Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/23
Update

【音楽映画・ミュージカル】2020年映画ランキングベスト5|感動と涙を誘う音色や歌唱力に心が癒される《シネマダイバー:咲田真菜選》

  • Writer :
  • 咲田真菜

2020年の映画おすすめランキングベスト5
選者:シネマダイバー咲田真菜

2020年はすべての人にとって忘れられない年になったことでしょう。

大変な出来事が多かった中、音楽に救われ、その力を改めて感じた人もいるのではないでしょうか。

「音楽って素晴らしい」という視点で印象に残った映画5つを選びました。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら

スポンサーリンク

第5位『パヴァロッティ 太陽のテノール』

【おすすめポイント】
天才テノール歌手・ルチアーノ・パヴァロッティの人生に迫るドキュメンタリー映画。「ハイC」で知られる奇跡の歌声と、彼の太陽のような笑顔に満ちた作品となっています。

またパヴァロッティとともに音楽を紡いできた仲間たちの貴重な話も満載。オペラ好きはもちろんのこと、音楽を愛するすべての人に観てもらいたい作品です。

第4位『ワイルド・ローズ』

【おすすめポイント】
実在の人物をモデルに生まれた本作の主人公を演じたのは、ジェシー・バックリー。カントリー歌手として成功することを夢見るシングルマザーを熱く演じました。

最大の見どころはジェシー・バックリーのパンチのきいた圧巻の歌声。思わずスタンディングオベーションをしてしまう人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

第3位『キャッツ』

【おすすめポイント】
ミュージカルの金字塔といわれる本作。舞台では表現できない映像ならではの魅力ある作品に仕上がりました。

英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードら、多才な才能が集結し、ジェリクルキャッツたちを演じています。アンドリュー・ロイド=ウェバーの美しい曲とともに「特別な夜の舞踏会」を堪能できる作品です。

第2位『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

【おすすめポイント】
本作はグザヴィエ・ドラン監督が少年時代に憧れのスター・レオナルド・ディカプリオに手紙を書いた実体験をもとに誕生した物語です。

音楽をテーマにした作品ではないのですが、オープニング曲「Rolling in the Deep」がとても印象に残ります。音楽を上手く使うことに定評があるドラン監督の手腕をこの作品でも存分に堪能することができます。

スポンサーリンク

第1位 ザ・プロム

【おすすめポイント】
メリル・ストリープとニコール・キッドマンの共演が話題となった本作。同性カップルの女子高生をめぐる物語に落ち目のブロードウェイ俳優たちの人生模様が交錯します。

冒頭から「これぞミュージカル」といった華やかなシーンが繰り広げられ、一気に物語の中へ吸い込まれていきます。美しい楽曲も盛りだくさんで、2020年の最後に素敵なミュージカル作品が誕生しました。

2020年注目の監督とキャスト


(C)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
監督賞: グザヴィエ・ドラン
女優賞: アリアナ・デボーズ
男優賞: キット・ハリントン

【コメント】
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』ではグザヴィエ・ドラン監督と主人公を演じたキット・ハリントンに心をグッとつかまれました。2021年にスティーヴン・スピルバーグ監督の『ウエスト・サイド・ストーリー』へ出演するアリアナ・デボーズは、『ザ・プロム』での演技と歌声で期待感が高まりました。

まとめ


Netflix映画「ザ・プロム」

2020年はすべての人にとって試練と我慢の年となりましたが、どんな時も音楽はそばにいてくれました。

映画を盛り上げるためになくてはならない音楽。

来年も素敵な音楽に彩られる映画がたくさん上映されることを願います。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら







関連記事

連載コラム

シネマルシェの連載コラムとライターのご紹介【編集なかじきり】

本日は「編集なかじきり」として、連載コラムについてお話をさせていただきます。 Cinemarcheの新たなアウトプットして、連載コラムをスタートさせたのは6月12日。早いもので、この企画もそろそろ1ヶ …

連載コラム

映画『メッセージマン』あらすじネタバレと感想。ジョン・ウィックと「犬」の酷似性と相違点|未体験ゾーンの映画たち2019見破録46

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第46回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はインドネシアを舞台に、引退したはずの殺し屋が …

連載コラム

宇宙戦隊キュウレンジャーに影響を与えた映画『宇宙からのメッセージ』|邦画特撮大全2

連載コラム「邦画特撮大全」第2章 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved 前回、特撮という技術はほとんどの映画で用いられることを記しました。 しかし特撮が …

連載コラム

ジュラシックワールドとパークの新旧3部作から見える奇妙な類似性|SF恐怖映画という名の観覧車5

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile005 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや、地上波での放送で一般的にも広く知れ渡っているモンスター・パニック映画、「ジュラシック …

連載コラム

映画『ラストバレット』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャンレノの演技力はレオンファン必見|未体験ゾーンの映画たち2020見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第29回 世界各国の様々な映画集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学