Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

フレデリック・ワイズマン映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』予告編解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今。

巨匠フレデリック・ワイズマンの“町ドキュメンタリー”の傑作。

映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』は、10月中旬、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開です!

この度、ラテン音楽が個性豊かな町を彩る予告編が解禁されました。

公開に先駆けて開催される、ワイズマン監督の特集上映の情報もお届けします。


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

スポンサーリンク

映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の予告編解禁

予告編では、167もの言語が話され、マイノリティが集まり、エスニックな味と多様な音楽があふれる町、ジャクソンハイツの魅力を、町のあちこちから聴こえるラテン音楽とともに垣間見ることができます。

ストリートで演奏しているのは、ラテン・グラミーを受賞したこともある女性マリアッチ・バンドのフロール・デ・トロアチェ。

クラブで熱唱しているのは、NYで人気のあるコロンビア人女性シンガーのルシア・プリードです…。

しかし、本作では町のカラフルな部分だけでなく、その裏で起こりつつある様々な問題を描いています。

再開発により古くからの住民が立ち退きを迫られている事案や、IDを持つことができずに貧困にあえぐ住民たちの姿も収められています。

歴史的に自由と多様性を認めて発展してきたニューヨークの象徴的な町が、アイデンティティの危機にあることも知らされます。


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の作品情報


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ・フランス合作映画)

【原題】
IN JACKSON HEIGHTS

【監督・録音・編集・製作】
フレデリック・ワイズマン

【キャスト】
ニューヨークのジャクソンハイツに暮らす人々

【作品概要】
監督は、1967年の第1作から50年以上のキャリアを持ち、アメリカを代表するドキュメンタリー監督として、世界中から尊敬されている巨匠フレデリック・ワイズマン。

ワイズマン監督の、記念すべき第40作目のドキュメンタリー監督作品。

第81回ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀ノンフィクション映画賞受賞。

第72回ヴェネチア国際映画祭正式上映作。

スポンサーリンク

映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』のあらすじ


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

ニューヨーク市クイーンズ区北西に位置し、世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話される町、ジャクソンハイツ。

エスニックな味と多様な音楽があふれ、ここはニューヨークなのだろうかと聞きたくなるような景色が広がっています。

しかし実は、ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町なのです。


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

教会、モスク、シナゴーグ、レストラン、集会、コイン・ランドリーなどに集う人々や、地域のボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主。

ジャクソンハイツという町のあらゆる場所、あらゆる人に、ワイズマン監督の視線が向けられています。


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

映し出される人々から伝わってくるのは、多様性にあふれた町のアイデンティティーが危機に瀕している様子…。

What is ニューヨーク?What is アメリカ?そんな問いかけも見えてくるドキュメンタリー映画です。


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

フレデリック・ワイズマン監督のプロフィール


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

「現存の最も偉大なドキュメンタリー作家」と称されるフレデリック・ワイズマンは、1930年1月1日ボストンに生まれ、現在88歳です。

イェール大学ロースクール卒業後、陸軍法務部に配属され、除隊後、パリ・ソルボンヌ大学法学部に入学します。

帰国後、ボストン大学ロースクールで教職を得て、シャーリー・クラーク監督作品『クール・ワールド』(1964)をプロデュースしたことから映画に関わるようになります。

1967年、自らの初監督作となるドキュメンタリー『チチカット・フォーリーズ』を発表し、その後、本作『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』までに40作のドキュメンタリーを監督しています。

【主な作品】

『チチカット・フォーリーズ』(1967)*ドキュメンタリー映画初監督作品
『高校』(1968)
『福祉』(1975)
『メイン州ベルファスト』(1999)
『パリ・オペラ座のすべて』(2009)
『クレイジーホース』(2011)
『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』(2014)など

『セラフィータの日記』と『最後の手紙』の劇映画2本を除けば、ほぼ年に1作のペースでドキュメンタリーを発表し続けています。

【新作】

『エクス・リブリス‐ニューヨーク公共図書館』(仮題/2017)*2019年日本公開予定

『Monrovia, Indiana』(2018)*2018年度ヴェネチア国際映画祭特別招待作

【受賞歴】

2014年 ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(特別功労賞)受賞
2016年 アカデミー賞名誉賞受賞

スポンサーリンク

フレデリック・ワイズマン特集上映 ~“アメリカ”へのまなざし

本作『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の公開に先駆けて、フレデリック・ワイズマン監督の特集上映が行われます。

フレデリック・ワイズマン特集上映 ~“アメリカ”へのまなざし」と題し、渋谷のシアター・イメージフォーラムにて、9月1日(土)~14日(金)まで上映されます。

1930年生まれで現在88歳となり、アメリカを様々な角度から見つめ続けてきたワイズマン監督。

特集上映では、その真骨頂とも言える40作目の『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の公開前に鑑賞するのにふさわしい、アメリカを描いた作品が多数上映されます。

ニューヨークのセントラル・パークに集う人々を写した『セントラル・パーク』、シカゴ郊外の公共住宅に住む貧しい黒人たちの日常を記録した『パブリック・ハウジング』など、全12作品が上映されます。

まとめ


©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

ドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン監督の記念すべき第40作品目『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の予告編が解禁されました。

これまで、『パリ・オペラ座のすべて』や『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』など、舞台やアートに関わる作品のみが日本で劇場公開されてきたワイズマン監督。

本作『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』は、長年にわたりアメリカを観察し、記録し続けてきた監督の傑作、ワイズマン流“町ドキュメンタリー”ということで、期待が高まりますね!

また、本作の公開に先駆けて、9月1日(土)~14日(金)まで、渋谷のシアター・イメージフォーラムにてワイズマン監督の特集上映が開催されます。

2週間限定の上映です!お見逃しなく!

©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

関連記事

新作映画ニュース

【2019年12月6日〜7日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『燕 Yan』あらすじ/キャスト/公開日。水間ロンと山中崇が中国語で演技力を披露!

若きトップカメラマン今村圭佑、映画長編監督デビュー作。 第19回高雄映画祭に正式出品され、第15回大阪アジアン映画祭にて日本初上映された映画『燕 Yan』(読み:つばめ イエン)。 (C)2019「燕 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのキッド役は本郷奏多(かなた)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『透明人間☆田村透』あらすじとキャスト。下北沢トリウッドにて11月16日より2週間限定公開

新たなインディペンデント映画の意欲作が登場! 専門学校東京ビジュアルアーツの実習作品として制作された米山耕太監督の『透明人間☆田村透』。 映画『透明人間☆田村透』 2019年2月のトリウッドでのイベン …

新作映画ニュース

映画『jam』キャストの劇団EXILE。青柳翔×町田啓太×鈴木伸之らメンバーの舞台挨拶リポート

SABU監督、劇団EXILE全員登壇!EXILE HIROよりサプライズもありました! 2018年12月1日(土)初日を迎えた映画『jam』の舞台挨拶が、新宿バルト9で行われました。 スポンサーリンク …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP