Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/04/08
Update

レネー・ゼルウィガー映画おすすめ5選!何歳になっても魅力的!

  • Writer :
  • Yuko


(C)Universal Studios.
アメリカ・テキサス州出身の人気女優、レネー・ゼルウィガー。

『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズでお馴染みですね。美人というより柔らかくキュートな雰囲気が魅力で、女性が共感できるような等身大の女性を演じるのが得意な女優さんです。

レネー・ゼルウィガーは、1993年に『バッド・チューニング』で映画デビュー。96年に『ザ・エージント』でトム・クルーズの相手役を務めました。その後は『ベティ・サイズモア』などでも好演し、2001年『ブリジット・ジョーンズの日記』で人気となりアカデミー主演賞候補にもなりました。

2002年『シカゴ』でもノミネートされ、2003年『コールド・マウンテン』でついに同賞助演女優賞を受賞しました。

その後『ミス・ポター』や『シンデレラマン』などに出演し、2010年の『たった一人のあなたのために』以降女優活動を休止していました。

そして2016年に12年ぶりの新作となる『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』で復帰しました。

ちなみに“レニー”とよばれることも多い彼女ですが、正式には“レネー”だと本人が発言し訂正しているのだそうですよ。

数々の映画賞の受賞経験もあるレネー・ゼルウィガーのこれまでの出演映画からおすすめの作品をピックアップしてお届けします!

スポンサーリンク

1.大ヒットした王道ラブコメ!レネーの代表作『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)

『ブリジット・ジョーンズの日記』の作品概要

2001年のアメリカ映画。監督は、続編『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』も手掛けたシャロン・マグワイア。出演は、レネー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズほか。

世界各国でベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説を映画化。

第74回アカデミー賞主演女優賞ノミネート。第59回ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞、最優秀作品賞(ともにコメディ・ミュージカル部門)にノミネート。

『ブリジット・ジョーンズの日記』のあらすじ

32歳、独身のブリジット・ジョーンズは出版社勤務のOL。彼女は新年にあたり一つの決意をします。

「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つけること!」

そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」果たして彼女の誓いは無事達成されるのか?

『ブリジット・ジョーンズの日記』のおすすめポイント

恋と仕事に奮闘するブリジット・ジョーンズの毎日を等身大に描き、日本を含む世界各国で大ヒットしたラブ・コメディ映画です。

レネー・ゼルウィガーは、この役のために大幅に体重を増量して挑みました。

ほっちゃりでダメダメなブリジットなのですが、素直で嘘がなくて憎めないキャラクターで、多くの女子の共感を生んできましたね。しかも彼女の周りにはイケメンのダニエル、紳士的なダーシーという二人の男性がいてうらやましいほどモテモテなんですよね。

ブリジットの自虐ネタ、赤裸々な独身女の実態やイギリスのブラックジョークが満載で、男性から見ても結構楽しめるのではないでしょうか。

2.歌とダンスが圧巻!心が弾むミュージカル映画『シカゴ』(2003)

『シカゴ』の作品概要

2003年のアメリカ映画。監督は、ブロードウェイの人気舞台演出家ロブ・マーシャル。出演は、レネー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、リチャード・ギア、クイーン・ラティファ、ジョン・C・ライリーほか。

第75回アカデミー賞で最多12部門13ノミネート、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞。第60回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞(ともにコメディ・ミュージカル部門)受賞。

『シカゴ』のあらすじ

1920年代のシカゴ。スターを夢見るロキシー(レネー・ゼルウィガー)は、キャバレーの専属歌手ヴェルマ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)のステージを羨望の眼差しで見ていました。

ある日ロキシーは、ショーに売り込むとの約束を守らなかった愛人といさかいを起こし、ついに彼を撃ち殺してしまいます。逮捕され留置所に送られたロキシーは、そこであのヴェルマと出会います。

ヴェルマは不倫した夫と妹を殺した罪に問われているのでした。しかし、マスコミ操作に長けた敏腕弁護士ビリー(リチャード・ギア)のおかげで彼女は一躍スター扱い。ロキシーも注目を浴びようとビリーを雇おうとしますが膨大な弁護費用が払えず断られます。が、ビリーがある妙案を思い付き…。

『シカゴ』のおすすめポイント

ボブ・フォッシー振り付けの同名ヒット・ミュージカルを、ブロードウェイの人気舞台演出家ロブ・マーシャルが映画化し、アカデミー賞作品賞をはじめ数々の映画賞を受賞したミュージカル映画の名作です。

レネー・ゼルウィガーは、ヴェルマ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に憧れるロキシー・ハートを演じています。この時は、とても細くてキュートですね。

この作品の見どころは、キャサリン=ゼタ・ジョーンズのパワフルな演技、レネー・ゼルウィガーのキュートな歌声とダンス、皮肉の利いたストーリー、「オール・ザット・ジャズ」など名曲揃いの音楽…などなど数え切れません。

ミュージカルは役者が突然歌いだすのが苦手という方もいますが、この映画は歌とそれ以外の部分がごく自然につながっていて全く違和感ありません。

最後までワクワクさせられ、ミュージカルの魅力がぎゅっと詰まった作品です。

スポンサーリンク

3.メロドラマに夢中のヒロインを演じた『ベティ・サイズモア』(2000)

『ベティ・サイズモア』の作品概要

2000年のアメリカ映画。監督は、『ウィッカーマン』のニール・ラビュート。出演は、レネー・ゼルウィガー、モーガン・フリーマン、クリス・ロック、グレッグ・キニア、アーロン・エッカートほか。

第58回ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞(コメディ・ミュージカル)受賞。

『ベティ・サイズモア』のあらすじ

カンザスの田舎町に住むウェイトレスのベティ(レネー・ゼルウィガー)は、親切で誰からも慕われる一方、女癖の悪い亭主に泣かされる日々を送っていました。

でも彼女には大好きな昼メロを見るという支えがありました。ドラマを見ながら、自分がナースになって主人公の医師と恋をするという空想にふける時が最も幸せな時間でした。

しかしある日、目の前で夫が殺されたベティは、精神の均衡を保てなくなり自分が昼メロの中のナースだと思い込み、憧れの医師と結ばれるためハリウッドへと旅立ちます。夫を殺した犯人に追われているとも知らずに…。

『ベティ・サイズモア』のおすすめポイント

ドラマの主人公に熱を上げ、夢と現実の区別のつかなくなった主人公が殺し屋に狙われているのも気づかずドラマの主人公を追いかけて大騒動を巻き起こすサスペンス・コメディです。

一風変わった設定が面白く、ベティを演じたレネー・ゼルウィガーの仕草や表情がとにかく可愛らしい。ふわーんとした不思議ちゃんの(ちょっとイタイ?)雰囲気がとてもはまり役で、ナースになりすまして思いがけず患者を助けてしまったり…とユーモアたっぷりな脚本も面白いです。

スポンサーリンク

4.“ピーターラビット”の生みの親ビクトリアス・ポターの半生を描く『ミス・ポター』(2007)

『ミス・ポター』の作品概要

2007年のイギリス・アメリカ合作映画。監督は、『ベイブ』のクリス・ヌーナン。出演は、レネー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン、バーバラ・フリン、ビル・パターソンほか。

世界中で愛され続けているキャラクター“ピーターラビット”の生みの親、ビアトリクス・ポターの半生を描いたヒューマンドラマ。

第64回ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞(コメディ・ミュージカル)ノミネート。

『ミス・ポター』のあらすじ

1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級のビクトリアス・ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版します。

やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちますが、身分違いの恋には思わぬ運命が待っているのでした。

『ミス・ポター』のおすすめポイント

ピーターラビットの生みの親であるビアトリクス・ポターが、運命の出会いを果たした編集者と二人三脚で世界的名作を生み出す逸話を2人の恋愛と絡めて描いています。

レネー・ゼルウィガーは主演と製作総指揮をつとめており、6度目となるゴールデングローブ賞ノミネートを果たしています。

イギリスの美しいロケーションが美しく、またポターの絵と現実とがうまく融合していて素晴らしいです。

レネー・ゼルウィガーは自然な表情でポターの人柄をうまく演じていたと思います。

日本でも人気の“ピーターラビット”がどのようにして生まれたのかや、知られざるポター自身の半生も知ることができ、ピーターラビットをあまり知らなくても楽しめますよ。

5.衝撃の結末が待つ至極の法廷ミステリー『砂上の法廷』(2016)

『砂上の法廷』の作品概要

2016年のアメリカ映画。監督は、『フローズン・リバー』のコートニー・ハント。出演は、キアヌ・リーヴス、レネー・ゼルウィガー、ググ・バサ=ロー、ガブリエル・バッソほか。

『砂上の法廷』のあらすじ

膨大な資産を持つ大物弁護士が自宅で殺され、弁護士のラムゼイ(キアヌ・リーヴス)は容疑者として逮捕された被害者の息子マイク(ガブリエル・バッソ)の弁護を引き受けることに。

法廷では次々と彼の有罪を裏付ける証言が飛び出しますが、ラムゼイは証言の中に噓があることに気付きます。そんな中、何も語らなかったマイクが思わぬ告白を始めます。

『砂上の法廷』のおすすめポイント

キアヌ・リーヴスが真実を追い求める敏腕弁護士を演じ、嘘にまみれた法廷を緊迫感たっぷりに描いた法廷ミステリーです。

レネー・ゼルウィガーは、容疑者である少年の母親を演じています。

レネーにとって6年ぶりの映画出演となったこの作品。薄いメイクのせいか、一見するとレネーだと分からないのですが(このとき整形疑惑が噂されていましたが)、被疑者の母という難しい役柄を好演しています。

『フローズン・リバー』でオスカーノミネート歴を持つコートニー・ハント監督による二転三転するストーリー展開、濃厚な人間模様を体現するキャスト陣に注目してみて下さい。

“大どんでん返し”が好きな方にもおすすめです。

まとめ

レネー・ゼルウィガーの出演映画からおすすめの5作品をピックアップしてお届けしました。

レネーといえば、やっぱり“ブリジット・ジョーンズ”のイメージですが、他の作品も面白い作品が多いです。

どんな役を演じてもキュートでどこか憎めない雰囲気があるところが魅力だと思います。

今後もどのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

スポンサーリンク

関連記事

まとめ記事

アン・ハサウェイ映画おすすめ5選!何歳になってもかわいい!

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED 01年『プリ …

まとめ記事

ウディ・アレン監督映画おすすめ5選!新作から過去作まで

毎年のように新作映画を発表している名匠ウディ・アレン監督。 これまでにアカデミー賞に史上最多の24回ノミネートされ、監督賞を1度、脚本賞を3度受賞している世界を代表する映画監督です。 2017年5月、 …

まとめ記事

エマ・ストーン映画おすすめ5選!どの出演作品もかわいい!

最新作ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のミア・ドーラン役では、アカデミー賞ノミネート間違いなしと評判のエマ・ストーン。 すでにヴェネツィア国際映画祭女優賞受賞と、ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミ …

まとめ記事

映画『ゆずりは』あらすじと原作感想!ロケ地とエキストラ募集も

心揺さぶると読み物と注目を集めている新谷亜貴子よる小説『ゆずりは』の映画化に向けてクラン・クイン開始! 今回はテレビドラマ『いいひと。』や『HERO』の演出家、また、映画『eiko』の監督である、加門 …

まとめ記事

堺雅人映画おすすめ5選!演技が上手い俳優を見たい方は必見!

(C)2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会 堺雅人といえば、大河ドラマや「半沢直樹」などのドラマで活躍しているイメージがありますが、映画にもこれまで数多く出演しています。 普段は優しい表情でと …

映画専門サイトライター募集中