Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/02/19
Update

映画『ROMAローマ』ネタバレあらすじと感想。キュアロン監督の幼き頃に接した家政婦に捧げた傑作

  • Writer :
  • 西川ちょり

Netflix配信の映画『ROMA/ローマ』

『ゼロ・グラビティ』から5年…。

メキシコ出身のアルフォンソ・キュアロン監督が発表した『ROMA/ローマ』は既に世界中で絶賛され、賞レースを賑わせています。

Netflix映画『ROMA/ローマ』とは一体どのような作品なのか。

人々をこれほど熱狂させるものは何なのか?!その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

映画『ROMA/ローマ』の作品情報

【公開】
2019年公開(Netflixにて配信)メキシコ・アメリカ合作映画

【原題】
ROMA

【監督】
アルフォンソ・キュアロン

【キャスト】
ヤリッツァ・アパリシオ、マリーナ・デ・タビラ、マルコ・グラフ、ダニエラ・デメサ、カルロス・ペラルタ、ナンシー・ガルシア、ディエゴ・コルティナ・アウトレイ

【作品概要】
『天国の口、終りの楽園。』(2001)『トゥモロー・ワールド』(2006)、『ゼロ・グラビティ』(2013)などで知られるメキシコ出身の映画監督、アルフォンソ・キュアロン監督が、かつてメキシコシティ近郊のコロニア・ローマに住んでいた頃の自身の思い出をモノクロ映像で綴った半自伝的作品。

第75回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で最高賞である金獅子賞を獲得。

第76回ゴールデングローブ賞では外国語映画賞と監督賞を受賞。第24回放送映画批評家協会賞では作品賞、監督賞を受賞。2019英国アカデミー賞 -BAFTA-では作品賞、監督賞、外国語作品賞を受賞している。

映画『ROMA/ローマ』のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナル映画「ROMA ローマ」

1970年、クレオはメキシコシティのコロニア・ローマで住み込みの家政婦として働いていました。

雇い主の一家は、医者であるアントニオとその妻ソフィア、4人の幼い子どもたちとソフィアの母のテレサで、クレオはもうひとりの家政婦アデラとともに毎日家の人の世話に明け暮れていました。

朝早く起きて、洗濯ものを干し、子どもたちを起こしてまわり、朝食の準備をします。

家族が出かけると、部屋の片付けや掃除をし、昼過ぎには一番幼い三男のお迎えも。夜は一家が寝静まるのを待って、部屋を消灯してまわり、やっと自分の部屋に戻って休むという毎日です。

子どもたちはクレオによく懐いていて、彼女も子どもたちをかわいがっていました。

医者であるアントニオはカナダのケベックでの会議から一時的に戻ってきますが、またすぐに出かけることになりました。

ソフィアはそんなアントニオを背中からぎゅっと抱きしめました。「すぐに戻ってくる」と夫は言いますが、二人の間には既に大きな溝が出来ていました。

休暇をもらったクレオとアデラは街で食事をし、ボーイフレンドのラモンとフェルミンと落ち合いました。

アデラとラモンは映画館に行きましたが、二人は行かず、部屋を借りました。フェルミンは全裸姿で武術の型を披露しました。

母を早く亡くし、スラムで荒れた生活をしていた自分を武術が救ってくれたと彼は告白します。「世界が変わった。君の目のようにはっきり」

後日、映画館の一番うしろの席に座り、クレオとフェルミンはキスを交わしていましたが、クレオが妊娠したことを告げると、フェルミンはトイレに立ち、そのまま姿を消してしまいました。

クレオはソフィアに妊娠のことを相談します。「首ですか?」と不安そうに尋ねるクレオに「首?そんなことはしないわ。でも一度診察してみなくてはね」とソフィアは応えました。

ソフィアの運転で病院に行き、診察を受けたクレオは妊娠三ヶ月であることを告げられます。そのことをソフィアに伝えると、「三階に新生児室があるから見てくれば?」と言われます。

新生児室の前には妹の誕生を喜ぶ幼い女の子の姿がありました。その時、激しい揺れを感じます。地震でした。まもなくおさまりましたが、クレオは低出生体重児の赤ちゃんに目が釘付けとなっていました。

ソフィアは、子どもたちとクレオを連れて、新年を迎えるために、親戚のアジェンダへ向かいました。

昼間の野外パーティーでは大人たちがピストルを盛んに撃ち、夜は夜で賑やかなどんちゃん騒ぎが繰り広げられました。

この家の家政婦がクレオを誘い、酒場に連れて行ってくれましたが、酒を飲もうとしたところ、フロアで踊っていた男女が激しくぶつかってきて、グラスは吹っ飛んで割れてしまいました。

屋敷に戻ってきたクレオは腰に手を回そうとした男をソフィアが撃退しているのを目撃します。

「必要じゃないかと思ってね。色気も何もあったもんじゃない」と男は憎まれ口を叩いて去っていきましたが、アントニオとソフィアが不仲であることが皆に伝わっているようでした。

その夜、山火事が起こり、山に駆けつけた大人も子供も、消火活動に励みますが、それはどことなく馬鹿騒ぎの続きのような光景でした。

一家は街にもどりますが、アントニオは家に戻ってきません。ソフィアが電話でそのことを話していると、次男が立ち聞きしていました。

ソフィアは思わず、息子の頬を打ちますが、すぐに「ごめんね」と抱きしめます。立ち聞きをやめさせなかったとクレオが責められました。他の兄弟には内緒にしておいてほしいとソフィアは息子に約束させます。

クレオはフェルミンが武術訓練場にいると聞き、ラモンに頼んで車で送ってもらいますが、ようやく会えたフェルミンは、赤ん坊の父親が自分であることを認めようとせず、二度と会いに来るなと暴力的な振る舞いをするのでした。

出産予定日が近づいてきたクレオはテレサに連れられて家具屋にやってきました。通りには政府に抗議する学生たちが集まってきていて、道路には大勢の警官たちが配備されていました。

ベビーベッドを見せてもらっていたとき、突然外が騒がしくなり、窓際によってみると学生たちが襲われ、逃げ惑う姿が見えました。

店の中にも一組のカップルが逃げ込んできました。4,5人の銃を持った男があとを追いかけてきて、男性を射殺します。

銃を持った男たちの中にフェルミンがいました。クレオと目のあったフェルミンは立ち尽くしますが、仲間に呼ばれて立ち去ります。

恐怖で棒立ちになったテレサの隣でクレオは破水してしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ROMA/ローマ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ROMA/ローマ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

まだ銃弾が飛び交う道路に出て車に乗り込むと病院へ急ぎますが、道路は渋滞しており、まったく前に進みません。

ようやく病院にたどり着き、車椅子で運ばれますが、苦しんだ末、子供は死産でした。「抱きますか?」と尋ねられたクレオはその小さな亡骸を抱いたまま、なかなか離そうとしませんでした。

医者は彼女から赤ん坊を取り上げると、彼女が見ている前で、赤ん坊を白い布でくるんでいきました。

ソフィアは家のガレージに駐めるには大きすぎたギャラクシーを売却し、小型の新車を購入しました。

ギャラクシーが引き取られる前に家族旅行に行こうとソフィアは子どもたちに提案し、クレオも一緒に行こうと誘います。

首を振るクレオに子どもたちも一緒に行こうよと誘い、アデラも「行っておいで。家のことはやっておくから」と笑顔で言い、クレオは旅行に行くことを承知します。

ビーチで遊び、ホテルにチェックインしますが、子どもたちは日焼けがひどく、処置する際、痛さで悲鳴をあげました。

食事中、ソフィアは、父親はもう家に戻らないこと、自分の必要なものを取りに来るというので、旅行に来たことを告げます。

悲しむ子どもたちにソフィアは笑顔を向け「変化はあるけど私達は一緒よ、みんなで支え合いましょう。これも冒険よ」と言い聞かせます。

野外でアイスクリームを食べながらしんみりしている家族の横では結婚式が行われていました。陽気な音楽と歓声が響き渡っていました。

翌日、再びビーチにやってきた一家。ソフィアが車の点検に行くといいますが、長男を除く子どもたちはここに残りたいと言い張ります。

波打ち際にいるだけならと子供に言い聞かせ、すぐに戻るからとクレオに声をかけるとソフィアは長男と一緒に立ち去りました。

クレオは三男の体を拭いてやるため、いったん波打ち際から離れますが、波が荒くなり、子どもたちがどんどん沖へと離れていく様子を見てあわてて走っていきます。

泳げない彼女でしたが、海にはいっていき、二人の子供を探して押し寄せる波の間を進み続けました。最初に次男、次に長女が見つかって、なんとか浜辺に戻ってきた3人。

そこへ戻ってきた長男と母が駆けつけます。

「クレオが助けてくれた」と長女がいい母は「ありがとう!」とクレオに感謝しますが、クレオの口から出てきた言葉は死んだ我が子への悔恨の言葉でした。

「生まれてきてほしくなかったの」と涙を流しながら言うクレオにソフィアは「私たちクレオが大好きよ」と繰り返すのでした。

うちに戻った一家は本棚が全て取り払われた家を見ます。父の部屋が空いて、子どもたちの部屋も入れ替えられていました。

「楽しかった?」とアデラに尋ねられたクレオは「よかった」と応えました。彼女は自分の荷物を置きに階段を上がっていきました。

すぐに家の仕事が彼女を待っているのでした。

スポンサーリンク

映画『ROMA/ローマ』の感想と評価


Netflixオリジナル映画「ROMA ローマ」

タイトルのROMAとは、メキシコシティのコロニア・ローマを指しています。

本作は1970年代、その地で少年時代を過ごしたアルフォンソ・キュアロン監督の思い出を描いた半自伝的作品で、中流階級の白人一家とそこに住み込んで家政婦として働くクレオという女性の日常が綴られていきます。

冒頭、床のタイルが画面に映し出されています。やがてそこに水が流れ始めます。泡と混じって、何度も流れる水はまるで打ち寄せる波のようですが、水が溜まったことでそこに鏡が出来て、上空の景色が映り込み、小さな小さな飛行機が通り過ぎていくのが見えます。

なんと鮮やかで繊細で驚くべき映像でしょうか。全編モノクロで撮られた映像はコントラストが鮮やかで、映画とは光と影が織りなす産物であることを改めて確認させられます。

また、終盤、旅行先から戻る車中、車の後部座席に座っているクレオが窓越しに外を見ている姿をカメラは車の外から映しています。窓ガラスに映った風景が彼女と混じり合って、通過していきますが、途中、空の景色が写り込んで、雲の流れが彼女とオーバーラップするというある意味壮大な風景を観ることができます。

人間の生活は宇宙と一体であると言わんばかりに、鮮やかな光と、空気までが、そこから立ち込めてくるかのようです。

撮影はアルフォンソ・キュアロン自身が担当しており、登場人物から一定の距離を置いて、右へ左へと移動しながら終始長回しで撮っています。

家族が寝静まったあと、家の消灯をクレオが行っていく場面では、カメラは彼女の動きを追って360度回転してみせます。

1970年代のメキシコシティを再現するプロダクションデザインも見事としかいいようがなく、カメラは、街の歩道を走って行くクレオと並走して横移動します。

クレオが走っている場面は、家政婦仲間アデラと一緒に競争している場面でも、アジェンダで身重の身でいくつもの荷物を運んでいるシーンでも快活さに溢れています。

家具屋に行く際の横移動では手前にデモの警備に配置されている警官たちを置いて、クレオたちは画面奥を歩いています。

家具屋に入ったあと、外が俄然騒がしくなり、カメラはゆっくり右手にパンして、窓の外で暴動が起きているのを映し出します。カメラはずっと端の窓までパンするのをやめず、最後にクレオとテレサがフレームインしてきます。

これは1971年のコーパスクリスティの大虐殺を描いた場面で、抗議に駆けつけた大学生たちが政府側に雇われた暴力集団に襲われ100人以上が死亡した事件です。

圧倒的な映像と言わずにいられません。個人の思い出、個人史といっても、社会的な事柄と無縁ではいられません。

映画は極めてパーソナルなものでありながら、一般的な普遍性を宿し、彼女たちの痛みを自分の痛みとして感じさせる力を持っています。

このあとクレオが破水して、病院への長い距離を、手術室での分娩までの時間を、ある意味、執拗に描写していきます。

まるでクレオと一体化を試みたように、省略を嫌い、彼女とともに試練を体験するかのごとく彼女に寄り添うのです。

まとめ


Netflixオリジナル映画「ROMA ローマ」

クレオは、アルフォンソ・キュアロンの幼少時に彼を育ててくれた家政婦がモデルであり、映画はその女性に捧げられています。

ここでは男たちは皆、大切なものから目をそらし、逃げ出しています。雇い主のアントニオは、家庭から逃走し、生活費すら振り込みません。

クレオのお腹の子の父親であるフェルミンはそのことを認めず、武術に救われたといいながら、実態は政府のお抱え暴力組織に属しているのです(彼は、オリンピックのために武術を学んでいるとクレオには語っていました)。

浮ついた男たちに対していつでも根底のところで踏ん張り、大切なものを守っているのは女たちなのです。

夫を失うことへの不安でいっぱいだった母親が、ある日、吹っ切れたように新車を購入し、子どもたちへ真実を告げ、出版社で正社員として働くことを報告します。

「これも冒険よ」と語る彼女は、実際は不安だらけのはずです。しかし一方で、“冒険”という言葉が持つワクワク感を彼女は少なからず感じているのです。

新しい人生への不安と期待に満ちた母親の表情は、強がりとは違う晴れやかさが宿っています。

「私達は一緒よ」という母親の言葉が具体的な映像となるクライマックス。安堵と感謝と悔恨がごったになった感情の渦の中で確かに確認できた絆の瞬間を映画は光で讃えています。

クレオを演じたヤリッツァ・アパリシオを筆頭に、ほぼ無名の俳優が素晴らしい姿を見せてくれます。

カンヌでの受賞も、多くの映画祭へのノミネート、受賞も納得の大傑作と言ってよいでしょう。

『ROMA/ローマ』はNetflixにて配信されています。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』高城さつき役は伊藤歩(あゆみ)。プロフィールと演技力の評価

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。 監督を務めるのは、期待の新鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『キングス・オブ・サマー』あらすじと感想レビュー。上映情報も

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

アリーキャットのあらすじとキャスト!KJ降谷建志の演技力は?

(C)2017「アリーキャット」製作委員会 野良猫(alley cat)のように街の片隅でひっそり生きる男たちの再生の物語…。 「窪塚洋介 × 降谷建志(Dragon Ash)」が初タッグを組んだ記念 …

ヒューマンドラマ映画

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

常に弱い立場の人に寄り添い、数々の名作を生み出してきたイギリスの名匠ケン・ローチ監督が、引退宣言を覆し、撮ったのがこの作品です。 彼が見過ごすわけにいかなかった問題とはどのようなものなのでしょうか。 …

ヒューマンドラマ映画

赤毛のアン映画あらすじ!2017夏の舞台主役は元国民的子役女優!

カナダの小説家ルーシー・モード・モンゴメリの『赤毛のアン』。これまで映画やテレビ、アニメで映像化されれ、現代に引き継がれてきた古典の名作。 今回は、エラ・バレンタインが主演する日本公開2017年5月6 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP