Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『君だけが知らない』ネタバレ感想結末とあらすじの評価解説。どんでん返しの連続でソン・イェジがサスペンスを二転三転する展開にて魅せる

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

ドラマ『サイコだけど大丈夫』のソ・イェジ主演、初長編作となったソ・ユミン監督で送る韓国サスペンス

事故により記憶喪失になってしまったスジンは、夫ジフンの献身的なサポートにより少しづつ日常生活を取り戻しはじめます。

しかし、ある日幻覚が見えるようになり、実際に起こるかもしれない未来を見ているのではないかと思うジフンでしたが、周囲は信じません。

自分が見ているのは本当に現実なのか、それとも妄想なのか…次第に混乱したジフンは献身的な夫でさえ疑うように……。

ドラマ「サイコだけど大丈夫」で一躍有名となったソ・イェジが主人公スジンが演じ、夫・ジフン役には『背徳の王宮』(2016)、『ニューイヤー・ブルース』(2021)などの実力派キム・ガンウが演じました。

監督を務めたのは、ホ・ジノ監督のもとで『八月のクリスマス』(1999)、『四月の雪』(2005)などの助監督や脚本を手がけた女性監督のソ・ユミン。

スポンサーリンク

映画『君だけが知らない』の作品情報


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【英題】
Recalled(原題:내일의 기억)

【監督・脚本】
ソ・ユミン

【キャスト】
ソ・イェジ、キム・ガンウ、パク・サンウク、ソンヒョク

【作品概要】
事故で記憶喪失となったスジンが、幻覚で未来を見るようになり事件に巻き込まれていくサスペンス。

監督を務めたソ・ユミンは、ホ・ジノ監督のもとで『四月の雪』(2005)、『ハピネス』(2007)、『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』(2016)などの脚本を手がけるほか、チョン・ギフン監督の『恋するインターン ~現場からは以上です!~』(2015)の脚本も手がけています。

本作で長編映画監督デビューしたソ・ユミンは、次回作として、D.O.(ド・ギョンス)主演にむかえた台湾映画『言えない秘密』(2008)のリメイク作の監督に抜擢されています。

映画『君だけが知らない』あらすじとネタバレ


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

事故に遭い、記憶を失ってしなったスジン(ソ・イェジ)。

そんなスジンを夫のジフン(キム・ガンウ)は献身的にサポートします。体調が回復したスジンは、退院し自宅に戻ります。

家にはカナダの湖を描いた絵が飾られており、ジフンは事故に遭う前にカナダに移住する計画をしていたのだと言い、カナダに移住する手配を進めていると言います。

ジフンが会社に行っている間に外出したスジンはエレベーターで小さな女の子とすれ違います。すると、その子が事故に遭う幻覚を見ます。

あまりにもリアルで、現実と見間違うような幻覚を見たスジンは思わずその女の子に向かって走り、車に轢かれそうな女の子を助けようとします。

今にも車が迫ってきそうになった瞬間スジンはジフンに助けられます。気づくとそこに女の子の姿はありません。

心配したジフンに連れていかれ、病院で診察を受けると、事故による記憶喪失の影響で幻覚が見えて、それを現実だと錯覚してしまうことがあると言われます。

「おかしいのは私なのね」いくら現実のようだったと説明しても理解してもらえないスジンはショックを受けます。

診察後、病院で女の子を見かけたスジンは無事だったのねとその子の方へ向かおうとします。そんなスジンにいい加減にしてくれ、とジフンは思わず声を荒げてしまいます。

声を荒げたジフンにスジンは驚きます。

日常生活を送りつつも、なかなか記憶が戻らないスジンは、ある日道端で一人で歩いていると知り合いに声をかけられます。

最初は「痩せたのね、気づかなかった」と言って乗り切ろうとしたスジンでしたが、とうとう事故により記憶喪失になったことを告げます。その知り合いは、スジンが働いていた絵画教室の同僚だと言います。

スジンは、絵画教室に向かい、自分の席や荷物を見せてもらっても何も思い出せません。机にあったジフンの名刺を見て、ジフンの会社に向かうと、そこはも抜けの殻で通りがかった男性に社長が雲隠れして事務所は差し押さえになったことを聞きます。

衝撃の事実に困惑するスジンはジフンに絵画教室に行ったことを告げます。些細なことを教えてくれるのにどうして絵画教室の話はしなかったのと聞くとジフンは、事故の後遺症で絵が描けなくなったことを知ったらショックを受けると思って言い出せなかったと言います。

後日、同僚から郵送された私物を見ていたスジンは、写真を見つけます。その写真にスジンと写っていたのはジフンではありませんでした。身に覚えのない男性の写真をみてスジンは動揺します。

荷物を持ち、エレベーターに乗ると同乗してきた男性の幻覚を見てしまいます。高校生の娘の首を絞めている姿を見たスジンはその男にあの子に手を出さないでと勇気を振り絞って伝えます。

すると男は怒り、スジンの首を絞めます。エレベーターで格闘しているとスジンを探しにきたジフンが駆けつけます。スジンが訴えてもジフンは幻覚だと聞き入れません。

その夜、眠れずにいたスジンはジフンの姿がないことに気づき、嫌な予感がして部屋を抜け出し男のいる部屋に向かいます。すると中から争っているような物音と女の子の悲鳴が聞こえます。

扉に近づく足音が聞こえスジンは慌てて身を隠します。すると部屋から大きなスーツケースを引っ張る男の姿を目撃し、スジンは殺人事件があったと確信します。

ジフンにいい、殺人事件があった部屋に大家に鍵を開けてもらい入りますがそこは殺人事件があったような形跡はなく、何年も空き家で誰も住んでいないと言います。

ジフンはスジンに現実と幻覚の区別がついていないんだとカナダに行けば落ち着くからと言いますが、次第にスジンはそんなジフンに疑いを持ち始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『君だけが知らない』ネタバレ・結末の記載がございます。『君だけが知らない』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

スジンは元同僚に話を聞きに行き、夫がどんな人間だったのか?と尋ねます。

すると、同僚は慌てた様子でまた暴力を振るわれた?と聞きます。

暴力はふるわれていないとスジンが答えると、同僚はジフンは、スジンを愛しすぎるあまり暴力をふるうことがあったといいます。

そして事故に遭う以前にスジンは離婚をするとも言っていたといいます。

スジンは、自分に夫の他に男がいた可能性はあるかと尋ねると、そこまでは知らないけれど夫はそうだと思っていたと答えます。

スジンのジフンへの疑いが確信に変わりつつありました。

ジフンの会社が手がけていたが途中で頓挫した工事現場で殺人事件が起きるという幻覚を見たスジンは警察に通報します。

度々に警察話しても実際に事件が起きることはなく、また幻覚ではないかと思う刑事がいるなか、別件で工事現場での盗難事件を追っていた刑事は監視カメラの映像にジフンが映っていたことから疑問を感じ、スジンの言う通り現場に直行します。

工事現場に向かったスジンを追ってジフンも現場にやってきます。

殺人なんて起きてない、もうやめようというジフンでしたが、刑事は本当に掘ってみて何も出ないから確かめようと言いコンクリートの壁を壊し始めます。

すると、コンクリートの中から人の腕が見え始めたのです。ジフンはその場で取り押さえられます。

警察による捜査によってジフンだと思っていた人物は別人であることがわかり、壁の中から見つかった人物が本当のジフンであろうとスジンは告げられます。

では、今まで自分がジフンだと思っていた人物は誰なのか、今まで見ていた幻覚が何だったのかとスジンは困惑します。

男に尋ねても答えず、もう事件は終わったと言います。

身元を調べジフンになりすましていたのはスジンが養子として預けられた先にいた男だと言います。その言葉を知ってやっとスジンは少しずつ記憶を取り戻していきます。

今まで見ていた幻覚は全てスジンの過去の記憶と過去に起こったことだったのです。幼い頃養子となったスジンはその男と兄妹となります。

高校生の頃養父に虐待を受けたところを抵抗し、養父を殺してしまったスジンを助け、父をスーツケースに入れ始末したのが兄でした。

ジフンと別れようと決意したスジンはジフンに工事現場に呼び出され、向かうとジフンに殺されそうになります。

抵抗しジフンを殴ってしまい呆然としているスジンのもとに兄は駆けつけジフンをコンクリートの中に埋めます。

その姿を見たスジンは、「兄さんはいつもそうやって1人で決めて1人で背負うのね」と自分のせいで兄が罪を背負うことに罪悪感を感じたスジンは工事現場から飛び降り自殺をはかったのです。

そして記憶喪失になった……全てを思い出したスジンは兄が自分をずっと守ってくれていたことを改めて知るのです。

警察から知らされた事故前に住んでいた住所に向かったスジンでしたが、何とそこに死んだはずの自分が現れます。

工事現場で見つかった死体はジフンではなく、自分が殺した借金の取り立て屋だったのです。

スジンに殴られても死んではいなかったジフンは生き延び身を潜めていました。

怯えるスジンにジフンは、「いつもそんな目で見られていた。お前を守りたい兄と殺したい俺とどっちが愛しているんだろうな」と言い家に火をつけます。

その頃取り調べを受けていた兄は警察の無線でジフンが死んではいなかったことを知り、警察の目を盗んで脱走し車を奪ってスジンの家に向かいます。

階段を登っている途中でジフンを見つけた兄は乱闘になり、ジフンに刺されてしまいます。

そのままジフンは逃げ、倒れ込んでしまった兄ですが、何とかスジンの部屋にまでたどり着きます。

部屋の中は火に囲まれ、その中に気を失ったスジンがいました。兄はスジンに駆け寄り声をかけます。目を覚ましたスジンは全て思い出したと兄に言います。

また私のせいで…と言いかけたスジンに兄は、「お前のせいじゃない。謝らなくていい。カナダに行ってやり直すんだ」と言います。

次第に火が迫り、爆発が起きます。スジンが目を覚ますと、そこは病院でした。駆けつけた消防車に救出され何とか一命を取り留めたのです。

意識が戻ったスジンの元に警察がやってきて、ジフンが逮捕されたことを告げます。

「兄は?」と尋ねるスジンに警察は火の中から見つかった時すでに焼死体になっていたが、身を制してあなたを守ったと言います。

そして、カナダへの渡航の手続きをしていた兄の映像があると渡されます。

その映像には、なぜカナダに行くことを急ぐのかと聞かれた兄が、「僕は忘れていましたが、子供の頃一緒にカナダに行こうと話したことを彼女は覚えていた」と語ります。

兄の思いを知りスジンは涙を流すのでした。

スポンサーリンク

映画『君だけが知らない』の感想と評価


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

記憶喪失になった主人公が幻覚を見るようになり、次第に事件に巻き込まれていくサスペンス映画『君だけが知らない』。

誰もが信じられない主人公同様、観客も次に何が起こるのかと引き込まれていきます。

主人公同様夫が怪しいのではないかというミスリードに誘導していく中で明らかになるその正体、そしてスジンが見ていた幻覚の真実に衝撃を受けます。

韓国のサスペンス映画はイヤミスの印象も強いかもしれませんがその期待をいい意味で裏切ってくるのです。

明らかになっていく兄の深い愛と暴力によって人生を奪われ続けるスジンの悲しさは、女性監督という立場や昨今のフェミニズムに対する韓国映画の視点もうかがえます。

真実がわかったことで見えてくる兄の言動やスジンとの繋がりがさらに涙を誘います。

その一つが家に飾られている結婚写真です。カメラから見て右が新婦、左が新郎ですが事故後の部屋に飾られている写真はそれが逆になっていました。

警察がその写真を見て疑問に思う場面がありますが、それこそが兄が夫ジフンではないという証拠でもあります。

エンドロールで結婚式の場面が写り、涙ぐむ兄の姿が写されます。寂しいのに結婚させるの?と笑うスジンの姿もあります。

結末を知っているからこそ様々な思いが込み上げるエンドロールが観客の涙を誘います。

まとめ


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

ソ・ユミン監督の長編デビュー作となった映画『君だけが知らない』は、スジンを演じるソ・イェジと、兄役を演じたキム・ガンウの演技にも注目です。

ソ・イェジは、ドラマ「サイコだけど大丈夫」で愛を知らない氷のような美女を演じ一躍話題になりました。

そんなソ・イェジが、記憶喪失によりどこか不安げで恐怖を感じながらも、自分が見た幻覚は何なのか解明しようとする芯の強さと感じさせるスジンを演じます。

そんなスジンですが、養父や夫からDVを受けていました。

自分のせいだと言うスジンにスジンのせいではないと言い、守り続けたのがキム・ガンウ演じる兄でした。

子供の頃は妹ができたという嬉しさから兄として守らなくてはいけないと思う気持ちが、父による暴行を知ったことで変化したのかもしれません。

スジンにとっては養父ですが、兄にとっては実の父です。

その父がスジンに暴行していたことを知り彼女を守らなくてはいけない使命感彼女を苦しませていることに罪悪感を感じたのかもしれません。

他者によって幸せを奪われているスジンに何としても幸せになってほしいという思いが兄を突き動かします。

兄の本当の思いを知ったとき、前半のサスペンスの印象がガラリと変わる面白さは新たな韓国サスペンスの傑作と言えるでしょう。


関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ罪の声】実際の事件とキツネ目の男など犯人の人物関係を解説。望はなぜ現れなかったかの理由も

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショー公開! 「戦後最大の未解決事件」「日本初の劇場型犯罪」と称された実在の事件を基に、元新聞記者である塩田武士が執筆・発表した同名ベストセラ …

サスペンス映画

【ネタバレ考察解説】ザ・メニュー|結末/最後/ラストシーンで映画が描くスモアに秘めた“料理人の求める言葉”ד喰らい残る者”の姿

客を憎む料理人が それでも料理人であり続けた「証」とは? 孤島に建つ高級レストランを舞台に、振る舞われる極上のメニューとともに秘密が明らかにされてゆく謎多きシェフと客人たちの顛末を描いたサスペンス映画 …

サスペンス映画

映画『ゲットアウト』あらすじ感想と評価。考察解説のホラーおすすめの見どころを深堀り!

2017年10月27日より劇場公開される『ゲット・アウト』。 新人監督には思えない本格派スリラーを低予算でありながら、本年度公開作のなかではズバ抜けた傑作と言い切れる作品です!!!! アフリカ系アメリ …

サスペンス映画

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ベトナム戦争に関する分析を記録した、国防総省の最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”。 機密文書の存在を世に発表しようとしたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムの姿を、巨匠スティーブンスピルバー …

サスペンス映画

映画『天使と悪魔』ネタバレあらすじ感想とラスト解説の考察。宗教を軸にダ・ヴィンチコードに引き続きトム・ハンクスが挑んだミステリー第2弾!

“天使と悪魔”が聖職者の心に呼びかけた声と招いた結果とは・・・? 映画『天使と悪魔』は、ダン・ブラウンの世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」が映画化され、作中大活躍したロバート・ラングドン教授が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学