Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/31
Update

映画『狂猿』公開日/上映館/予告動画/内容解説。プロレスラー葛西純の“現在”をとらえたドキュメンタリー

  • Writer :
  • 石井夏子

デスマッチのカリスマ葛西純の揺れ動く一年と壮絶な半生を追う。

デスマッチのカリスマと呼ばれ、国内外における知名度・人気・カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー“葛西純”。

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

葛西純に密着した本邦初のデスマッチ・ドキュメンタリー映画『狂猿(きょうえん)』が、2021年5月28日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにてロードショーとなります。

この度、『狂猿』の予告編&ポスター&チラシ&場面写真が一挙解禁されました。

スポンサーリンク

映画『狂猿』について

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

デスマッチのカリスマと呼ばれ国内外における知名度・人気・カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー“葛西純”。

本作は、デスマッチにかけた半生、半年にわたる長期欠場からコロナ禍における未曾有の事態の中リングへの復帰を一年にわたり葛西に密着した、本邦初のデスマッチ・ドキュメンタリーです。

過去の試合映像に加えて、しのぎを削ってきたデスマッチファイターたちも登場

ライバル的存在の伊東竜二(大日本プロレス)をはじめ、佐々木貴(FREEDOMS)、竹田誠志、そして葛西と練習生時代を共に過ごした本間朋晃、藤田ミノル。

さらに“ミスターデンジャー”松永光弘や、大日本プロレス代表の登坂栄児も貴重な証言を披露します。

監督を務めたのは、『THE COLLECTORS ~さらば青春の新宿 JAM~』(2018) など、先鋭的な音楽ドキュメント作品で注目を集める俊英、川口潤

蛍光灯が爆散するリングサイドでカメラを構え続け、音楽的感性で切り取られた臨場感たっぷりの試合映像は究極の没入感を生み、観客をデスマッチの最前線に送り込みます。

プロレスラー“葛西純”とは?

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

本作の主人公となる葛西純(かさい・じゅん)は、1974年9月9日生まれ。北海道出身。プロレスリングFREEDOMS所属のプロレスラー

1998年8月23日にデビューを果たしました。

プロレスラーのなかでも、ごく一部の選手しか足を踏み入れないデスマッチの世界で2000年代からデスマッチシーンを席巻。

現在に至るまでトップの座に君臨、国内のみならず海外での圧倒的な知名度を誇り「デスマッチのカリスマ」と呼ばれています。

2009年には東京スポーツ新聞社が毎年12月に発表する日本プロレス大賞で、インディーズであり、またデスマッチ形式の試合にも関わらず、永遠のライバル伊東竜二との激闘がベストバウトに選出されるなど数々の伝説を打ち立てています。

称はデスマッチのカリスマ、愛称は狂猿(クレイジー・モンキー)

スポンサーリンク

映画『狂猿』予告編動画


予告編では、デスマッチ界のカリスマとして君臨する葛西純の栄光が映し出されます。

そして、肉体の限界を感じながら模索する最中、コロナ禍が世界を襲い、そんななか心境の変化が起きてゆく様子がダイジェストとして描かれました。

映画『狂猿』ポスタービジュアルとチラシビジュアル

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

冒頭に掲載したポスタービジュアルは、現在の葛西純を写真家・中河原理英が真正面から捉えた完全撮り下ろしの大胆な一枚。

チラシビジュアルは写真家・岸田哲平によるコロナ禍以降に開催された死闘を捉えた激しい一枚

葛西純の静と動を表す特別なデザインとなっています。

スポンサーリンク

映画『狂猿』の作品情報

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
川口潤

【キャスト】
葛西純、佐々木貴、藤田ミノル、本間朋晃、伊藤竜二、ダニー・ハボック、竹田誠志、杉浦透、佐久田俊行、登坂栄児、松永光弘

映画『狂猿』のあらすじ

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

割れた蛍光灯に囲まれ、カミソリが突き刺さり、ガラスボードが飛び散る過酷なデスマッチの世界で「カリスマ」と称されるプロレスラー、葛西純。

全身には無数の傷が刻まれ、6メートルの高さから身ひとつで飛び込む「バルコニーダイブ」などのスーサイダルな大技を繰り出し続けた結果、その肉体は限界を迎えつつありました。

2019年のクリスマス、葛西はついに長期欠場を余儀なくされます。

カメラは復帰に向けてトレーニングを積み、新たなる刺激を求め続ける葛西純に密着。

過去のレアな試合映像に加えて、しのぎを削ってきたデスマッチファイターたちも登場し、貴重な証言を披露します。

葛西純は、デスマッチを通して何を伝えようとしているのか。傷だらけの背中は何を語りかけるか。

デスマッチに狂った猿と、その生き様に人生を狂わされてしまった者たちの饗宴が幕を開けます。

まとめ

(C)2021 Jun Kasai Movie Project.

葛西純、46歳。職業=デスマッチファイター。

本作『狂猿』は、葛西純を中心に、文字通りの血と汗を流しながら闘い続けるプロレスラーたちの姿を追った本邦初のデスマッチドキュメンタリーです。

ドキュメンタリー映画『狂猿』は、2021年5月28日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにてロードショー、以降順次公開となっています。


関連記事

新作映画ニュース

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

映画『痛くない死に方』クランクイン! 現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤 …

新作映画ニュース

劇場版『本気のしるし』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌ映画祭2020に選出されたドラマが上映決定!

メ~テレほかで放送されて大反響を呼んだドラマが再編集され劇場公開。 この度、『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督が初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ『本気のしるし』(星里もちる/小学館、英題: …

新作映画ニュース

映画『金の糸』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ジョージア映画界の女性監督ラナ・ゴゴベリゼが91歳にして27年ぶりの新作公開!

ジョージアの伝説的女性監督ラナ・ゴゴベリゼ最新作 過去との和解をテーマに、ジョージア激動の時代を生きた女性作家とその人生に関わった人々を、 日本の“金継ぎ”に着想を得て描く『OKROS DZAPI(英 …

新作映画ニュース

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』あらすじとキャスト。美少女の復讐劇がカリコレ2019にて公開!

“永遠の美少女”オリヴィア・ハッセーの愛娘インディア・アイズリー主演! 凄惨にして官能的。美しくも悲しい、ガール・リベンジ・スリラーが日本公開。 ©2017 ACE IN THE HOLE PRODU …

新作映画ニュース

2021年本命最恐ホラー映画『レリック-遺物-』の核心が明かされる!日本版予告編動画をYouTubeで見る

ゴッサム賞作品賞ノミネート、ナショナル・ボード・オブ・レビュー トップ10インディペンデント映画。 全米興収ランキング3週連続第1位。2020年の映画賞を席巻した年間No.1ホラー、恐怖の核心が明らか …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学