Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/01/30
Update

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじと感想考察レビュー。モンティパイソンのメンバーだった監督が30年掛けて完成させた作品とは

  • Writer :
  • 松平光冬

鬼才テリー・ギリアム監督の執念の一作が完成!

『未来世紀ブラジル』(1986)のテリー・ギリアムが映画化を試みるも、何度も製作中止、頓挫してきた企画がついに結実

2020年1月24日よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー公開の映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』にかけてきたギリアムの、これまでのフィルモグラフィとの因果関係をひも解きます。

スポンサーリンク

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品情報


(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat o a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

【公開】
2010年(スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル合作映画)

【原題】
The Man Who Killed Don Quixote

【監督・脚本】
テリー・ギリアム

【製作】
マリエラ・ベスイェフシ、ヘラルド・エレーロ、エイミー・ギリアム、グレゴワール・メラン、セバスチャン・デロワ

【撮影】
ニコラ・ペコリーニ

【編集】
レスリー・ウォーカー、テレサ・フォント

【キャスト】
アダム・ドライバー、ジョナサン・プライス、ステラン・スカルスガルド、オルガ・キュリレンコ、ジョアナ・リベイロ、オスカル・ハエナダ

【作品概要】
テリー・ギリアムが何度も映画化を試みるも実現に至らず、構想から30年を経て、ついに完成にこぎつけた念願の一作。

自らをドン・キホーテと信じる老人と、若手映画監督の奇妙な旅路を描きます。

自らをドン・キホーテと思い込む老人ハビエルを、ギリアム作品の常連であるジョナサン・プライス、トビー役を「スター・ウォーズ」シークエル三部作(2015~19)のカイロ・レン役で知られるアダム・ドライバーが演じます。

その他のキャストとして、「マンマ・ミーア!」シリーズ(2008~18)のステラン・スカルスガルド、『ある天文学者の恋文』(2016)のオルガ・キュリレンコらが脇を固めます。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のあらすじ

(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat o a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

仕事への情熱を失くしたCM監督のトビーは、スペインの田舎で撮影中のある日、とある男からDVDを渡されます。

実はそれは、トビーが学生時代に監督し、賞に輝いた映画『ドン・キホーテを殺した男』だったのです。

撮影舞台となった村が近くにあると知ったトビーは、久々に現地に赴くも、映画の影響で村人たちはすっかり変わり果てていました。

映画でドン・キホーテを演じた靴職人の老人ハビエルは、自分こそ本物の騎士ドン・キホーテだと信じ込み、清楚な少女だったアンジェリカは、女優を目指して村を飛び出していたのです。

トビーのことを忠実な従者サンチョ・パンサだと思い込んだハビエルは、無理やり彼を引き連れて冒険の旅に繰り出します…。

スポンサーリンク

“呪われた”企画と化した「ドン・キホーテ」

(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat o a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

本作『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のベースとなった小説「ドン・キホーテ」は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスが、17世紀に出版したものです。

“騎士道物語”に心酔するあまり、現実と妄想の区別がつかなくなった男が、自ら遍歴の騎士「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名乗り、冒険の旅に出ようとします。

日本でも、二代目松本白鸚(九代目松本幸四郎)が1969年の初演からライフワークとする舞台「ラ・マンチャの男」で広く知られる、この物語の映画化に動いていたのが、本作監督のテリー・ギリアムでした。
 

ギリアムが最初に「ドン・キホーテ」の映画化に動きだしたのは、今から30年前の1988年に『バロン』を撮り終えた直後でした。

そもそも、1970~80年代に人気を博したイギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」にギリアムが参加していた時から温めていたとされるこの企画。

ですが、原作小説の難解さから資金調達は困難を極め、ギリアム自身の解釈による脚色を経て、2000年にようやくクランクインするも、自然災害やキャストの病気降板といったさまざまな事態に見舞われ、9回もの企画頓挫を繰り返します。

最初の映画製作時の舞台裏が、『ロスト・イン・ラ・マンチャ』(2002)としてドキュメンタリー映画化されるなど、いつしか“呪われた企画”と呼ばれるようになった、この「ドン・キホーテ」映画化プロジェクト。

それでも、「最後は夢を諦めない者が勝つ」という強い意志の元、2018年についに完成。

にもかかわらず、同年6月には権利問題に関する裁判により、世界各国での上映がいったん白紙になってしまうなど、最後までいわく付きの作品となったのです。

“妄想を現実”に変え続けるテリー・ギリアム監督

参考:『12モンキーズ』(1995)

長きにわたり、「ドン・キホーテ」の映画化に燃えていたギリアム。そんな彼のフィルモグラフィには、ある共通点があります。

『バンデットQ』(1981)は、自分の部屋が時空間とつながっていることを確かめようとする少年の話

『バロン』(1988)は、自らを常軌を超えた能力を持つ家来を持つ英雄だと吹聴する男爵の話

『フィッシャー・キング』(1991)は、アーサー王の聖杯伝説を信じて疑わないホームレスの話

『12モンキーズ』(1995)は、人類絶滅を防ぐために未来からタイムスリップしてきたと語る男の話

『ブラザーズ・グリム』(2005)は、少女失踪事件が魔物の仕業であることを証明しようとする兄弟の話

直近作『ゼロの未来』(2015)は、非現実的な力が自分を解放してくれると思い込むプログラマーの話

理解されにくい妄想や神話を信じるあまり、周囲から相手にされない――ギリアムはそうした人物が主人公の作品ばかり撮ってきた監督です。

そしてついに完成した本作『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』は、自分を騎士だと信じる老人の話です。

表現者には、生い立ちや主義主張などから形成された、揺るぎない作家性というものがありますが、ギリアムほどそれが顕著に出たフィルムメーカーもいないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

テリー・ギリアムよ、どこへ行く?

(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat o a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

本作『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の主人公である、老人ハビエルとCM監督トビー。

英雄を演じたことで自分も同化してしまったハビエルは、妄想を現実にしようとする内容の作品を撮り続けるギリアムであり、ボスの言いなりになるのに嫌気が差す監督トビーもまた、作家性を理解してくれない製作サイドと何度も衝突してきたギリアムなのです。

ましてや、トビーが「ドン・キホーテ」を監督していたという設定自体が、ギリアム自身の何者でもありません。

ただ、これまで「ドン・キホーテ」の変奏曲のような映画を作ってきたギリアムが、ついに悲願の「ドン・キホーテ」を作ってしまったことで、今後フィルムメーカーとしての指針を失ってしまうのではないか、という危惧も感じます。

もしかしたら、「ドン・キホーテ」とは大きくかけ離れた作品を生むかもしれませんし、やっぱり「ドン・キホーテ」のような作品を手がけるかも…。

いずれにしろ、『テリー・ギリアムの~』と、タイトルに自身の名前を冠せる映画監督は、そうはいません

存在そのものが大きなブランドとなっている、テリー・ギリアムの次作に注目しましょう。

参考:モンティ・パイソンの公式ツイッター

最後に、ギリアムと同じモンティ・パイソンのメンバーだったテリー・ジョーンズが、本作の日本公開3日前の2020年1月21日に、77歳で亡くなりました。

ギリアムの作家性を築いたモンティ・パイソンを共に支えてきた、ジョーンズのご冥福を祈ります。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』は、2020年1月24日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ろんぐ・ぐっどばい(森岡龍主演)あらすじ!元ネタ映画ネタバレも

森岡龍は俳優として、NHK朝ドラ『あまちゃん』や『ごちそうさま』に出演をきっかけに一躍人気者になりました! また、森岡龍は2017年5月20日に公開される『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』で主演 …

ヒューマンドラマ映画

映画『冬時間のパリ』あらすじネタバレと感想。オリヴィエ・アサイヤス監督が新作で描いたのは大人たちの会話劇

オリヴィエ・アサイヤス監督が新境地に挑んだ映画『冬時間のパリ』。 二組の男女の不倫が絡む恋なんてよく聞く話。 どうにもならないことが多いのが恋愛だけれど、それでも恋することの喜びや、可笑しさを魅力的に …

ヒューマンドラマ映画

映画『スタンド・バイ・ミー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【キング原作の少年の成長と大人の物語】

『ミスト』や『シャイニング』など、近代ホラーの巨匠スティーブン・キングの作品の1つ映画『スタンド・バイ・ミー』。 キング原作の映画は上記以外にも、『ダーク・タワー』シリーズや『IT』などがありますが今 …

ヒューマンドラマ映画

映画『浅田家!』ネタバレあらすじと感想評価。実話を基に二宮和也が中野量太作品に挑む

写真は思い出を残すだけでなく 時には、今を生きる力になる。 家族を巻き込みコスプレ写真集を出版した写真家・浅田政志の実話をもとに、中野量太監督が実写映画化。 主人公・政志を二宮和也が演じるほか、物語の …

ヒューマンドラマ映画

映画『まく子』あらすじネタバレと感想。山崎光と草なぎ剛が親子役を演じた“通過儀礼の少年”物語

映画『まく子』は3月15日(金)より、テアトル新宿ほか全国公開! 直木賞受賞作家西加奈子の同題小説の映画化した作品。 自分の成長を受け入れられない少年と、そこに現れた不思議な転校生の少女との“通過儀礼 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学