Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/12
Update

映画『狂猿』感想評価とレビュー解説。“デスマッチのカリスマ”葛西純の最強の人生の作り方|映画道シカミミ見聞録56

  • Writer :
  • 森田悠介

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第56回

こんにちは、森田です。

今回は、2021年5月28日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開されるドキュメンタリー映画『狂猿』を紹介いたします。

カリスマレスラー葛西純の「背中」とデスマッチ特有の「痛み」が、格差社会に苦しむ人々に対して、また、コロナ禍にあえぐ社会に対して与える「希望」をみていきます。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『狂猿』のあらすじ


(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

本作は、“クレイジー・モンキー”の異名で国内外の人気を博すプロレスラー・葛西純の軌跡を追い、負傷による長期欠場からコロナ禍における復帰興行に挑んだ約1年間の闘いをたどりながら、過酷なリングもありのままに記録した日本初のデスマッチ・ドキュメンタリーです。

血塗られた試合や人気レスラーたちのインタビューをとおして浮かび上がるのは、葛西の際立つ個性、圧倒的なセンス、そして稀代のエンターテイナーとしての魅力です。

そのすべてが“傷だらけの背中”に刻まれており、葛西の生き様からリング外にも伝わってくる普遍的なメッセージを受け取るには、文字どおり背中が語りかけるもの、すなわち「痛み」に耳を傾ける必要があります。

そのためにまず、デスマッチの特徴を確認していきましょう。

ホームセンター=武器庫


(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

読んで字のごとく、それは“死闘”です。

蛍光灯、画鋲、カミソリなど、ホームセンターにあるもの全部が武器になります。

作中では、あくまで比喩として“普通のプロレスが漫才であれば、デスマッチはコントである”という発言も紹介され、まさに多種多様なアイテムが使用可能であることをよく言い表しています。

ガチンコ勝負の「セメント」や「シュート」とも異なり、「どんな痛めつけ方をしてやろうか」と飽くなき闘争心を燃やすデスマッチは、リアル版『アウトレイジ』(2010-17)ともいえ、見慣れない方は同作の残虐性と表裏一体の快感をイメージしてみてください。

その舞台に長年肉体を酷使しつづけてきた葛西が立つことは、映画『レスラー』(2008)でミッキー・ロークがさらけ出した痛ましい輝きに重なるところがあります。

ではつぎに、葛西その人の実存に触れていきます。

スポンサーリンク

痛みの伝わるプロレス

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

戦線離脱からはじまる本作は、その多くを葛西の日常生活を映し出すことに費やされます。

葛西自身も“父親としての実績も残したい”と素直に語り、妻と買い物に行ったり、娘と息子を思いやったりする姿を隠そうとしません。

このギャップは『お父さんのバックドロップ』(2004)や、『パパはわるものチャンピオン』(2018)で描かれた家族への愛にも似ています。

後輩のレスラーに言わせれば、“こんな大人になりたい”と思わせるほどの常識人。そんな葛西がデスマッチの舞台を選んだ理由にも、父親の存在がありました。

父の影響で、幼いころからプロレス好きだった葛西。しかし、“あれは当たってない”などという父のコメントに嫌気がさし、それならば「痛みの伝わるプロレス」をしてやろうとデスマッチ団体に入門しました。

プロレスにどんな物言いがつこうが、そこで流れる真っ赤な血に嘘はありません。

コロナを忘れさせる興行


(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

デスマッチのレジェンド・松永光弘は、新世代の葛西の台頭を“演出”“最高傑作”“完成”という言葉をもって表現していきます。

人々の感動に嘘がないように、デスマッチはある種の真実を提示してみせます。

これはコロナ禍においてよりいっそう重要な意味をもちます。

葛西は万難を排してどうにか開催までこぎつけた欠場明けの興行で、肩を落とします。

ガイドラインに則って声援ではなく拍手を送る観客をみて、コロナを忘れるほど興奮させることができなかった自分を悔やんだのです。

ここから「コロナを忘れさせる興行」が目標となっていきます。

感染者数も医療状況も大変な惨状を呈していますが、メディアでさまざま言説やパフォーマンスが飛び交うことで、むしろ「切実な痛み」が見えにくくなっているのではないでしょうか。

相手に負けない、自分に負けない、コロナに負けないとはあらゆる闘いの場面で聞こえる声ですが、社会を覆う「痛みの雰囲気」を興行で打ち破れるのは、デスマッチしかないでしょう。

それは逆説的に、コロナ時代に生々しく、赤裸々な「痛みの感覚」を呼び起こせる唯一無二の舞台ともなります。

彼らにとって当たり前のプロレスをすることの意義に思い当たったとき、気持ちが戻らないと嘆いていた葛西は復活を果たします。

そして、若き王者に挑戦状を送りつけました。

スポンサーリンク

“負け組”へのメッセージ


(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

ドキュメンタリーですので試合結果はもう判明していることですが、葛西は激闘の末に敗れました。

相手の強さを認める一方で、葛西は“負けたが、越えられてはいない”とカメラに向かって述べます。

これはじつに示唆に富んだ言葉です。勝ち負けとは別の価値があることを教えてくれます。

そもそも、王者に挑んだのは“チャンピオンとしての振る舞いがない”ことに疑問を抱いたからでした。

振る舞いとは、リング外の生き様を問うものでしょう。観客は単なる力比べを見に来ているのではない。後輩も先輩の背中に傷跡以上の期待を見いだそうとしている。

力だけでは乗り越えられない壁があること、あるいは逆に「負けても乗り越えられない生き方」があることは、勝ち組・負け組と安易に分けたがる世間の風潮を痛烈に批判する価値観になります。

最狂=最強の人生


(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

葛西の背中は、格差社会やコロナ社会を生きる術を語りかけるものでした。

46才の誕生日を“レベル46”になったと喜んでみせ、死ぬ直前に全盛期を迎えようとする男。

私たちも学校や仕事での勝敗を越えて、決して乗り越えられることのない固有の人生を生きているのだと勇気づけられます。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『必殺!恐竜神父』ネタバレあらすじ結末と感想考察。アーメンダブツな忍者はトンデモZ級ムービー⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー54

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第54回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『来る』解説。中島哲也と岡田准一の新境地を日本ホラー観点から解く|SF恐怖映画という名の観覧車26

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile026 『リング』(1998)や『着信アリ』(2003)など、和製ホラーはハリウッドでもリメイクされ、世界でも人気のジャンルの1つです。 「音」 …

連載コラム

映画『れいこいるか』感想評価と考察解説。タイトルが意味深い⁉︎阪神淡路大震災で一人娘を亡くした夫婦の物語|銀幕の月光遊戯 66

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第66回 映画『れいこいるか』は、2020年8月8日(土)より、新宿 K’sシネマ、シネ・ヌーヴォ(大阪)、元町映画館(神戸)ほかにて全国順次公開されます。 映 …

連載コラム

『チェリー・レイン7番地』あらすじと感想レビュー。映画監督ヨン・ファンが反英デモで揺れる香港を甘美な映像で描く【ティーチイン収録】|TIFF2019リポート6

第32回東京国際映画祭・ワールドフォーカス上映作品『チェリー・レイン7番地』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5 …

連載コラム

《最強ホラー映画監督》ルチオ・フルチおすすめランキンング1位は?隠れた名作スプラッターはグロとゾンビの祭典【増田健ホラーセレクション】

ショック!残酷!意味不明!ルチオ・フルチの怪作映画ベストランキング5選。 残酷描写で名高いゾンビ物など強烈なスプラッター映画を手がけ、今もホラー・ファンの心を掴んで放さなぬ人物、“ホラー映画のマエスト …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学