Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/01/29
Update

映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』あらすじ/公開日/上映館。オウム真理教被害者が監督として迫るドキュメンタリー!

  • Writer :
  • 大塚まき

被害者の映画監督がオウム真理教教(現 Aleph)に迫る話題作。

事件の被害者である監督が、今なおオウム真理教を信仰する広報部長と対峙します。故郷を旅し過去を振り返る、心揺さぶるドキュメンタリーが誕生しました。


(c)2020 Good People Inc.

地下鉄サリン事件の被害者がオウム真理教(現 Aleph)に迫るドキュメンタリー映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』が、シアター・イメージフォーラムにて、事件からちょうど26年経つ2021年3月20日(土)に公開されることが決定しました。

公開決定にあわせて、ポスタービジュアルも解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』について


(c)2020 Good People Inc.

1995年3月20日の通勤時間帯に、オウム真理教の幹部たちが東京・霞ケ関駅を通過する3つの地下鉄路線を走る5つの車両に、猛毒の化学兵器・サリンを一斉散布し日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。

死者14人(重い後遺症で寝たきりとなっていた女性が2020年3月に亡くなりました)、負傷者6000人余り。

通勤途中で被害にあった本作の監督・さかはらあつしは、事件から20年の時を経てAleph(オウム真理教の後続団体)の広報部長・荒木浩と対峙します。

さかはらと荒木は、ともに所縁の地を訪ねる旅に出て対話を繰り返しました。

凄惨な事件後もなお信者でありつづける心のありようとは。人を救うのではなく苦しめる宗教とは。監督は友人を諭すように、荒木に接し、その心の内に迫ろうとします。

森達也監督『A』『A2』ではジャーナリストの目線でオウム真理教が描かれましたが、被害者自らが監督するドキュメンタリーは世界的にも稀有なことです。

監督のさかはらはPTSD(心的外傷後ストレス障害)と神経への後遺症を抱えながら考え抜いた末、「地下鉄サリン事件とオウム真理教」に向き合う決意をしました。

真相を伝えるため、妥協しない姿勢でのぞみ、完成までは撮影から5年の時を要しました。

その甲斐があり、コロナ禍で賞レースへの参加が困難な中、初の長編監督で米アカデミー賞の前哨戦と言われるIDA(国際ドキュメンタリー協会)長編ドキュメンタリー賞ショートリストに選ばれる快挙を果たしました。

映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』の作品情報


(c)2020 Good People Inc.

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
さかはらあつし

【キャスト】
荒木浩、阪原武司、阪原多嘉子、さかはらあつし

スポンサーリンク

映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』のあらすじ


(c)2020 Good People Inc.

1995年、オウム真理教が引き起こし日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。

通勤途中で被害にあった本作監督さかはらあつしは、事件から20年の時を経て Aleph(オウム真理教の後続団体)の広報部長・荒木浩と対峙。

さかはらと荒木は、ともに所縁の地を訪ねる旅に出て対話を繰り返します。

凄惨な事件後もなお信者でありつづける心のありようとは。人を救うのではなく苦しめる宗教とは。

監督は、友人を諭すように荒木に接し、その心の内に迫ろうとします。

まとめ


(c)2020 Good People Inc.

米アカデミー賞の前哨戦と言われる IDA(国際ドキュメンタリー協会)長編ドキュメンタリー賞ショートリストに選出した本作は、アメリカのハリウッド・レポーター誌で2021年アカデミー賞有力候補として紹介されました。

世界が注目する衝撃のドキュメンタリーがいよいよ公開されます。

地下鉄サリン事件の被害者がオウム真理教(現 Aleph)に迫るドキュメンタリー映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』は、シアター・イメージフォーラムにて、2021年3月20日(土)よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

中村倫也映画『人数の町』あらすじ/キャスト/上映館/予告動画。劇場公開決定の謎に満ちたミステリー作品

出入りは自由だが離れることができない“町”。 衝撃のディストピア・ミステリー。 河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれ …

新作映画ニュース

映画『スウィート・シング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。アレクサンダー・ロックウェルが実子を主人公に描く切ないファンタジー

2020ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞 スティーヴ・ブシェミ、シーモア・カッセル主演の『イン・ザ・スープ』(1992)や、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスらと共同 …

新作映画ニュース

中国映画『薬の神じゃない!』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実在の事件を基に描く社会派エンタテインメント!

中国で500億を超える記録的大ヒットを記録し、 医薬業界に激震が起きた実話の物語 中国で実際に起きたニセ薬事件を基に描く社会派エンタテインメントが日本に上陸します。 (c)2020 Cine-C. a …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの添い寝ハウス店長・田沼役は吉岡睦雄【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『半世界』稲垣吾郎が男3人の絆を演じ、香取くんと草彅くんに観てもらいたいと語る【阪本順治×稲垣吾郎の記者会見レポート】

映画『半世界』は2019年2月TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 主演の稲垣吾郎が演じた高村紘と、幼なじみの親友である沖山瑛介を長谷川博己、もう一人の友人、岩井光彦を渋川清彦が務めています。 また高 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学