Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/21
Update

シャーリーズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』あらすじとキャスト

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『タリーと私の秘密の時間』は、今夏 TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー、日本公開決定のポスター解禁!

『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督が、『アトミック・ブロンド』のシャーリズ・セロンとふたたびタッグ!

しかも、シャーリーズ・セロンが美貌を封印!? 体重を18キロ増やして3人の子を持つ母親役を熱演とは?

スポンサーリンク

映画『タリーと私の秘密の時間』の作品情報


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Tully

【監督】
ジェイソン・ライトマン 

【脚本】
ディアブロ・コディ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス

映画『タリーと私の秘密の時間』のあらすじ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきたマーロ。

彼女は3人目の子どもが生まれて、「わたし、ひとに頼れないの」と、ついに心が折れてしまいました。

そんなマーロのもとに夜だけのベビーシッターとしてタリーがやって来ます。

タリーはため口のイマドキ女子なのに仕事は完璧。マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれます。

自由奔放なタリーと不思議な絆を深めていくうちに、マーロも本来の輝きを取り戻してきました。

しかし、一方のタリーは何があっても夜開け前に姿を消し、自分の身の上も決して語ることがありませんでした。

やがて、マーロは…。

スポンサーリンク

映画『タリーと私の秘密の時間』の見どころ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきた“人に頼れない”3人の子供の母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター・タリーの不思議な絆をコミカルかつ、ほっこりと描いた作品。

ふたりの絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロ役は、オスカー女優にして今やハリウッドのトップスターであるシャーリーズ・セロン。

2003年公開の映画『モンスター』で約13キロの増量に成功し話題となった彼女が、美貌を再び封印し、体重を18キロ増やしてマーロを熱く演じ、頑張りすぎる女性たちの魂の声を届けます。

また、2017年公開の『ブレードランナー2049』のマッケンジー・デイヴィスが、タメグチのイマドキ女子なのに仕事は完璧。

マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれるが、何があっても夜明け前に姿を消し、自分のことは絶対に語らない自由奔放な若きスーパーベビーシッター・タリー役でフレッシュな魅力的に演じています。

まとめ

解禁されたポスタービジュアル!

シャーリーズ・セロンの顔にカラフルで可愛いシールがいっぱい貼られ、頬には映画タイトルの原題「Tully」を見るけることができます。

そして、「がんばりすぎる昼間の私が、夜にみつけたホントの私。」という意味深なキャッチも心に響きます。

仕事に、家事に、育児にと多忙な日々を過ごしながらかつて夢見た未来とは違う、今にため息をつく大人たちに、マーロとタリーの不思議な絆。

そして、タリーの謎が解ける時、もうひとつの物語が立ち上がり、目の覚めるサプライズを贈り、観る者の心も癒してくれるはず!

ミステリアスなヒューマン・ドラマ、映画『タリーと私の秘密の時間』をぜひ、ご期待ください!


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

グッドウィルハンティング|動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

『サバービコン』の主演マット・デイモンが自ら脚本を書き、天才でありながらも恵まれない過去を持つ繊細な青年ウィル役も演じています。 最愛の妻を亡くし、生きる希望を失ってしまった精神分析医ショーンを熱演す …

ヒューマンドラマ映画

舘ひろし映画『終わった人』あらすじと評価感想!エキストラ募集も

俳優の舘ひろしと黒木瞳が2018年公開の映画『終わった人』でダブル主演すること発表されました! 昔からの知人ではあったものの意外なことに映画では初共演の顔合わせ。しかも夫婦役を務めることで話題になりそ …

ヒューマンドラマ映画

ダンサーインザダーク動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は、第53回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを受賞して、ストーリー展開のあまりに衝撃さに賛否両論が巻き起こり、大きな反響を呼んだ作品。 努力が報われない。 …

ヒューマンドラマ映画

映画かさね『累(2018)』あらすじ。キャストの土屋太鳳&芳根京子ダブル主演

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるま原作のコミックが豪華キャストでついに映画化。禁断の契約による嫉妬心の連鎖…、そして待つ衝撃の結末。 どんどん泥沼化していく愛憎劇 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラースと、その彼女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

世の中には様々な愛の形が溢れていますが、今回取り上げるのは等身大の人形と恋をした男の物語『ラースと、その彼女』です。 観終わった後幸福感でいっぱいになる、ライアン・ゴズリング主演作『ラースと、その彼女 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP