Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/18
Update

映画『在りし日の歌』公開日/上映館。ワン・シャオシュアイ監督が描く感動の人間ドラマとは?

  • Writer :
  • 大塚まき

ジャ・ジャンクー、ロウ・イエら名匠と並ぶ中国第六世代の旗手ワン・シャオシュアイとは?

第69回ベルリン国際映画祭にて最優秀男優賞と女優賞の2冠に輝いたワン・シャオシュアイ監督最新作『在りし日の歌』。

中国映画『在りし日の歌』は、2020年4月3日(金)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開されます。

本記事では、ジャ・ジャンクー、ロウ・イエら名匠と並ぶ中国第六世代の旗手ワン・シャオシュアイ監督についてご紹介します。

スポンサーリンク

中国「第六世代」の映画監督とは

画像:撮影中のワン・シャオシュアイ監督


(C)Dongchun Films Production

中国映画産業界に多大な影響を及ぼした文化大革命が終焉した後、1980年代半ばより国際的に注目される作品を発表し始めた中国ニューウェーブの「第五世代」と呼ばれています。

代表的な監督は、チェン・カイコーやチャン・イーモウ文化大革命の爪痕と、荒涼とした貧しい中国の真実の姿を描き出しました。

そして、彼らに続く「第六世代」監督と呼ばれるのが、ジャ・ジャンクーやロウ・イエ、ワン・ビン、そして本作『在りし日の歌』でメガホンを取ったワン・シャオシュアイら。カンヌ、ベルリン、ヴェネチアと主要な国際映画祭で成功をおさめ、いまや世界的な名声を手にしています。

その多くは60年代に生まれ、90年代以降に台頭。「第五世代」に比べて個人主義的で、現代中国が抱える痛みや矛盾を鋭く映し出す作風が特徴です。

厳しい検閲を課す中国当局と表現者としてのせめぎ合いの中で、社会性とエンタメ性を高いレベルで両立させた作品を生み出し、才気を発揮し続けているのが「第六世代」の映画監督たちなのです。

第六世代の旗手ワン・シャオシュアイ監督について

画像:撮影中のワン・シャオシュアイ監督


(C)Dongchun Films Production

そんな第六世代の旗手ワン・シャオシュアイは、1966年、中国・上海生まれの映画監督です。

中国で唯一、映画関係の人材を養成するエリート大学北京電影学院監督学科を卒業後、1993年に『冬春的日子』でデビューし、BBCの「21世紀に残したい映画100本」に中国映画として唯一選出されました。

1998年『ルアンの歌』がカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたのを皮切りに、同映画祭に4度の正式出品を果たし、『青紅』(2005)が審査員賞に輝きます。

さらにベルリン国際映画祭では、2001年『北京の自転車』で銀熊賞(審査員グランプリ)、2008年『我らが愛にゆれる時』で銀熊賞(最優秀脚本賞)、そして本作『在りし日の歌』で銀熊賞(最優秀男優賞&最優秀女優賞)と、3度の正式出品でいずれも銀熊賞を受賞する快挙を成しとげています。

2010年にはフランス文化省から芸術文化勲章シュヴァリエ章を授与。近年では、若手監督の育成に力を入れ、プロデューサー業も積極的に行っています。

スポンサーリンク

映画『在りし日の歌』とは?


(C)Dongchun Films Production

本作は改革開放後、“一人っ子政策”が進む1980年代、めざましい経済成長をとげた1990年代、そして2010年代と、激動の現代中国と社会を背景にある夫婦が辿る、壮大な30年に及ぶ人間ドラマが描かれます。

また、ある二つの家族の姿を通して、約30年間の中国社会の縮図をも示しています。

現代中国の片隅で生きる人々に向けられたワン・シャオシュアイ監督の眼差しがスクリーンに映し出されることでしょう。

主演は、ヤオジュン役を『薄氷の殺人』(2015)のワン・ジンチュンヤオジュンの妻・リーユンを『黒衣の刺客』(2015)のヨン・メイが熱演します。

ワン・ジンチュンとヨン・メイは、本作で第69回ベルリン国際映画祭最優秀男優賞、女優賞受賞という快挙を成し遂げました。

映画『在りし日の歌』の作品情報


(C)Dongchun Films Production

【日本公開】
2020年(中国映画)

【原題】
地久天長

【英題】
SO LONG, MY SON

【監督】
ワン・シャオシュアイ 

【脚本】
ワン・シャオシュアイ、アー・メイ

【キャスト】
ワン・ジンチュン ヨン・メイ チー・シー ワン・ユエン ドゥー・ジャン アイ・リーヤー

スポンサーリンク

映画『在りし日の歌』のあらすじ


(C)Dongchun Films Production
国有企業の工場で働くヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で幸せに暮らしていました。

大切な一人息子のシンシンが川辺で溺れて亡くなるまでは…。

悲しみに暮れるふたりは、住み慣れた故郷を捨て、心許せる仲間とも距離を置き、誰も自分たちのことを知らない町へと移り住みます。

そして、歳月は流れ…。

まとめ


(C)Dongchun Films Production
ワン・シャオシュアイ監督は、本作の制作にあたり以下のように語っています。

「1949年以来、中国の成長と発展は国家の政策や社会制度と密接に関係し、激しく揺れ動いていました。『在りし日の歌』は時代の証であり、社会、家族、自分たちのアイデンティティの強烈な変化のなかで普通の中国の人々がどう感じていたかを表しています」

喜びと悲しみ、出会いと別れを繰り返し、それでも共に手をたずさえて生きていく夫婦の姿を、激動の中国を背景に映し出した本作。

大きく変貌し続ける社会の片隅で懸命に生きる人びとを優しい眼差しで描き出した、壮大な叙事詩と呼ぶべき傑作と言えることでしょう。

映画『在りし日の歌』は、2020年4月3日(金)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『地蔵とリビドー』上映館情報。やまなみ工房のドキュメンタリー90秒予告編解禁

©2018 ATELIER YAMANAMI ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』は、やまなみ工房のアーティストに焦点を当てた作品であり、障がいとはどこに存在するかを観る者に問いかけてきます。 やま …

新作映画ニュース

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじとキャスト。サイモン・ベイカーが美少年サーファーを撮る

オーストラリアで5週連続TOP10入りの大ヒットを記録! ティム・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学『ブレス:呼吸』を、人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め、邦題『ブレス あの波の向こうへ』 …

新作映画ニュース

映画『エポックのアトリエ』公開日/上映館。ドキュメンタリーでデザイナー“菅谷晋一がつくるレコードジャケット”を追う!

好きになる。夢中になる。生き方になる。 新しい生き方のヒントがあるドキュメンタリー映画 ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO’Sなどのレコードジャケットを手がけるデザイナー“菅谷晋一”の、一 …

新作映画ニュース

《動画で見る小林竜樹インタビュー》映画『横須賀綺譚』東日本大震災の風化や記憶の改ざんはあってはならない

話題の映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新 …

新作映画ニュース

劇場版『パラレルスクールDAYS』高橋ひかる&甲斐翔真ら舞台挨拶に登壇。完成披露試写会リポート

さらなる盛り上がりを目指して、登壇者全員が意気込み © SoftBank Corp. All rights reserved. YouTubeで配信中の人気ドラマを映画化、深い味わいを見せる純粋なラブ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学