Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/03/13
Update

ビバリウムのラスト結末の内容考察!謎の子供の正体を閉じ込められたトムとジェマと共に深掘り解説

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『ビバリウム』は2021年3月12日(金)より全国公開。

マイホームを夢見る若い夫婦が、住宅見学に訪れた事から始まる恐怖を描いた、映画『ビバリウム』

住宅街から脱出できなくなった夫婦が、さらに正体不明の赤ん坊を育てる事になり、精神的に追い込まれていく、新感覚のラビリンス・スリラーです。

今回は「Yonder」に閉じ込められたトムとジェマが育てる事になる、物語の核ともいえる、不気味な子供の正体について深掘りしていきます。

考察部分は、物語の核心や結末に触れている箇所がございますので、本作を未鑑賞の方、ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

映画『ビバリウム』の作品情報

(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

【日本公開】
2021年(ベルギー・デンマーク・アイルランド合作映画)

【原題】
VIVARIUM

【監督】
ロルカン・フィネガン

【キャスト】
ジェシー・アイゼンバーグ、イモージェン・プーツ、ジョナサン・アリス、セナン・ジェニングス、アイナ・ハードウィック

【作品概要】
主人公のトムを演じるジェシー・アイゼンバーグは、「ゾンビランド」シリーズでブレイクし『ソーシャル・ネットワーク』(2010)でアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞などの、数々の賞レースで主演男優賞にノミネートされた実力派です。

トムの恋人、ジェマを演じるイモージェン・プーツは、『28週後…』(2007)に出演以降、『グリーンルーム』(2015)などの演技が高く評価されている注目の女優です。

監督は、これまで短編映画やミュージックビデオ、CMなどの映像作品に携わり、本作『ビバリウム』で世界的に高い評価を得たロルカン・フィネガン。

映画『ビバリウム』のあらすじ


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

新居を探している若いカップルのトムとジェマ。

ある日、何気なく足を踏み入れた不動産屋で、「Yonder」という住宅街を紹介されます。

不動産屋の怪しげな雰囲気や、緑色の同じ建物が立ち並ぶ「Yonder」の不気味さから、トムは住宅見学を拒もうとしますが、ジェマに半ば強引に付き合わされます。

不動産屋の男に案内され「Yonder」内にある「9番」の住宅を見学しますが、住居内に既に男の子の部屋が用意されていました。

トムとジェマは、流石に気味が悪くなり、帰ろうとしますが、不動産屋の男が姿を消してしまいます。

「Yonder」内を車で走り回り、出口を探すトムとジェマですが、どんなに走り回っても必ず「9番」の住宅に戻って来ます。

さらに住宅の前に、何者かが生活に必要な食料や道具を置いて行っていました。

この状況に怒りを感じたトムは、「9番」の住宅を燃やし、トムとジェマは燃える家を眺めながら眠ります。

数時間後、トムとジェマが目を覚ますと、燃えていたはずの住居が元に戻っており、謎の箱が残されていました。

箱を開けると、中には赤ん坊が入っており「この子を育てれば開放する」とメッセージが残されていました。

他に「Yonder」から抜け出す方法が無いトムとジェマは、仕方なく子供を育て始めますが、子供は凄い速さで成長していきます。

さらに「地中に何かある」と考えたトムは、庭に巨大な穴を掘り始めます。

悪夢のような、住宅街での生活が始まったトムとジェマを、最後に待ち受けている運命は?

スポンサーリンク

映画『ビバリウム』感想と評価


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

住宅街「Yonder」に閉じ込められた若い夫婦が、強制的に謎の赤ん坊を育てる事になる本作。

「Yonder」にトムとジェマを閉じ込め、子育てを強制させた者の正体について、作中では明確に語られません

ですが、断片的な情報から「異星人」ではないかと思われます。

その観点から深掘りしていくと、『ビバリウム』は異星人を扱ったSF映画としても、かなり異質な作風であると言えます

「Yonder」は異星人の子供を育てる為の空間


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

まず、トムとジェマが子供を育てる事になる「Yonder」ですが、どこまでも同じ建築物が並ぶ不気味な空間です。

この「Yonder」について、作中で明確に語られていませんが、実は本作のタイトル『ビバリウム』は、「Yonder」の本質を表しています

「ビバリウム」の元々の意味は「生き物の住む環境を再現した空間」ですが、現在は、爬虫類や両生類の棲む環境を再現したケージの事です。

トムとジェマは「9番」の住居に住む事になり、定期的に食料や生活必需品は支給されます。

この事から分かるのは、「Yonder」は、人間が異星人の子供を育てる為だけに作り出された空間である事、言い方を変えれば「飼育所」です。

『ビバリウム』のクライマックスで、「Yonder」の地下に不気味な施設が広がっている事が分かります。

ここで異星人が「Yonder」内の人間の様子を監視していたのでしょう。

「Yonder」は自然も存在せず、天候も変化しないのですが、実際に建築された住宅街ではなく、異星人の技術によって作り出された、仮想空間という捉え方ができます

スポンサーリンク

目的は地球人に擬態する事?


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

異星人を育てる為の空間「Yonder」。

では、異星人の目的は何なのでしょうか?

トムとジェマが育てる事になった子供は、常に2人を監視しており、2人の会話や仕草をそのまま真似しています

この子供は、見た目は少年なのですが、声は大人のように低く、トムとジェマの真似をする事でしかコミュニケーションが取れません。

空腹になった時は、かなり耳障りな奇声を発するのですが、これは自分の言葉を持っていないからでしょう。

また少年の服装は、白いシャツに黒いズボン、七三分けという、キッチリとした模範的な正装をしています。

トムとジェマを「Yonder」に案内し、2人を閉じ込めた不動産屋職員マーティンも、全く同じ見た目をしています。

本作の監督、ロルカン・フィネガンは、マーティンを「あとちょっとで人間なんだけど、そうじゃない」存在をイメージした事を語っていますので、異星人の目的は地球人に擬態する事で、マーティンも子供も、模範的な地球人の姿を真似ていると思われます。

ラストで判明する驚愕の事実!


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

不気味な子供や不動産屋職員マーティンの正体を、「異星人」と印象付ける場面があります

子供が「Yonder」で会っていた存在を、ジェマが探る為に、子供に「その人のモノマネをして」とお願いする場面です。

子供の喉がどんどん膨れ上がっていき、ジェマが恐怖と共に「自分達が育ててきたのは人間じゃない」と確信するのですが、気になるのは、子供が会っていたのは何者なのか?という点です。

ラストで判明するのですが、ここで育った異星人は、次のマーティンとなり、住宅見学に来た地球人を「Yonder」に送っていたのです。

しかし、マーティンの寿命は非常に短く、自分が死ぬ前に、次のマーティンを育てないといけません。

つまり、マーティンは「Yonder」に地球人を送り、次の自分を育てさせ、死んでいくだけの存在なのです。

そして、地球人を監視した結果を「Yonder」内の謎の存在に報告していたのでしょう。

「Yonder」に閉じ込められ、子供を育てるだけの毎日を送る事になる、トムとジェマも悪夢ですが「Yonder」へ地球人を送る為だけに存在する、マーティンもまた、可哀そうな存在だと感じます。

まとめ


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

『ビバリウム』はオープニングで、カッコウの雛が成長し、自分より小さな親鳥からエサをもらい続ける、恐ろしい映像から始まります。

本作に登場する異星人は、明らかにカッコウをモチーフにしていますが、カエルのように喉が膨らんだり、四つん這いになって、素早い動きで地下に潜ったりする場面もあります。

人間がグロテスクに感じる生物の要素が反映されており、感覚的に「気味が悪い」と思うような描かれ方をしています。

『ビバリウム』の何とも言えない不気味な世界観を作り出しているのは、この「気味が悪い」と感じさせる、マーティンや子供の存在で、最後まで正体が明確に明かされないのが、不気味な作風を更に際立たせています

本作は、マイホームや子育てなど、一般的な幸せの形が難しくなった現代社会を皮肉的に描いた、社会風刺的な作品ですが、異星人を扱った映画として、かなり異質の魅力を持っています




関連記事

サスペンス映画

『探偵はBARにいる』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

大泉洋と松田龍平の実力派コンビが贈る極上コメディサスペンス! 悪戦苦闘しながら正義を貫こうとする主人公たちの姿に感動します。 映画「探偵はBARにいる」シリーズの第1作目のあらすじや作品解説、またパン …

サスペンス映画

『マスカレードホテル』あらすじと内容解説。原作者と映画監督のプロフィール紹介も

映画『マスカレード・ホテル』は、1月18日(金)より全国ロードショー! 東野圭吾の人気作品群「マスカレード」シリーズ。累計310万部を売り上げるこのシリーズの第一作『マスカレード・ホテル』がついに実写 …

サスペンス映画

映画『ウインド・リバー』あらすじとキャスト。日本公開の劇場はどこ?

映画『ウインド・リバー』は、7月27日(金)より、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー。 実際に起こった事件を参考に制作された映画で、カンヌ映画祭で監督賞を受賞し、Rotten Tomatoes他、各 …

サスペンス映画

映画『水曜日が消えた』あらすじと感想レビュー。中村倫也演じる青年の7分の1の人生

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)公開。 映画『水曜日が消えた』は、MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平の初となる長編監督作品。 4年振りの映画主演となる中村倫也が、幼い頃の交通 …

サスペンス映画

映画『サニー/32』あらすじと感想。実話に北原里英&門脇麦が挑む!

映画『サニー/32』は撮影が行われた新潟地区は2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開され、続く2月17日(土)から全国公開されます。 『凶悪』のスタッフやキャストがふたたび集結した話題作で、演出は …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学