Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/10
Update

ティモシーシャラメ映画『キング』あらすじとキャスト。公開日は10月25日でNetflixに先駆けアップリンクにて上映

  • Writer :
  • 石井夏子

ティモシー・シャラメが英ヘンリー5世に!

第76回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門でワールド・プレミア上映された、ティモテ・シャラメ主演、ジョエル・エドガートン、ジョーン・ハリス、リリー=ローズ・デップ、ロバート・パティンソン、ベン・メンデルソーン他豪華キャスト出演のNetflix 配給作品『キング』が2019年11月1日(金)から配信されます。

配信に1週間先駆けて、2019年10月25日(金)よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかにて劇場公開されると発表されました。

スポンサーリンク

映画『キング』について

映画『キング』はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『ヘンリー五世』にインスパイアされたストーリーで、英国王である父の死後、王位を継承したハルの物語が描かれます。

自由気ままな王子が、宮廷の問題や戦争、混乱の時代を経験しながら、国王としてたくましく成長していきます。

ハルこと若き日のヘンリー5世をティモシー・シャラメが演じ、ロバート・パティンソンがヘンリーと対立するフランスの王太子に扮しました。

また、ヘンリー4世役にベン・メンデルソーン、フランスの王女キャサリン役としてリリー・ローズ・デップが出演しています。

ともにオーストラリア出身のジョエル・エドガートンとデヴィッド・ミショッドは、いままでにも共同で脚本を執筆しており、『奪還者』(2014)にはロバート・パティンソンが出演したことも。

さらにデヴィッドが監督・脚本を担当した『アニマル・キングダム』(2010)には・メンデルソーンが主演しています。

主演のティモシー・シャラメのプロフィール

参考:ティモシー・シャラメのインスタグラム

ティモシー・シャラメ(Timothee Chalamet)は1995年12月27日生まれ、アメリカ・ニューヨーク出身

フランス人の父親と、ユダヤ系アメリカン人の母親のもと、米ニューヨーク・マンハッタンの芸能一家に生まれました。

9歳の頃からCMに出演し、名門ラガーディア高校在学中の17歳のときにTVシリーズ「HOMELAND」などに出演。

高校卒業後、ジェイソン・ライトマン監督作『ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界』(2014)で映画デビューを果たし、クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』(2014)ではマシュー・マコノヒーの息子役を演じ、注目を集めます。

ロバート・レッドフォード製作総指揮、製作スタジオA24のインディペンデント映画『サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』(2015・日本劇場未公開)ではジェームズ・フランコらと並び主役を演じました。

人気を決定づけた『君の名前で僕を呼んで』(2018)でアカデミー賞主演男優賞ノミネート、『レディ・バード』(2018)では主人公が憧れる青年役。

2019年は、日本で出演作が続々と公開されます。

ドラッグに溺れた息子を演じ、第76回ゴールデン・グローブ賞 助演男優賞ノミネートの『ビューティフル・ボーイ』が4月公開、スリリングなひと夏を描いたA24製作の『HOT SUMMER NIGHT ホット・サマー・ナイツ』が8月公開、スコット・クーパー監督の『荒野の誓い』が9月公開、2016年製作の『マイ・ビューティフル・デイズ』が11月1日に公開。

今後の更なる活躍が楽しみな若手実力派俳優です。

スポンサーリンク

映画『キング』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The King

【監督・脚本】
デヴィッド・ミショッド

【共同脚本】
ジョエル・エドガートン

【キャスト】
ティモシー・シャラメ、ロバート・パティンソン、ベン・メンデルソーン、リリー・ローズ・デップ

【作品概要】
監督はデヴィッド・ミショッド、主演はティモシー・シャラメが務めました。

本作はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『ヘンリー五世』を原作としています。

映画『キング』のあらすじ

ハル王子はイングランドの王位継承者であるにも拘わらず、自由気ままな生活を送っていました。

そんなある日、父親であるヘンリー4世が急死してしまい、ハルがヘンリー5世として即位することに。

当時のイングランドは国内外に深刻な対立を抱えており、宮廷内の権力闘争も複雑怪奇な状態に陥っていました。

若きヘンリー5世はそれらに対処していく中で、立派な王へと成長していくのでした。

スポンサーリンク

まとめ

Netflix作品では、第91回アカデミー賞で外国語映画賞、監督賞、撮影賞の3冠を受賞した『ROMA/ローマ』が2018年12月14日より配信され、2019年3月9日より全国のイオンシネマで公開された後、3月21日よりアップリンク渋谷・吉祥寺で上映されました。

配信で観た観客にも映画館でも観たいと支持された結果、アップリンクでは6ヵ月のロングランとなりました。

本作『キング』はそれに続く劇場公開となります。

映画『キング』はNetflix配信に先駆け、アップリンク渋谷・吉祥寺にて10月25日(金)より劇場公開決定です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『マシュー・ボーンIN CINEMA/ロミオとジュリエット』あらすじ/キャスト/公開日。バレエでシェイクスピアの古典を新たに描く!

英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーン×シェイクスピア ミレニアル世代の『ロミオとジュリエット』誕生。 スワン役を全て男性が躍る新解釈版『白鳥の湖』でバレエ興行記録を塗り替え、ローレンス・オリヴィエ賞、ト …

新作映画ニュース

陽月華映画『かぞくわり』あらすじとキャスト。劇場公開の初日舞台挨拶リポート

奈良を舞台にした家族と歴史ファンタジーが融合を見せた映画『かぞくわり』は2019年1月19日より有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原ほか全国順次ロードショー。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのオオバカナコ役は玉城ティナ。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『こちらあみ子』あらすじ。キャストは井浦新と尾野真千子で今村夏子のデビュー作を映像化!

令和初の芥川賞作家・今村夏子の衝撃デビュー作を映画化! 『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子のデビュー作で、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞を受賞した『こちらあみ子』の …

新作映画ニュース

映画『クローゼット(2020)』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話をもとに現代日本の孤独を描く人間ドラマ

ソーシャルディスタンス時代の今だからこそ。 孤独を抱え、SOSを出せない大人たちの必見ドラマ。 若い女性が歌舞伎町のビルで飛び降り自殺した実話をもとに、「日本駆け込み寺」や毎日聞記者等に綿密な取材を重 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学