Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

エミール・クストリッツァ新作映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』劇場公開!ドキュメンタリーで波乱万丈な人生に密着

  • Writer :
  • 松平光冬

『アンダーグラウンド』のエミール・クストリッツァ監督の最新ドキュメンタリー

“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ

(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

彼の劇的すぎる半生を追ったドキュメンタリー映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』が、2020年3月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開されます。

映画公開に先駆け、ティザービジュアルと場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』について

エミール・クストリッツァ監督(左)とホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領

(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

本作『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』は、『アンダーグラウンド』(1995)、『オン・ザ・ミルキー・ロード』(2016)などで知られる、エミール・クストリッツァ監督によるドキュメンタリーです。

民族や宗教対立が郷を引き裂く悲劇に巻き込まれた旧ユーゴスラビアのサラエヴォで生まれたクストリッツァは、祖国の政治体制を批判した1985年の『パパは、出張中!』で、カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞、一躍注目を浴びます。

さらに、50年にも及ぶユーゴスラビアの混乱の歴史を描いた『アンダーグラウンド』で2度目のパルム・ドールに輝くも、評価をめぐって賛否両論を起こしました。

そんな、名匠と誉れ高いクストリッツアが本作で着目した人物は、“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた、南米ウルグアイ大統領(撮影開始時)のホセ・ムヒカでした。

ホセ・ムヒカとは?


(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

本作の被写体であるホセ・ムヒカは、1950年代中盤から祖国ウルグアイで政治活動にのめり込み、60年代中盤にトゥパマロス人民解放運動に参加し、ゲリラ活動を開始

それにより4回も投獄されたり、6発の銃弾を浴びたりするも、1995年に国会議員となり、ついに2010年にウルグアイ大統領に就任します。

大統領になっても給料の大半を貧しい人々に寄付し、愛車の古いフォルクスワーゲンを自ら運転し、大統領専用機も持たず、農場で質素に暮らすムヒカは、いつしか“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれるように。

2015年の任期満了により大統領を辞任以後も、その清貧ぶりで国民に愛される存在となりました。

またムヒカは、大統領時代に、全世界に先駆けてマリファナの合法化に踏み切ったことも話題を呼びました。

そのマリファナ合法化をコミカルに描いたウルグアイ映画『ハッパGoGo 大統領極秘指令』(2019)では、なんとムヒカ本人もゲスト出演するなど、サービス精神の高さを発揮しています。

スポンサーリンク

映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』の作品情報

(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

【日本公開】
2020年(アルゼンチン・ウルグアイ・セルビア合作映画)

【原題】
El Pepe, Una Vida Suprema

【監督・脚本】
エミール・クストリッツァ

【製作】
ウーゴ・シグマン

【編集】
スベトリク・ミカ・ザイッチ

【キャスト】
ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー

映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』のあらすじ

(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

収入の大半を貧しい人々のために寄付し、職務の合間にはトラクターに乗って農業に勤しむ。

まん丸な体と優しい瞳。風変わりだけど自然体で大統領という重責を担った、南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカ。

そんな彼に興味を示し、憧れる映画監督がいました。

祖国ユーゴスラビアの混沌とした時代と庶民をパワフルに描き、世界三大映画祭で絶賛された名匠エミール・クストリッツァ。

祖国が度重なる悲劇に見舞われたクストリッツアは、自ら中古の自家用車を運転して政務に就くムヒカを、「世界でただ1人腐敗していない政治家だ」と評価。

クストリッツァは、2014年からムヒカの撮影を開始し、大統領としての任期を満了する感動の瞬間までを、カメラに収めました。

スポンサーリンク

まとめ

(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

極貧家庭に育ち、左翼ゲリラとして権力と戦い、13年に及ぶ苛烈な拘留生活を経て、ついには大統領となって国民に愛されたホセ・ムヒカ。

本作『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』は、そんな彼の目に今の世界がどう映っているのかを、反骨心あふれるエミール・クストリッツァ監督がひも解いていきます

波乱万丈の人生が終盤にさしかかったムヒカの言葉に、今こそ耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

ドキュメンタリー映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』は、2020年3月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『PMC:ザ・バンカー』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月28日と決定し場面写真も解禁!

取り残された傭兵(PMC)たちの運命は、たった1人の男に託された―。 朝鮮半島情勢という今の韓国にある危機を題材にしたミリタリー・サバイバル・アクション大作『PMC:ザ・バンカー』。 ⓒ 2018 C …

新作映画ニュース

映画『バスキア、10代最後のとき』あらすじとキャスト。上映トークイベント情報も

ストリートから“アートシーンのスター”へ。20世紀で最も重要なアーティストは、どのように生まれたのか? 没後30年の今、その秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』は、12月22日(土)よりYEB …

新作映画ニュース

映画『レプリカズ』あらすじとキャスト。キアヌ・リーブスが神経科学者役で禁断の領域に踏み込み

映画『レプリカズ』は、2019年5月よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。 「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなど、アクション映画でヒットを飛ばし続ける俳優キアヌ・リーブス。 …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

新作映画ニュース

映画『罪と女王』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。人間の暗い部分を描いたデンマーク代表作!

世界の映画祭を席巻。 人間の暗部を描き出す数々の北欧傑作に続く、新たな衝撃作が誕生。 サンダンス映画祭の観客賞受賞を皮切りに、圧倒的評価でアカデミー賞デンマーク代表作品に決定、そして女性初のデンマーク …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学