Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/03/08
Update

映画『ジュディ 虹の彼方に』あらすじネタバレと感想。ガーランドをゼルウィガーが演技力で体現!

  • Writer :
  • 松平光冬

栄光と苦難に満ちた伝説的ミュージカル女優の生涯。

主演のレネー・ゼルウィガーがアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した映画『ジュディ 虹の彼方に』が、2020年3月6日(金)より全国公開されます。

レネー演じるジュディ・ガーランドの最晩年を描いた、切なくも感動的なヒューマンドラマを、ネタバレ有でレビューします。

スポンサーリンク

映画『ジュディ 虹の彼方に』の作品情報


(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

【日本公開】
2020年(イギリス映画)

【原題】
Judy

【監督】
ルパート・グールド

【脚本】
トム・エッジ

【製作】
デビッド・リビングストーン

【製作総指揮】
キャメロン・マクラッケン、ローズ・ガーネット、アンドレア・スカルソ、ミッキー・リデル、ピート・シレイモン、ローレンス・マイヤーズ、リー・ディーン、アーロン・レベン、チャールズ・ダイアモンド、エリス・グッドマン、ヒラリー・ウィリアムズ

【キャスト】
レニー・ゼルウィガー、ルーファス・シーウェル、アンディ・ナイマン、マイケル・ガンボン、フィン・ウィットロック、ジェシー・バックレイ、フィル・ダンスター、ベラ・ラムジー、ジェマ=リア・デヴェロー、ジョン・ダグレイッシュ、トム・ドゥラント・プリチャード、ベントレー・カルー、ティム・アハーン

【作品概要】
『オズの魔法使』(1939)、『スタア誕生』(1954)で知られるハリウッド黄金期のミュージカル女優ジュディ・ガーランドが、47歳の若さで急逝する半年前の1968年冬に行ったロンドン公演の日々を鮮烈に描いた伝記ドラマ。

「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのレネー・ゼルウィガーが、愛すべき女性像と、その圧倒的なカリスマ性で人々を惹きつけたジュディを見事に演じきり、第92回アカデミー賞をはじめ、ゴールデングローブ賞など数多くの映画賞で主演女優賞を受賞しました。

その他のキャストとして、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2016)のフィン・ウィットロック、テレビドラマシリーズ「チェルノブイリ」のジェシー・バックリー、「ハリー・ポッター」シリーズのマイケル・ガンボンなど。

監督は、『ガラスの動物園』、『オリバー!』など多くの話題の舞台を演出し、『トゥルー・ストーリー』(2015)で長編映画デビューを果たしたルパート・グールドです。

映画『ジュディ 虹の彼方に』のあらすじとネタバレ


(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

1939年。

ミュージカル映画『オズの魔法使』の主人公ドロシー役に抜擢された17歳のジュディ・ガーランドは、思うような演技ができないのと、すべての行動を管理される現状に不満を覚えていました。

そこに、映画の製作会社MGMのトップであるルイス・B・メイヤーが現れます。

ルイスは、「君よりも美人で可愛い子はたくさんいる。でも、君が他の子より優れているのは歌声だ」、「この撮影スタジオを出たら、平凡な女性となって普通の母親になってしまう」といった言葉をかけ、ジュディの頬に手を当てるのでした。

1968年。

47歳のジュディは、幼い2人の子どもローナとジョーイと一緒に、小さなクラブを巡業する日々を送っていました。

この日も、全盛期とは比較にならないほどの安いギャラを受け取り、宿泊先のホテルに戻ったジュディたちでしたが、宿泊代を払っていないとして、支配人に追い出されることに。

やむなく3番目の夫だったシドニー(シド)・ラフトの家に行きますが、そこで2人の子どもの親権をめぐり口論となり、ジュディ一人だけ飛び出してしまいます。

ジュディは、2番目の夫ヴィンセント・ミネリとの間に生まれた娘のライザ・ミネリがいるパーティ会場に向かいます。

そこで、ナイトクラブのオーナーをしているという青年ミッキー・ディーンズと出会い、意気投合します。

数日後、ジュディの元に、ロンドンの著名な興行主バーナード・デルフォントから、彼が経営するクラブ「トーク・オブ・タウン」でのライブショーへの出演依頼が。

ハリウッドでは長らく低迷状態だったものの、ロンドンでは根強い人気があったのです。

ジュディは、借金の返済と生活費を稼いで自分の家を持つことを目標に、子どもたちをシドに預けて単身ロンドンに向かいます。

(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

ロンドンに向かう車中でウトウトしながらも、ハードなスケジュールをこなすべく実の母親から極度の食事制限を受け、睡眠薬や興奮剤を与えられていた子役時代が夢に出てくるジュディ。

ロンドンに着くやいなや熱烈な歓迎を受けるジュディを、バーナードとマネージャーを務めてくれるロザリンが迎え入れます。

翌日、ジュディはロザリンに連れられて会場のトーク・オブ・タウンに下見をするも、精神が安定せずに、ピアニストのバートとの音合わせもせずに帰ってしまいます。

ライブ初日を翌日に控えた前夜、極度のプレッシャーと不眠症からますます寝付けないジュディ。

ライブ当日になっても姿を現さない彼女を迎えに行ったロザリンは、なんとか衣装を着させて会場に連れていきます。

舞台袖まで来ても出演を拒んだジュディでしたが、いざステージに立った途端、圧倒的な歌唱力を披露し、観客を魅了します。

それ以降、ライブは連日盛況となりますが、ジュディの不眠症は相変わらず。

実際より2か月も早い誕生日パーティをパフォーマンスとして撮影スタジオで開催され、腹いせにスタジオ内のプールに飛び込んだジュディは、ずぶ濡れ状態のままルイスに暗室で窘められる――ようやく寝付いても、そうした子役時代の悪夢がよみがえるのでした。

そんなライブを終えたある夜、サインを貰おうと出待ちしていたスタンとダンというゲイのカップルに遭遇したジュディ。

連日ライブに通い詰めていた2人の顔を覚えていた彼女は、彼らを夕食に誘います。

開いているレストランが見つからず、スタンたちの住居で食事を摂ることにした3人。

そこで差別や偏見に晒される同性愛者の苦悩を知ったジュディは、「世間は自分たちと違う人間が気に食わないのよ。そんなのはクソくらえだわ」と励まし、「ゲット・ハッピー」を一緒に歌うのでした。

(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

ロンドン滞在も半ばに差し掛かったころ、ミッキーがジュディの部屋を突然訪ねます。

ミッキーとの楽しいひと時を過ごすも、現地でのテレビ番組に出演した際、司会者から離れて暮らす子どもたちについて聞かれたジュディは、彼らとの心の距離が離れてしまう怖さを吐露。

追い詰められた彼女は酒を飲んで泥酔状態でライブに出演、観客の野次に言い返してライブを台無しにしてしまいます。

翌日バーナードに謝罪したジュディは、彼からセラピーを受けることを勧められます。

『オズの魔法使』からのジュディのファンだというセラピーの医師は、「自分を見失わないで」と声をかけるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ジュディ 虹の彼方に』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ミッキーは、全米に500もの映画館チェーンを持つ興行主に伝手があり、館名にジュディの名を冠す契約を結べれば、何もしなくても大金が入ってくると彼女に告げます。

その話に舞い上がったジュディはミッキーに求婚し、2人は勢いでロンドンで式を挙げます。

ようやくお金に困らない生活を送れると思ったジュディですが、そこに元夫のシドが姿を見せます。

預かっているローナとジョーイの2人の子どもが、そのまま自分の家に住み続けたがっているとして、親権について改めて話し合いに来たのです。

「子どもが私と離れたがるはずがない」と、激高してホテルに戻ったジュディでしたが、部屋にはミッキーが。

彼は、館名にジュディの名を冠す契約話がまとまらなかったと話します。

理由として、先日のライブでジュディが客と口論してイメージが悪くなったのが原因と言われ、ジュディは激怒、一方的に別れを告げるのでした。

シドの言っていたことが本当なのか確かめるべく、ローナに電話するジュディ。

ローナの口から「このままこの家にいたい」と言われたジュディは自暴自棄になり、再びライブで醜態をさらすことに。

バーナードから完全に契約を打ち切られたジュディは、ロザリンとバートからお別れの食事に招待されます。

(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

レストランで出されたケーキを口にし、あまりの美味しさに笑顔を見せたジュディは、子役時代に共演したミッキー・ルーニーとの淡いロマンス話を、2人に聞かせるのでした。

その後、ロザリンの計らいで共に上がっていたロニー・ドネガンによる最終ライブを、ステージ裏から見ていたジュディは、いても立ってもいられずに彼に交代を願い出ます。

彼女の本気度を悟ったロニーからステージを譲り受けたジュディは、「一歩一歩進めば道は開ける。そう信じることで人は生きられると思う」と語り、熱唱。

観客から絶賛の声を浴びたジュディが最後に選んだ曲は、『オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)』。

しかし途中で、「今の自分にはこの曲は辛すぎる」と、歌うのを止めて泣き出してしまいます。

そこで、スタンとダンが立ち上がり、『オーバー・ザ・レインボー』を歌い出したことで、観客全員による合唱となりました。

「ありがとう」と感謝の言葉を言うジュディの涙は、感涙へと変わるのでした――。


(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

スポンサーリンク

映画『ジュディ 虹の彼方に』の感想と評価

(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

華麗にして壮絶な女優を見事に熱演

本作『ジュディ 虹の彼方に』はまず、ジュディ・ガーランド役のレネー・ゼルウィガーの圧巻の演技に注目です。

ボイストレーニングに1年、その後も4か月かけて楽曲の練習をしたというだけあって、歌唱力はもちろん、訛りや声色、パフォーマンスまで完璧に再現しています。

ライブで『トロリー・ソング』、『カム・レイン・オア・カム・シャイン』といったヒットナンバーを歌い上げるシーンを観れば、アカデミー主演女優賞を受賞するのも納得。

また、メイクも晩年のジュディに似せたとのことですが、とても47歳には見えないほどの老けこみようです。

逆に言えば、それだけジュディの実人生が過酷にして壮絶だったことを意味します。

本作で彼女に次々と降りかかる不幸は、観ているこちらも辛くなってくるほど。

本人は否定するでしょうが、演じたレネー自身もここ数年は表舞台から遠ざかっていた感があっただけに、どうしても重なってしまいます。

現代の社会問題も反映


(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

本作で描かれるジュディは、10代でハードなスケジュールをこなすために、映画会社MGMとの契約でありとあらゆる薬物やアルコールを投与され、体型維持のために好きな食べ物も口にできなかったという立場にありました。

表向きは観客を魅了するスターなのに、裏では操り人形状態だったという不条理、しかもスケジュールを管理していたのが実の母親という哀しさ。

そのMGMの創立者にして1930年代のハリウッドを仕切っていたルイス・B・メイヤーによるジュディへの行為は、いわゆるセクハラ・パワハラにあたります。

また、ジュディが「同性愛者のアイコン」として支持されていたことを踏まえて、彼女を支えるゲイのカップルが登場します。

LGBTQという言葉が一般化した現代と違い、舞台となる1968年は、同性愛者と分かると犯罪者として逮捕されたり、病人扱いされて施設に入れられる時代だったのです。

LGBTQの象徴とされるレインボーフラッグは、ジュディの曲『オーバー・ザ・レインボー』が由来という説もあります。

1930年代から活躍し、47歳で夭折したジュディ・ガーランドの生涯を、2019年に映画化した理由。

それは、ショービズ界での奴隷契約、#metooムーブメント、性的マイノリティといった、現代に通じる社会事情を反映しているからに、他なりません。

まとめ


(C)Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

「観客との間に芽生える愛」を信じ、ステージに立ち続けたジュディ・ガーランド

その愛が芽生えるラストは感動的です。

決して恵まれた実人生を送ったとは言えないだけに、せめて映画の中でだけでも救われてほしい…そんなスタッフの思いを感じます。

ラストで提示される『オズの魔法使』のセリフ「心の大きさとはあなたが愛するのではなく、どれだけ人から愛されるかで決まる」が、見事に作品全体の芯となっています。

映画『ジュディ 虹の彼方に』は、2020年03月6日(金)より全国公開


関連記事

ヒューマンドラマ映画

実話映画『スポットライト』ネタバレ解説と結末までのあらすじ。新聞記者がスキャンダル事件を暴く

巨大権力を相手に正義を貫く新聞記者たちを描いたアカデミー賞作品 マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスらが出演の、2016年に公開された映画『スポットライト 世紀のスクープ』。 …

ヒューマンドラマ映画

『ミッドナイトスワン』ラスト感想と評判解説。最後の海で世界へと飛び立っていく“二人”の美しい白鳥の姿

映画『ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より全国にて絶賛公開中! 俳優・草彅剛を主演に迎え、『下衆の愛』(2016)の内田英治監督が自身の手がけたオリジナル脚本をもとに制作した映画『ミッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカン・スリープオーバー』あらすじとキャスト。感想考察では監督デビィッド・ロバート・ミッチェルの作風を解説

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

『人魚の眠る家』【ネタバレ感想】映画と原作小説の違いを解説。田中泯の演技力は必見!

鬼才・堤幸彦監督が、東野圭吾原作の禁断のベストセラー小説を映像化した『人魚の眠る家』。 あの事故さえなければ、穏やかで幸せな日々が続いていたはずだったのに…。 愛する娘の“脳死”という悲劇に直面し、究 …

ヒューマンドラマ映画

映画『孤独のススメ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『孤独のススメ』作品情報映画『孤独のススメ』あらすじとネタバレ謎の男 マッタ―ホルン『孤独のススメ』の感想と評価まとめ 映画『孤独のススメ』作品情報 【公開】 2 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学