Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『轢き逃げ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。水谷サスペンスは人間の複雑な心境に焦点を当てる

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

俳優、水谷豊が『TAP THE LAST SHOW』に続き、監督を務めたサスペンス映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』

轢き逃げ事件を軸に、人間の内面を描いた本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』の作品情報


(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

【公開】
2019年5月10日(日本映画)

【監督・脚本】
水谷豊

【製作総指揮】
早河洋

【キャスト】
中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、毎熊克哉、水谷豊、檀ふみ、岸部一徳

【作品概要】
結婚式を控えた秀一が、親友と起こしたひき逃げ事件を、加害者と被害者、それぞれの視点で描くサスペンス。

主演は、オーディションで選ばれた中山麻聖と石田法嗣、脇を檀ふみ、岸部一徳などの実力派が固めています。

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』あらすじとネタバレ


(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会
結婚式の打ち合わせに向かう為、車を走らせる宗方秀一。

助手席に乗っている親友の森田輝が遅れて来た為、約束の時間から大幅に遅れていました。

焦った秀一は、小道に入り近道をする事にします。

猛スピードで車を走らせる秀一。

ですが、喫茶店「スマイル」の前の小道に出た瞬間、路上に立っていた女性を轢いてしまいます。

路上に倒れ、動かなくなった女性。

秀一は「人生が終わった」と絶望しますが、輝は周囲に目撃者がいない事を確認し、逃げる事を提案します。

秀一は戸惑いますが「ここで終わりにしてはいけない」という、輝の説得に心が動かされ、倒れた女性を放置し、その場から立ち去ります。

結婚式の打ち合わせを終えた秀一、帰宅してテレビを点けると、自身が起こした轢き逃げ事件に関するニュースが流れていました。

放置した女性は死亡、警察の捜査が開始された事を知った秀一は、現実から逃げるようにお酒を飲み続けます。

翌日、秀一は出社しますが、轢き逃げ事件が気になり集中できません。

そんな中、副社長の娘である早苗と結婚する秀一を、周囲は冷やかし、上司は厳しい態度を取ります。

会社に居心地の悪さを感じた秀一は、輝と外で時間を潰し帰宅しました。

次の日は土曜日、日曜日の結婚式の事だけに集中しようとした秀一ですが、差出人不明の封筒が届きます。

封筒には、さまざまな動物の目の写真が貼り付けられた、不気味な紙が入っていました。

同様の紙を受け取った輝が、秀一の部屋を訪ねてきます。

秀一は、不安な気持ちを打ち消すように、独身最後の土曜日を輝と過ごし、思いっきり遊ぶのでした。

そして、秀一と早苗の結婚式当日。

司会を務める輝は、差出人不明の不気味な電報を読み上げます。

電報の内容は「最高の最悪な日にならなければいいですね」という内容でした。

結婚式を終え、早苗と共に休暇を満喫する秀一。

ですが、前田と柳、2人の刑事が秀一を尾行していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『轢き逃げ 最高の最悪な日』ネタバレ・結末の記載がございます。『轢き逃げ 最高の最悪な日』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

早苗と映画を鑑賞し、劇場の外に出た秀一は、前田と柳に警察署まで連行されます。

秀一の運転する車が、喫茶店「スマイル」の小道に入る所が、監視カメラに撮影されていました。

観念した秀一は自らの罪を認め、秀一の証言から輝も連行されます。

大手ゼネコンに勤める、秀一と輝が起こした轢き逃げ事故は、大きく報じられます。

事故により、娘の望を失った時山光央は、自暴自棄な暮らしを送り、妻の時山千鶴子は光央の様子を心配します。

そこへ、前田と柳が事件解決の報告と、望の遺品を届けに訪ねてきます。

しかし、柳は事件当日「何故、望は店休日だった喫茶店の前にいたのか?」が引っかかっており「望の携帯電話を見れば何か分かる」と考えましたが、望の携帯電話が無くなっている事を、光央と千鶴子に伝えます。

光央は柳の話が気になり、望が残した日記に目を通します。

そして、事件当日、望は誰かと会う約束をしていた事を知ります。

光央は、望の友人や知人を独自に訪ね、当日待ち合わせしていた相手を探します。

そして、弁護士との取引により、1週間で留置所から釈放された、輝の前に光央が現れます。

輝は光央に土下座をし、涙を流しながら謝罪しますが、それ以上の事は何も知りませんでした。

光央は柳から「過激な行動は控えるように」と、忠告されますが、喫茶店「スマイル」を訪ね、マスターから望の事を聞きます。

「スマイル」のマスターは、望が過去に2度来店している事と、白いジーンズを履いた男と一緒だった事を伝えます。

そして、光央は望の友人から、轢き逃げ事件が起きる2週間前に、合コンをした事を聞かされ、その時の動画を見せてもらいます。

そこには、白いジーンズを履いた男が映っていました。

光央は、ある住居に侵入します。

その部屋には白いジーンズがあり、目の部分が切り出された動物の本が置いてありました。

そこへ、部屋の居住者が帰って来ます。

懐中電灯で照らされた居住者、そこに立っていたのは輝でした。

光央に襲いかかる輝、取っ組み合った末に、窓から外に落下します。

2度目の逮捕となった輝は、前田と柳の取り調べを受けます。

大学時代から秀一に劣等感を抱いていた輝は、秀一の困った顔を見たいが為に、合コンで知り合った望を呼び出し、秀一の車が望を轢くように差し向けました。

輝は秀一の事が嫌いではなく、逆に親友だと思っていましたが、一緒にいる程、秀一への嫉妬と劣等感が強くなっていったと語ります。

輝の起こした事件に、ショックを受けた早苗は、秀一の面会に訪れます。

秀一は、自分の事は忘れるように早苗に伝え、早苗は静かに頷きます。

事件の真相が明るみになりましたが、望が戻ってくる訳ではなく、辛い現実に千鶴子は泣き崩れ、光央は静かに座っています。

後日、事件発生現場で対面した千鶴子と早苗は、喫茶店で話をします。

千鶴子は「あなたが悪い訳ではない」と早苗を勇気づけます。

早苗は、初めて秀一から送られてきた手紙を千鶴子に見せます。

そこには、事件の真相と罪に悩まされている秀一が、早苗を心の支えにしている文章が綴られていました。

スポンサーリンク

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』感想と評価


(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会
『TAP -THE LAST SHOW-』で監督デビューを果たした、水谷豊が2本目に制作した作品は、轢き逃げという重いテーマの作品です。

本作の特徴として、轢き逃げ事件の加害者視点と、娘を失った被害者視点の、2つの構成で話が展開する点です。

轢き逃げの加害者である秀一は、結婚を前に事件を起こしてしまい、罪の意識に悩みながらも、隠蔽する事を決断します。

そして、轢き逃げにより、娘の望を失った光央は、望が戻って来ないという現実を受け入れながらも、真相を解明する為に動き出します。

本作は、加害者と被害者の心情を描く事で、人間の持つ複雑な心情を表現しているのです。

それは、本作のテーマが「嫉妬」である事からも分かります。

本作のラストでも語られていますが、人間の抱く嫉妬心というのは、ネガティブな感情であると同時に、何かを成し遂げる為の活力にもなります。

この矛盾した感情とも言える「嫉妬」で、狂ってしまったのが輝です。

輝は大学時代から、親友であり憧れでもあった秀一の、困った顔を見たいが為に、彼にとっては悪戯を仕掛けます。

ですが、その悪戯が轢き逃げ事件に繋がってしまいます。

ラストに輝は語ります「秀一の事は嫌いではないし、陥れるつもりもなかった、秀一がいなくなると自分は1人になる」と、ですが、全てを完璧にこなす秀一の、困った顔は見たかった。

この滅茶苦茶とも思える輝の自供ですが、実は少しだけ理解できる部分があり、恐怖を感じてしまいました。

「嫉妬」というのは、誰にでもある感情です。

ですが、普通の人は何故、輝のように嫉妬に狂わず、感情をコントロールできるのでしょうか?

今作は、水谷豊がプロデューサーから「水谷さんの作るサスペンスが見たい」という言葉から始まった企画です。

ですが、サスペンスといっても、犯人探しや謎を追いかける内容ではなく、人間の内面を描き「何故、まともでいられるのか?」という人間の持つ不思議な部分を描いています。

「社会も時代も人間が作る、だから人間が1番面白い」と考える、水谷豊ならではの目線ではないでしょうか?

水谷豊は「60代の内に、3本は映画を作りたい」と公言しており、次回作はどんなジャンルで、人間のどの部分を描くのか?

楽しみですね。

まとめ


(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会
水谷豊と言えば、近年では『相棒』の杉下右京を連想する方も多いのではないでしょうか?

杉下右京は、事件に自ら介入し、犯人に対して「どんな理由であれ、罪を犯す事は許されない」と断罪します。

杉下右京を長く演じてきた水谷豊が、轢き逃げ事件の犯罪者側を主役にし「犯罪者側にも理由があるし、大事な人だっている」というメッセージの映画を制作したのは、興味深い部分でもあります。

必ずしも勧善懲悪では語れない、人間という存在についての、水谷豊から杉下右京へのメッセージのようにも感じる作品です。

関連記事

サスペンス映画

キアヌリーヴス映画『ブルー・ダイヤモンド』あらすじと感想評価。丁寧な人間ドラマも見どころ

映画『ブルー・ダイヤモンド』は、2019年8月30日(金)から全国公開。 ロシアを舞台に、ロシアンマフィアとの取引に挑む男の、危険な駆け引きを描いた映画『ブルー・ダイヤモンド』。 ダイヤモンドにだけ魅 …

サスペンス映画

映画『マッドダディ』ネタバレ感想!ラスト結末の考察と名作ホラーとの関連性とは

ある日すべての親が謎の衝動に駆られ子供を殺しだす!「アドレナリン」の監督が送る予測不能の超ハイテンションスリラー。 荒唐無稽な設定を全力でやり切ってみせたB級の快作『マッドダディ』。 ブライアン・テイ …

サスペンス映画

映画『ラプラスの魔女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

東野圭吾の作家デビュー30周年にして、80作目となる『ラプラスの魔女』。 「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と、東野圭吾自身が語っている小説を原作に、三池崇史が豪華キャストを迎え映画化。 2 …

サスペンス映画

映画『パーフェクトストーム』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

一隻の漁船が北大西洋沖の漁場へと向かうが、そこに待っていたのは荒れ狂った海原に、経験したことのない30mに及ぶ巨大な波。 漁船の乗組員たちは無事帰還できるのか…。 実話を基に『U・ボート』『アウトブレ …

サスペンス映画

実写映画『ミスミソウ』のトラウマ漫画の映像化は「赤」に注目!胸キュン場面もある?

乙女心をくすぐる胸キュンな場面写真を解禁!ミスミソウの花言葉は、「あなたを信じます」。 2018年に最も切なく、最も美しくて残酷なトラウマ・サスペンス映画『ミスミソウ』。 壮絶な状況なかでも微かな希望 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP