Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/01
Update

映画『シンプルな情熱』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実体験をもとに年下男子との恋愛を綴ったフランスの小説を映像化!

  • Writer :
  • 石井夏子

年下男性との愛の体験を赤裸々につづり衝撃を呼んだベストセラー小説が、ついに映画化。

フランス中の女性が共感した、ベストセラー恋愛小説の映画化作品『Passion simple』。

2020年カンヌ国際映画祭公式選出、2020年サン・セバスティアン国際映画祭コンペティション部門出品など、多くの映画祭で話題となっている本作が、ついに日本上陸です。

邦題を『シンプルな情熱』とし、2021年7月2日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショーと決定しました。

スポンサーリンク

原作小説『シンプルな情熱』とは?

(C)2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production
(C)Julien Roche

マルグリット・デュラス賞など、フランスで最も権威ある数々の文学賞に輝き、近年では自身の名前を冠した賞も設立されたフランス現代文学の頂点の一人と称えられる作家アニー・エルノー。

映画『シンプルな情熱』の原作は、彼女が1991年に発表した作品です。ある男性との愛と性に全存在をかけるエルノー自身の実体験が赤裸々に綴られ、日本でも小池真理子、林真理子、山田詠美ら、時代をリードし続ける人気作家が熱く支持。

自分らしい恋愛を探し求める女性たちを中心に、大反響を巻き起こしましたが、発表当時は不世出の問題作

今では普遍的な傑作として、数多くの女性の生き方に衝撃と影響を与え続けています。

映画『シンプルな情熱』について

(C)2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production
(C)Julien Roche

主人公はパリの大学で文学を教える教師のエレーヌ。彼女は、年下で既婚者のロシア外交官アレクサンドルとパーティで知り合い恋に落ちます。昼下がりに、自宅やホテルで逢瀬を重ね、彼との抱擁にのめり込んでゆくエレーヌでしたが…。

アレクサンドルを演じるのはセルゲイ・ポルーニン。19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに選ばれた2年後、人気絶頂の真只中で突如として退団を発表。

現在は全身にタトゥーをまとう異端のダンサー、そして俳優としての新たなステージを竜巻のごとく席巻中の危険な香りを放つアーティストです。

エレーヌには『若い女』(2017)でリュミエール賞有望女優賞を受賞した、実力派のレティシア・ドッシュ。エレーヌを繊細かつ大胆な演技で体現しました。

監督は長編劇映画デビュー作と第2作で続けてカンヌ国際映画祭監督週間に選出されたダニエル・アービッド。原作のスピリットを忠実に映画化することに成功。

本作でも2020年カンヌ国際映画祭に公式選出され、海外メディアからも惜しみなく賞賛されました。

スポンサーリンク

映画『シンプルな情熱』の作品情報

(C)2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production
(C)Julien Roche

【日本公開】
2021年(フランス・ベルギー合作映画)R18+

【原題】
Passion simple

【原作】
アニー・エルノー『シンプルな情熱』(ハヤカワ文庫刊/訳:堀茂樹)

【監督】
ダニエル・アービッド

【キャスト】
レティシア・ドッシュ、セルゲイ・ポルーニン、ルー=テモ・シオン、キャロリーヌ・デュセイ、グレゴワール・コラン

【日本語字幕翻訳】
古田由紀子

映画『シンプルな情熱』のあらすじ

(C)2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production
(C)Julien Roche

パリの大学で文学を教えるエレーヌは、あるパーティでロシア大使館に勤めるアレクサンドルと出会い、そのミステリアスな魅力に強く惹かれ、たちまち恋におちます。

自宅やホテルで逢瀬を重ねる度に、彼との抱擁がもたらす陶酔にのめり込んでいくエレーヌ。

今まで通り、大学での授業をこなし、読書も続け、友達と映画館へも出かけますが、心はすべてアレクサンドルに占められていました。

年下で気まぐれ、妻帯者でもあるアレクサンドルからの電話をひたすら待ちわびる日々の中、エレーヌが最も恐れていたことが起きてしまい──。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production
(C)Julien Roche

「去年の九月以降、私は、ある男性を待つこと以外、何ひとつしなくなった―」。

恋に落ちた瞬間のジェットコースターのような躍動感、片時も離せない携帯電話、他の人との約束を入れたくない予定表、一度しか着ない服や下着、不安になると検索してしまう名前。

そんな誰もが共感する恋の高揚感と全身を満たす幸福感、そしてその裏側の痛み。恋という名の情熱とは、自分自身を発見し、人生をさらに自由に羽ばたくためのギフトだと教えてくれる、甘く切ない愛と官能の物語が誕生しました。

映画『シンプルな情熱』は、2021年7月2日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画キミオイ世界10ヶ国で公開決定!山田裕貴&齋藤飛鳥コメント動画解禁【あの頃、君を追いかけた】

2011年に台湾で公開され、空前の大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』。 2018年、舞台を台湾から日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎え、オリジナル作品の瑞々し …

新作映画ニュース

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『左様なら』を5組10名様ご招待。上映は9月6日公開!

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開! MOOSIC LAB 2018長編部門にて初公開され、観客の圧倒的な支持を集めた『左様なら』。 新進気鋭の女性監督・石橋夕帆 …

新作映画ニュース

映画『宵闇真珠』あらすじとキャスト。アンジェラ・ユン(袁澧林)のインタビュー動画解禁!

映画『宵闇真珠』は12月15日より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開。 『ブエノスアイレス』『花様年華』など、映画史に輝く秀作にカメラマンとして関わってきた世界的撮影監督クリストファー …

新作映画ニュース

檀れいや荒俣宏ら著名人から映画感想が到着!『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告も公開

究極の美と権力に秘められた名画ミステリー 2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』。 本作は、ナ …

新作映画ニュース

中野量太映画 『長いお別れ』あらすじとキャスト。特報とビジュアル解禁!

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化する『長いお別れ』。 2019年5月に公開される本作に、蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努が出演 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学