Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/11/30
Update

韓国映画『それだけが、僕の世界』感想と評価。イ・ビョンホン主演で何もかも違う兄弟の出逢いと家族の絆を描く|コリアンムービーおすすめ指南5

  • Writer :
  • 西川ちょり

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー

母の愛を求めながら孤独に生きてきた元ボクサーの兄と、母の愛を一身に受けて育った、自閉症で天才的なピアノの才能を持つ弟が織りなす家族の愛と絆の物語です。

監督を務めるのは、『王の涙・イ・サンの決断』(2014)の脚本で知られるチュ・ソンヒョン。本作の脚本が高い評価を得て、遅咲きの映画監督デビューを果たしました。

2018年も多くの素晴らしい韓国映画が公開されましたが、その最後を飾り、新しい年を迎えるにふさわしい作品といえるでしょう。

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

イ・ビョンホンが演じるのは元ボクサーの男


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

イ・ビョンホンの役どころは、かつて東洋チャンピオンだった元ボクサーです。

今ではすっかり落ちぶれてしまい、スパーリング相手として雇ってもらいながら国の代表候補をノックアウトしてしまったため、ジムの出入りも禁止され、定職もなく、その日暮らしをしているジョハという人物を演じています。

ほぼ全編ジャージ姿、短く刈り込んだ髪型(短すぎる前髪)は、いつものイ・ビョンホンのイメージとは随分違っていて、街中でチラシ配りをしている姿などは全く違和感なくその場に溶け込んでいます。

街中のロケは、エキストラを入れて行っているのでしょうが、もしかするとゲリラ的に撮影して、誰もチラシ配りをしている男性がイ・ビョンホンと気づかなかったという可能性もありそうです。

元ボクサーという役柄も納得のボクシングの技術と、鍛えられた体もあいまって、ジョハという人物が非常にリアリティのある存在として映画を引っ張っています。

父は暴力を振るうろくでもない男で、母はそれに耐えられず中学生のジョハをおいて家を出てしまいました。それがずっと心の傷となっている孤独な人物である一方、巧まざるユーモアも持ち合わせていて、類型的でない人物像が魅力的です。

ストーリーだけ追うと、もっとシリアスで、お涙頂戴の作品になってもおかしくないところ、絶妙な笑いのセンスが要所要所に現れ、ここで笑わせてくるの?と感心させられることしきりでした。

ジョハが再会した母親とワインを飲みながら変なダンスをするシーンや、家族写真を撮る際、ジョハが取る大げさなポーズなどは、この人物のひょうきんな性格がよく現れていますが、同時に、失ったものを取り戻そうとするジョハの必死な心情も感じ取ることが出来ます。

イ・ビョンホンが、アドリブではないかと思わせるくらいのりのりで演じていて、眩しくなるようなきらめきに溢れるシーンとなっています。

悲しさの中に笑いを、愉しさの中に涙を、そっと忍び込ませる脚本と演出に、チョ・ソンヒョンのセンスを感じずに入られません。

パク・ジョンミンの驚異的な演技


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

母と再会したジョハは、弟・ジンテと初めて顔を合わせます。サヴァン症候群で、いつもスマートフォンを手にしてゲームをしている青年ですが、ピアノが好きで天才的な才能を持っています。

ジンテを演じるのは、パク・ジョンミン。『空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯』(2016/イ・ジュニク監督)で、尹東柱のいとこ宋夢奎(そんもんぎゅ)を演じ、多くの新人賞を獲得するなど、高い演技力を評価されている注目の若手俳優です。

参考映像:『空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯』

入念に役作りをすることで知られており、サヴァン症候群についても徹底的にリサーチを行ったそうです。視線や振る舞いなどを習得し、それらを演技に落とし込み、ジンテという心優しい男性像を見事に作り上げました。

母からの愛を一身に受け、幼馴染の大家の娘とは仲睦まじく、そうした点でも兄とは正反対なのですが、その愛が、少しずつ、兄にも届いていく様が、豊富なエピソードともに綴られていきます。

また、ピアノに関しても、撮影の三ヶ月前から猛特訓を行ったということですが、多少の心得はあったとしても、三ヶ月でここまで完璧なものに仕上げられるのかと驚かされます。

音楽をテーマにしている作品ならその演奏シーンが当然重要となってきます。演奏しているらしき上半身と手元を撮ったカットをうまく編集していかにも役者が弾いているように見せるのも映画というマジックの一つの醍醐味ですが、本人が実際に弾いているところを引きで撮る臨場感にはやはり圧倒的な説得力があります。

パク・ジョンミンがオーケストラと共演する、クライマックスとも言える十数分間の演奏シーンの素晴らしさといったらありません。

言葉での解説はひとつもいりません。ただ、ただ、演奏に聞き入り、見入り、驚嘆する。パク・ジョンミン恐るべし!と多くの人が心の中で呟くこととなるでしょう。

母を演じているのは、ホン・サンス監督作品でもお馴染みのユン・ヨジュンです。夫の虐待に耐えかねて息子をおいて家を飛び出し、そのことを深く後悔している彼女が、偶然息子と再会し、関係を取り戻そうとします。難しい役どころなのですが、これがまたいい味を出していて、実に旨いのです。さすが、韓国が誇るベテラン女優です。


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

彼らの住まいの大家である母娘[娘役のチェ・リが可愛い)など、彼らを取り巻く登場人物も皆、それぞれに強い個性があり、誰一人、おざなりにされるキャラクターはいません。そんなところからも構成の緻密さと映画の温かみが感じられます。

スポンサーリンク

言葉ではなく映像で語る


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

感情を激しく爆発させ、言葉で説明したがる映画も数ある中、本作は、むしろ感情を抑え、言葉ではなく、役者の動きや、映像で語らせようとしています。

『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』(2015/イ・ソクフン監督)、『トンネル 闇に鎖された男』(2016/キム・ソンフン監督)など、多数の名作に参加してきた撮影監督・キム・テソンによる撮影は、その街で暮らしている人物の鼓動が聞こえてくるかのような親近感を与えてくれるものです。

標準レンズより画角の広いアナモフィックスレンズを使用するなどし、何気ない韓国の街並みが魅惑的に映し出されます。ただの“背景”や“舞台”ではなく、キャラクターの生きる場所、生活するリアルな場所として浮き上がってくるのです。

イ・ビョンホンや、パク・ジョンミンがそこに溶け込み、ロングショットで撮られている画面の美しいこと! 時に孤独を、時にささやかな驚きや喜びをカメラは表現してみせるのです。
 
信号が青に変わるのを待つ僅かな時間でさえ、たまらなく愛おしくなる、そんな映画に仕上がっています。

韓国で累積観客数が341万人を超え、大ヒットを記録したのも頷けます。

次回の『コリアンムービーおすすめ指南』は…

次回は、12月08日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、愛知の中川コロナシネマワールド、半田コロナシネマワールドにて公開され、以降順次全国公開予定の『ときめき・プリンセス婚活記』を取り上げます。

お楽しみに!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

SF映画おすすめランキング!2010年代の隠れた名作ベスト5選【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車106

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile106 今回のコラムでは遠藤麻衣子監督による最新映画『TOKYO TELEPATH 2020』(2020)をご紹介予定でしたが、予定を変更させて …

連載コラム

映画『IT2イットTHE END』キャスト【ジェームズ・マカヴォイへのインタビュー:ピエロが怖い】FILMINK-vol.23

FILMINK-vol.23「James McAvoy: Stand by It」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報 …

連載コラム

Netflixドラマ『マインドハンター』あらすじネタバレと感想。デヴィッド・フィンチャーのプロジェクト解説|海外ドラマ絞りたて9

連載コラム「海外ドラマ絞りたて」第9回 「海外ドラマ絞りたて」は選りすぐりの海外ドラマをご紹介するコラム。たくさんのドラマがある中、どのドラマを見ようか迷っている読者の参考にして頂こうと企画したコラム …

連載コラム

ゴースト・ラボ: 禁断の実験|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。Netflixホラー映画は医師が霊の存在を証明する異色作|Netflix映画おすすめ41

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第41回 今回ご紹介するNetflix映画『ゴースト・ラボ: 禁断の実験』は、タイ映画初のドル​​ビー ビジョンかつNetflix基準で制作 …

連載コラム

【音楽がおすすめの映画】2020年ランキングベスト5:印象的な音色でさらに作品の虜になるセレクション《シネマダイバー:西川ちょり選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5  選者:シネマダイバー西川ちょり 新型コロナウイルスの感染拡大により、映画業界も大きな影響を受けた一年でした。 上映延期、中止、映画館の休業など混乱を極めま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学