Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『帰れない山』あらすじ感想と評価解説。映画化で北イタリア・モンテローザを舞台に描く大人の青春劇|映画という星空を知るひとよ145

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第145回

第75回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を受賞した感動作『Le otto montagne』が、邦題『帰れない山』として日本で公開されます。

イタリア文学のストレーガ賞やフランス文学賞・メディシス賞(外国小説部門)など、数々の文学賞に輝いた国際的ベストセラー小説『帰れない山』の待望の映画化です。

都会育ちの少年と山で生まれ育った牛飼いの少年の友情を紡ぐ物語は、北イタリアのモンテ・ローザ山麓を舞台に、主人公たちの友情と生き様を描きだします。

パルムドール受賞作『TITANE/チタン』(2021)の撮影監督ルーベン・インペンスによる圧倒的な映像美と、カメラワークで映し出す豊かな自然も魅力のひとつの本作。

映画『帰れない山』は2023年5月5日(金・祝)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。その公開に先駆け、『帰れない山』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『帰れない山』の作品情報


(C)2022 WILDSIDE S.R.L. – RUFUS BV – MENUETTO BV –PYRAMIDE PRODUCTIONS SAS – VISION DISTRIBUTION S.P.A.

【日本公開】
2023年(イタリア・ベルギー・フランス合作映画)

【監督・脚本】
フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン&シャルロッテ・ファンデルメールシュ

【原作】
『帰れない山』(著:パオロ・コニェッティ 訳:関口英子 新潮クレスト・ブックス)

【撮影】
ルーベン・インペンス

【キャスト】
ルカ・マリネッリ、アレッサンドロ・ボルギ、フィリッポ・ティーミ、エレナ・リエッティほか

【作品概要】
イタリアのパオロ・コニェッティによるベストセラー小説の映画化『帰れない山』。2022年・第75回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した大人の青春映画です。

ビューティフル・ボーイ』(2019)のフェリックス・バン・ヒュルーニンゲン監督と『オーバー・ザ・ブルースカイ』(2012)の脚本家シャルロッテ・ファンデルメールシュが、本作の共同監督・脚本を手がけました。

マーティン・エデン』(2019)のルカ・マリネッリが主人公ピエトロに、『ザ・プレイス 運命の交差点』(2017)のアレッサンドロ・ボルギがブルーノを演じています。

映画『帰れない山』のあらすじ


(C)2022 WILDSIDE S.R.L. – RUFUS BV – MENUETTO BV –PYRAMIDE PRODUCTIONS SAS – VISION DISTRIBUTION S.P.A.

都会育ちで繊細な12歳の少年ピエトロは、山を愛する両親と山麓の小さな村で夏休みの休暇を過ごしていました。

ピエトロは、その村で牛飼いをする、野性味たっぷりの同い年の少年ブルーノに出会います。

まるで対照的な2人でしたが、大自然の中を駆け回り、濃密な時間を過ごし、たちまち親交を深めてゆきます。

ブルーノが十分な教育を受けられないことを心配したピエトロの両親は、彼を町の学校に通わせようと援助を申し出ますが、ブルーノの父が反対し、彼を自分とともに出稼ぎに連れて行きました。

こうしてブルーノも村にいなくなり、ピエトロは味気ない村での毎日を過ごすことになりました。

やがて思春期のピエトロは父親に反抗し、家族や山からも距離を置くようになります。

時は流れ、父の悲報を受けて村に戻ったピエトロは、ブルーノと再会を果たします。

お互いの髭面を皮肉る2人……。

少年期から大人に成長した証を得て、やがて2人の間に以前のような友情が戻って来ました。

スポンサーリンク

映画『帰れない山』の感想と評価


(C)2022 WILDSIDE S.R.L. – RUFUS BV – MENUETTO BV –PYRAMIDE PRODUCTIONS SAS – VISION DISTRIBUTION S.P.A.

幼い頃、山間の村で出会った2人の少年、ピエトロとブルーノ。山を駆けずり回り、川で遊び、牛と戯れて、いつしか2人は固い友情で結ばれていきます。

運命のいたずらで少年期の2人の仲が疎遠になっても、成人して2人が再会を果たすと、何者にも替えがたい親友となりました。

主人公のピエトロは、青春期になると父親との間に確執が生まれ、いつしか家族とも距離を置くようになります。

そんな彼が唯一心を開いた相手が、ブルーノでした。2人の絆を確かめるかのように、少年の頃ブルーノとともに過ごした夏の山での生活が、美しい自然と共に描かれています。

本作の撮影監督は、パルムドール受賞作『TITANE/チタン』(2021)のルーベン・インペンス。大自然の美しさを余すところなく見事なカメラワークが捉え、観る者の心に自然への賛美と憧れを植え付けています

2人の友情とともに繰り広げられる圧巻の映像美は、観客の子どもの頃の冒険心をかきたて、忘れ去った未来への夢すらも思いださせてくれるに違いありません。

雄々しい大自然はいつ見ても変わらないように見えますが、ゆっくりした動きで確実に姿を変えています。その一方で、少年から大人に成長したピエトロとブルーノの友情は、二度と戻らない‟あの頃”のままでした。

自然の中における人類はちっぽけな存在ですが、そんな中でも掛け替えのない友情を育む主人公たちに、いつしか自分の青春期と重ね、切ないほど懐かしい思いがこみ上げてくることでしょう。

まとめ

国際的ベストセラー小説を映画化した『帰れない山』をご紹介しました。

美しく雄大な北イタリアのモンテ・ローザ山麗を舞台に、都会育ちのピエトロと牛飼いのブルーノという、正反対の2人の男たちの友情とその半生を描いています。

「何者にもなれない」と人生に悩むピエトロに、「やりたいことをやればいい。人生は挑戦だ」と励ますブルーノ

美しい山並みを背景に、対照的な2人の生き様が交錯します。

ストーリーも意義深いものですが、自然の美しさを絶妙に切り取って映像に散りばめた撮影監督のルーベン・インペンスの手腕にも注目です。

映画『帰れない山』は2023年5月5日(金・祝)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

男たちの友情と大自然の美しさを存分にお楽しみください。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

映画『猿楽町で会いましょう』感想レビューと評価。金子大地と石川瑠華の切実な表情と姿態で見せた“現在の若者”|TIFF2019リポート32

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『猿楽町で会いましょう』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの …

連載コラム

全裸監督2|8話ネタバレあらすじ感想と結末解説。ラストは渋谷のど真ん中でAV撮影!シーズン2の見どころ考察

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介 2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV …

連載コラム

【イカゲーム7話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。最後の目的がVIPたち鑑賞の第5「死の飛び石渡り」ゲームで明らかになる⁈|イカゲーム攻略読本7

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 7 2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。 生活に困窮した人々が賞金4 …

連載コラム

【ネタバレ映画】ヘル・フィールド ナチスの戦城|あらすじ感想と結末評価解説。ラストのどんでん返しをも破壊する“真実の呪い”とは|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー76

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第76回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『淪落の人』感想レビューと評価。話題の泣ける感動ドラマが描いた”真の幸福”とは⁈|銀幕の月光遊戯 57

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第57回 香港映画『淪落の人』が全国順次公開中! 不運に見舞われ失意の中にいる2人が出会い、互いの人生でかけがえのない存在となっていく姿を、新鋭・オリヴァー・チャンが温かい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学