Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『君だけが知らない』あらすじ感想と評価解説。韓国映画界の実力派キム・ガンウが複雑なキャラクターを熱演

  • Writer :
  • 桂伸也

韓国映画『君だけが知らない』は2022年10月28日(金)より全国ロードショー!

記憶を失いながらも、自己から目覚めた一人の女性。突然備わった特別な能力に困惑する中、彼女は一つの事件に巻き込まれていくのでした…

一人の女性の失われた過去を巡って、複雑な人間模様がもつれ、展開していくドラマ『君だけが知らない』。

新鋭女性監督ソ・ユミンとソ・イェジ、キム・ガンウら実力派の役者陣タッグによるシリアスなサスペンス・ストーリーです。

韓国映画『君だけが知らない』の作品情報


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【英題】
Recalled(原題:내일의 기억)

【監督・脚本】
ソ・ユミン

【キャスト】
ソ・イェジ、キム・ガンウ、パク・サンウク、ソンヒョク

【作品概要】
とある事故で記憶を失いながらも目覚めた一人の女性が、幻覚から未来を見る能力を手にしたことで不穏な事件に巻き込まれていく様を描いたサスペンス。

作品を手掛けたのは、本作が長編デビュー作となる女性監督ソ・ユミン。主人公スジンを演じたのは、映画『量子物理学』やドラマ「無法弁護士」「サイコだけど大丈夫」などのソ・イェジ。また夫のジフン役は『背徳の王宮』『ニューイヤー・ブルース』などのキム・ガンウが演じました。

韓国映画『君だけが知らない』のあらすじ


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.
一人の女性が、昏睡状態から目覚めます。彼女の名はスジン。ある事故より無事生還しながらも、記憶をなくしてしまいます。

彼女は夫のジフンによる献身的な介護で、平穏な日常生活に戻っていきますが、ある時幻覚を見ることに。そしてその幻覚の中で見たビジョンが、実は実際に未来に起こる事態であることを知ります。

目の前で起きていることは実際に本当に起きていることなのか、あるいは単なる妄想なのか?その境目のあいまいさにスジンは次第に混乱してきます。そしてある日…。

韓国映画『君だけが知らない』の感想と評価


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.
本作はサスペンスを感じさせるパートにはいわゆる「韓国ノワール」と呼ばれるダークな風味を感じさせますが、その一方で複雑な伏線をうまく絡ませながらも、最後にはほんのりと暖かくなるような空気感を持った物語としてまとめられています。

ある事故で過去の記憶を失いつつ、見えるはずのない未来のビジョンが見えるようになった主人公スジン。

彼女はその数奇な出来事から波乱の事件に巻き込まれていくわけですが、彼女に特殊な能力が備わった理由、そして何の変哲もないはずの日常に現れる不穏な影は、物語の終わりで彼女の忘れ去った記憶の中の意識が作り出したものであったことが明確となります。

その複雑な展開は、どこか彼女の存在、あるいはその周辺の人間の生死までもあいまいなものにしています。

このような曖昧さは、例えば2021年の映画『スピリットウォーカー』、『手紙と線路と小さな奇跡』といった作品や2018年のドラマ「私だけに見える探偵」、2020年の「ミッシング:彼らがいた」といった物語などにも見られ、韓国作品の傾向としても一つの流れを感じさせます

またそのミステリー的要素の中に人間的な温かさを風味としてまぶしているのも、これら作品群の大きな特徴といえるでしょう。


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.
ポイントとしては「未来が見える」という、スジンが得た超常現象的能力の行方ですが、重要なのはむしろその非現実的な能力自体より、能力が何を表しているか、という点になります。

記憶を失いながらも意識を取り戻した彼女は、その後さまざまな人の未来を目にする中で、その光景が実は自分の人生の中で目にするビジョンと大きく関わっていることに徐々に気づいていきます。

その展開は非常にトリッキーな伏線の張り方を表面的に見せている一方で、物語の結末に示される作品の重要な視点を表す強い向心力を示しており、単純なミステリー的要素を作るという方向性よりはさらにレベルの高いプロット構築を感じさせられるものであります。

ラストは決してハッピーエンドとはいえないものの、スジンのその後の運命を含めどこかあいまいながらもほんのりとポジティブな空気感を醸し出しており、女性監督ならではの柔らかさ、美しさを感じる画を見せています。

ステレオタイプなサスペンス作品を期待すると肩透かしを食らう可能性もありますが、逆にいえばこの展開こそが本作の主題を示しており、ジャンルを超えた作品のレベルの高さを示しているともいえるでしょう。

まとめ


(C)2021 CJ ENM. All Rights Reserved.
スジン役を務めたソ・イェジの演技もさることながら、本作の登場人物像の中では、夫ジフン役のキム・ガンウが見せる存在感が際立って見られます。

これまでも数々の映画、ドラマでメインキャストを務めてきた彼ですが、その役どころはどれも複雑な性格、境遇を伴い物語の重要なキーとなるものが多い印象です。

本作でもキムの役柄は、どこか怪しい雰囲気を持つ一方で強い情熱にあふれた役柄を演じており、単なる「イケメン俳優」では終わらない彼ならではの存在感を示しており、まさに彼あっての作品ともいえるでしょう。

映画『君だけが知らない』は2022年10月28日(金)より全国ロードショー




関連記事

サスペンス映画

映画『マラソンマン』ネタバレ結末あらすじと感想考察。海外“名優の対決”で歯医者とナチスが怖くなる激ヤバな名作サスペンス

神経をえぐる、怖すぎる70年代傑作サスペンス映画 1960年代末に登場したアメリカン・ニューシネマと呼ばれる映画たち。その影響はハリウッドの大手製作会社の作品にも影響を与えます。 ハッピーエンドを棄て …

サスペンス映画

【ネタバレ考察】ザリガニの鳴くところ|タイトル意味×犯人の正体解説から見える“人間の入る余地のないソコ”

真相は、初恋の中に沈む──。 全世界にて累計1500万部を超える大ヒットを記録した動物学者ディーリア・オーエンズによる小説を映画化した『ザリガニの鳴くところ』。 ノースカロライナ州の湿地帯で発見された …

サスペンス映画

【ネタバレ】Pearlパール|あらすじ結末感想と評価解説。ミア・ゴスの魅力溢れるシリアル・キラーの誕生秘話!

『X エックス』(2022)に続き、タイ・ウェスト監督×ミア・ゴス主演でおくるサイコサスペンス 『X エックス』(2022)の前日譚として、『X エックス』で登場した老婆・パールの若かりし頃を描いた本 …

サスペンス映画

キアヌリーヴス映画『ブルー・ダイヤモンド』あらすじと感想評価。丁寧な人間ドラマも見どころ

映画『ブルー・ダイヤモンド』は、2019年8月30日(金)から全国公開。 ロシアを舞台に、ロシアンマフィアとの取引に挑む男の、危険な駆け引きを描いた映画『ブルー・ダイヤモンド』。 ダイヤモンドにだけ魅 …

サスペンス映画

映画『告白小説、その結末』あらすじとキャスト。上映館情報も

フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化! 『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学