Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国映画『手紙と線路と小さな奇跡』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。少女時代ユナ×パク・ジョンミンが世界で最も小さな駅作りに奮闘する感動作

  • Writer :
  • 谷川裕美子

韓国初の民間による駅舎の誕生秘話とは

観客動員数260万人を突破した映画Be With You ~いま、会いにゆきます』で観客を魅了したイ・ジャンフン監督待望の3年ぶりとなる新作『手紙と線路と小さな奇跡』が2022年4月29日(金・祝)シネマート新宿ほか順次公開されます。


(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & BLOSSOM PICTURES CO., LTD. All Rights Reserved.

ホームなどの駅の設備はすべて住民の負担で設置されたという実話をモチーフに、人間味溢れるコミカルさと温かい感動を描いた一作です。

スポンサーリンク

映画『手紙と線路と小さな奇跡』について


(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & BLOSSOM PICTURES CO., LTD. All Rights Reserved.

韓国の東部にある国内初の私設駅である両元(ヤンウォン)駅。

道路が整備されていないため、町へ移動する際に線路を歩いて通らなければならなかった住民からの請願により、臨時乗降場として1988年に開業されました。

ホームなどの駅の設備はすべて住民の負担で設置されたという実話をモチーフに、イ・ジャンフン監督が感動的な作品を生み出しました。

登下校だけで5時間かかるため、村に駅を作ることを夢見る数学大会1位の天才高校生・ジュンギョン役に、『それだけが、僕の世界』や『ただ悪より救いたまえ』で数々の映画賞を受賞した演技派パク・ジョンミンが扮します。

近年もヨン・サンホ監督が手掛けたNetflixオリジナルシリーズ「地獄が呼んでいる」に出演した人気俳優です。

ジュンギョンをサポートするクラスメイトである自称“女神(ミューズ)”のラヒ役には、『EXIT イグジット』(2019)など俳優として目覚ましい活躍が続く少女時代のイム・ユナ。

工作 黒金星と呼ばれた男』(2018)や『KCIA 南山の部長たち』(2020)などでさまざまなキャラクターを演じ湧けるベテラン俳優イ・ソンミンが、ジュンギョンの父親で機関士のテユン役を務めます。

韓国で最も小さな駅作りを通して描かれる夢への挫折と希望、人と人の絆が紡ぐラストは、温かな笑いと感動できっと観る人すべての背中を押してくれるにちがいありません。

彼らが巻き起こす奇跡と夢の行方をぜひスクリーンで確かめてください。

映画『手紙と線路と小さな奇跡』の予告動画

予告動画の冒頭、まず初めに目に飛び込んでくるのは「数学大会1位」という文字です。主人公・ジュンギョンが非凡な才能の持ち主であることがくっきりと伝わってきます。

その後、ジュンギョンのやさしい声で、大統領に宛てた請願書が読み上げられます。それは、この映画のテーマがはっきりわかるメッセージです。

「村には道路がありません。冗談のようですが、線路しか通っていないのです。駅を作ってください」

その後、コミカルな音楽に乗せて、駅作りのために奮闘するジュンギョンやラヒたちの青春が映し出されます。

「自分の夢」を叶えるために、「村に駅を作る夢」を実現させようとする彼らの情熱が伝わってくる予告動画となっています

スポンサーリンク

映画『手紙と線路と小さな奇跡』の作品情報

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【監督・脚本】
イ・ジャンフン

【キャスト】
パク・ジョンミン、イム・ユナ、イ・ソンミン、イ・スギョン、チョン・ムンソン

映画『手紙と線路と小さな奇跡』のあらすじ


(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & BLOSSOM PICTURES CO., LTD. All Rights Reserved.

行き来できる道は線路しかないのに、肝心の駅がない村。

今日、大統領府に54通目の手紙を送ったジュンギョンの夢はただ一つ。それは村に駅を作ることでした。

駅なんてとんでもないという原則主義の機関士の父・テユンの反対にもめげず、姉のボギョンと村に残り、高校まで往復5時間の通学路を通うジュンギョン。

彼は天才的な数学の才能の持ち主で、教師から一目置かれる存在でした。

ジュンギョンは、彼の非凡さを一目で見抜いたクラスメイト、自称“女神(ミューズ)”のラヒと共に、説得力のある手紙を書くための努力を始めます。

正書法の講義、テレビに出て有名になるための“高校生クイズ”、1位の大統領賞獲得に向けた数学大会の受験まで。駅の実現に向けさまざまな難関に挑むジュンギョンでしたが…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & BLOSSOM PICTURES CO., LTD. All Rights Reserved.

韓国初の私設駅の開業までの実話を基に描く愛と感動の物語『手紙と線路と小さな奇跡』。

大ヒット作『Be With You ~いま、会いにゆきます』で知られるイ・ジャンフン監督の3年ぶりとなる待望の新作映画です。

夢を追うがゆえに経験する挫折、そしてそれを乗り越えた先に見えてくる希望が、ユーモアを交えながら温かく綴られます。

葛藤を抱える父と息子の深い家族愛にも注目です。

映画『手紙と線路と小さな奇跡』は、2022年4月29日(金・祝)シネマート新宿ほか順次公開です。




関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中紀子役は石橋静河【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのマリア役は土屋アンナ。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

【グリーンイメージ国際環境映像祭2020】開催日は2月21日から3日間で日比谷図書文化館コンベンションホールにて上映!

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭は2020年2月21日(金)~23日(日)開催。 2020年2月21日(金)~23日(日)開催の第7回グリーンイメージ国際環境映像祭。 環境をキーワードに、アニメー …

新作映画ニュース

映画『劇場版HAYABUSA2〜REBORN』公開日。小惑星探査機はやぶさの感動の旅をドキュメンタリーで捉える

2020年12月6日、小惑星探査機はやぶさ2がついに地球へ帰還! 2003年5月に日本が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星イトカワを探査し2010年に6月に地球に無事帰還を果たし、「はやぶさ」 …

新作映画ニュース

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングがヴェネチア主演女優賞受賞。ポスタービジュアル解禁

2017年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門において主演女優賞を受賞した、シャーロット・ランプリング主演映画『ともしび』。 人生の終盤、積み上げてきたものを失った一人の女の“生き直し”の物語です …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学