカル!

ティム・バートン監督とジョニー・デップ主演のおすすめミュージカル映画! トニー賞8部門に輝いたスティーブン・ソンドハイム作のミュージカルを奇才ティム・バートン監督がジョニー・デップ主演で映画化した『ス …

サスペンス映画

映画『グッドライアー』あらすじネタバレと感想。結末に向けてサスペンス/スリラーを如何に描いたのか⁉︎

映画『グッドライアー 偽りのゲーム』は2020年2月7日より公開。 映画『グッドライアー 偽りのゲーム』は、老齢の詐欺師が裕福な未亡人を狙うヒッチコック調のスリラー映画です。 主演は名優ヘレン・ミレン …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学