Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/12/04
Update

韓国映画『KCIA南山の部長たち』あらすじ感想と考察解説。イ・ビョンホンが実話の大統領暗殺事件を基に“実録サスペンス”に挑む!

  • Writer :
  • 増田健

『KCIA 南山の部長たち』は2021年1月22日(金)、シネマート新宿ほか全国ロードショー

1979年に発生した、真相は今も謎に包まれたままである”パク・チョンヒ(朴正煕)大統領暗殺事件“。

韓国現代史を揺るがす大事件に、人気・実力とも韓国を代表する俳優イ・ビョンホンが挑みます。

日韓でベストセラーとなったノンフィクション、「実録KCIA 南山と呼ばれた男たち」を原作にして映画化された、『KCIA 南山の部長たち』。

2020韓国年間興行収入の第1位を記録した、本格派実録サスペンス映画を紹介します。

スポンサーリンク

映画『KCIA 南山の部長たち』の作品情報


(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
남산의 부장들 / The Man Standing Next

【監督】
ウ・ミンホ

【脚本】
ウ・ミンホ、イ・ジミン

【出演】
イ・ビョンホン、イ・ソンミン、クァク・ドウォン、イ・ヒジュン、キム・ソジン

【作品概要】
韓国国内で大ヒットを記録しただけでなく、イ・ビョンホンが第56百想芸術大賞で最優秀演技賞など、高い評価を獲得した実録サスペンス映画。

同じくイ・ビョンホン主演の『インサイダーズ 内部者たち』(2015)を監督したウ・ミンホが、『密偵』(2016)のイ・ジミンと共に手掛けた脚本を、『それだけが、僕の世界』(2018)に出演し、国際的に活躍しているイ・ビョンホンを主演に映画化した作品です。

『工作 黒金星と呼ばれた男』(2018)や『目撃者』(2018)のイ・ソンミン、『コクソン 哭声』(2016)のクァク・ドウォン、『虐待の証明』(2018)のイ・ヒジュンら、演技力ある俳優が共演し重厚なドラマを紡ぎました。

映画『KCIA 南山の部長たち』のあらすじ


(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

大韓民国の諜報機関である、中央情報部(通称KCIA)部長キム・ギュピョン(イ・ビョンホン)。

彼は1979年10月26日、独裁者と批判されている権力者、パク・チョンヒ大統領(イ・ソンミン)暗殺を決行します。

その40日前、亡命したKCIA元部長パク・ヨンガク(クァク・ドウォン)は、アメリカの下院議会聴聞会で韓国大統領の腐敗を告発する証言を行いました。

アメリカ議会でロビー活動をするデボラ・シム(キム・ソジン)の助けを借り、韓国軍事政権の実態を暴く回顧録を執筆中のパク元部長の行動に、大統領は激怒します。

これはKCIAの失態であると、大統領の側近クァク・サンチョン大統領警護室長(イ・ヒジュン)は追及します。事態を収拾すべくキム部長は、かつての友人でもあるパク元部長に接触しました。

大統領を守るために、あらゆる手段を尽くすキム部長。しかしこの一件だけでなく政界工作の失敗や、釜山と馬山で発生した民主化運動への対応を責められ立場を失います。

軍事政権内の暗闘に巻き込まれ、愛国心と野心の狭間で揺れ動き、追い詰められてゆくキム部長。彼の選んだ決断と行動は、韓国の未来にいかなる事態をもたらすのか。

スポンサーリンク

映画『KCIA 南山の部長たち』の感想と評価


(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

評価の複雑な人物をイ・ビョンホンが巧みに演じる

1961年に軍事クーデターを起こし実権を掌握、事実上の独裁者として絶大な権勢を振るったパク・チョンヒ大統領。

その彼が突然、腹心の部下であるはずのKCIA部長に殺害された事件は世界に衝撃を与え、後の韓国の歴史に大きな多大の影響を与えました。

韓国現代史において最も評価の難しい、この人物を演じたのは『JSA』(2000)に主演し、日本の第1次韓流ブームの立役者の1人となったイ・ビョンホン

人気と演技力を評価されハリウッドに進出、『マグニフィセント・セブン』(2016)への出演など国際的に活躍している彼が、謎に満ちた事件の中心人物を演じます。

歴史的事実を元に描かれながらも、冒頭に「事件前の40日間を描いたフィクションである」と紹介している本作

この作品は歴史的事実を元に描かれいますが、パク大統領以外の人物は微妙に名前を変更した上で劇中に登場します。

むろん歴史に詳しい方、そして韓国の人々なら本当は誰であるかは一目瞭然。

本作はあくまで歴史的事件を一つの視点で描いた物語であると、観客に強調し関係者に配慮した結果と思われます

ドラマ化して重厚に描いた、韓国現代史を最大の謎に挑んだ歴史サスペンスとして、実に見応えある作品です。

劇的な展開は韓国版”本能寺の変”


(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

韓国の現代史であり、さらに政争が絡む物語と聞いて、難しい内容ではないかと敬遠する方もいるかもしれません。

パク大統領暗殺事件は、当事者が死亡し関係者が口を閉ざした結果、今も多くの謎を残す歴史ミステリーとして存在しています。

クァク・ドウォン演じる亡命した元KCIA元部長は、実際に映画に描かれた時期に海外で消息を絶ちました

後に韓国が民主化されると、真実究明の調査が行われ関係者に事情聴取を行った結果、元部長の殺害にKCIAが関与したのは、ほぼ確実とされましたが真相は今も闇の中です。

主人公であるKCIA部長の大統領殺害の動機も不明のままで、多くの説が浮上していますが、未だ定説はありません

民主化運動の弾圧に動く独裁者と化した大統領を阻止しようと、正義のために立ち上がった闘士と評する声もあります

その一方で大統領殺害後に戒厳令の布告を試みた事実から、自分の意になる政権を作ろうとした、あるいは自身で権力を握ろうとクーデターを企てた野心家に過ぎないと断罪する意見もありました。

また映画に描かれたKCIAの失態や、イ・ヒジュン演じる大統領側近と確執の果てに、大統領の信頼を失ったと精神的に追い詰められ、突発的に事件を起こしたとする説も有力です

また事件後権力を握ったのは、陸軍の総参謀長ではなくその部下の、後に粛軍クーデターを起こす保安司令官。

映画にも登場する、後にチョン・ドゥファン(全斗煥)大統領となる人物です。この事実を根拠に、事件への軍部の関与が疑われました。

アメリカを黒幕とする説もあります。当時の民主党カーター政権は人権外交を進め、独裁色を強める韓国のパク政権を嫌い、事件を後押ししたと考える人もいます。

さらに当時のパク軍事政権の核兵器開発構想や、映画にも登場した韓国ロビイストのアメリカ下院議員の買収工作の発覚など、最悪であった韓米関係がアメリカ黒幕説を後押しします

改めて事件当時を振り返ってみると、この映画が巧みに様々な当時の歴史的事実を再構築し、一つの物語に完成させたことが確認できました。

また当事者たちの人間ドラマ、主人公とパク大統領に元部長ら関係者との絆と、それが破綻してゆく姿などが、俳優たちの演技で巧みに描いています。

義挙か、野望か、それとも精神錯乱による突発的出来事だったのか。事件で権力を得たのは第3者である事実、当時のアメリカとの関係から、黒幕の存在を疑う意見も根強く残ります。

この状況は将に、日本史上最大のミステリーと呼ばれる、”本能寺の変”と同じ構図。こう考えると『KCIA 南山の部長たち』への興味が沸くのではないでしょうか。

まとめ


(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

韓国現代史最大のミステリーにおける、”明智光秀“にあたる複雑な人物をイ・ビョンホンが演じた『KCIA 南山の部長たち』。

モデルとなったKCIA部長は裁判で釈明の機会を与えられ、事件を起こした動機は民主主義の回復だ、と訴えますが死刑判決を受け処刑されました。

映画はその人物が事件に至るまでの内面と葛藤に迫り、主人公がもし異なる行動をとっていれば後の歴史はどうなっていたか、を示唆する内容になっています。

さらに当時の軍事政権の内幕と、その中に渦巻く人間模様を劇的に描いたポリティカル・サスペンスとしても楽しめる映画になりました。

また海外で秘密工作を行うKCIA要員の姿は、スティーヴン・スピルバーグ監督の『ミュンヘン』(2005)に迫る緊張感を持って演出されています

歴史的大事件を、見事に物語化して描いて見せた本作。映画は同時に、これが40年程前の出来事である事実も教えてくれます。

当時多感な青春時代を過ごし、中には民主化運動に身を投じ、弾圧された世代が今は国の中枢を担っている韓国。

本作は彼らが体験した時代と、それを彼らが今、清算しようと躍起になっている姿を理解する助けにもなるでしょう。

見応えある歴史劇として、韓国現代史を理解する助けとして、そしてイ・ビョンホンら韓国俳優陣の演技を堪能する映画としてお楽しみ下さい

『KCIA 南山の部長たち』は2021年1月22日(金)、シネマート新宿ほか全国ロードショー







関連記事

サスペンス映画

映画『アングスト/不安』内容考察。超カルトムービーとしてミヒャエル・ハネケやギャスパー・ノエに影響を与える

異常すぎて長らく“封印”されていた実録スリラー、ついに解禁。 世界各国で上映禁止された常軌を逸した実話がいま、放たれます。映画『アングスト/不安』は、ジェラルド・カーグル監督が、1980年にオーストリ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』12番ユキ役は竹内愛紗。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『水曜日が消えた』あらすじと感想レビュー。中村倫也演じる青年の7分の1の人生

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)公開。 映画『水曜日が消えた』は、MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平の初となる長編監督作品。 4年振りの映画主演となる中村倫也が、幼い頃の交通 …

サスペンス映画

映画『悪の偶像』考察と内容解説。結末までのどんでん返しで怖い女リョナが導く運命とは⁈

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー予定。 韓国映画界の実力派俳優ハン・ソッキュとソル・ギョングの演技合戦と、どんでん返しの連続で見せる予 …

サスペンス映画

イザベルユペール映画『エヴァ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ハドリー・チェイスの小説『悪女イヴ』を映画化した映画『エヴァ』は2018年7月7日から全国公開されました。 娼婦エヴァに出会った事で、破滅の道を辿るようになる若き作家の悲劇を描いた、映画『エヴァ』をご …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学