Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/10/27
Update

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第1弾。『アリー/スター誕生』やアジア三面鏡の解説

  • Writer :
  • 村松健太郎

10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。

アンバサダーの松岡茉優のキュートさ、レッドカーペットに登場するや否や大騒ぎとなった稲垣吾郎、そして監督作を引っ提げて来日したレイフ・ファインズと華やかに開幕しました。

意外と天候に恵まれない東京国際映画祭のレッドカーペット。今年の天候の良さは珍しいモノでした。

そんな東京国際映画祭から実際に見ることができた話題作・注目作の速報レビューをお届けします。

スポンサーリンク

TIFF2018のオープニング作品映画『アリー/スター誕生』

2018年のオープニング作品となった『アリー/スター誕生』。

歌手を夢見るウェイトレスのアリーと、カントリーミュージシャンのジャクソンの運命的な出会いから始まる輝きと切なさを併せ持つラブストーリーであり、サクセスストーリーとなっています。

過去に何度か映画化されている脚本に新しい息吹を吹き込んだのが本作で監督デビューを飾るブラッドリー・クーパー。

これまで数々の作品で製作として名前を連ねた彼が、待望の監督デビューを飾り、またジャクソン役を演じています。


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

そしてなんといっても注目はアリー役。アーティストとして世界のトップに立つレディー・ガガが映画初主演を飾りました。

最初にアリーとして登場した時に“レディー・ガガがレディー・ガガに見えない演技”を見せた所からそのままスクリーンに釘付けになります。

そしてポップスターとして大成功を収めるクライマックスで、レディー・ガガ本人と被る圧倒的なオーラを見せつけてくれます。

そういった意味ではレディー・ガガのサクセス・ストーリーにも重なる部分もあるフィクションと、リアルが重なる展開も見どころです。

一方で華やかな活躍の裏側でアルコールに溺れるジャクソンの姿は『エリック・ クラプトン~12小節の人生~』『ボヘミアン・ラプソディ』など、アーティストの自伝的映画でよく見かけます。

アーティストになることで世界的な名声を得たものの、一方で精神をすり減らしていく様は、輝きの裏側をリアルに描き出しています。

『エリック・ クラプトン~12小節の人生~』はエリック・クラプトンの実像に迫ったドキュメンタリー。

『ボヘミアン・ラプソディ』は伝説のロックスターQUEENのフレディ・マーキュリーの自伝的映画。

『アリー/スター誕生』は完全なフィクションではありますが、アーティストの光と影を描いた映画、まるで足並みをそろえたように立て続けに公開されます。

劇場アニメ『PSYCHO-PASSサイコパスSinners of the System Case.1『罪と罰』&Case.2『First Guardian』』


©サイコパス製作委員会

テレビで2シーズンに加え、劇場版も公開された人気アニメシリーズが4年ぶりに再始動。

レギュラーキャラクターはそのままに、主役の常守朱以外のキャラクターを主軸に置いた三部作の内、1作目と2作目が初披露となりました。

1作目『罪と罰』は、時系列的にも劇場版以降の物語という文字通りの新作となっています。

“サンクチュアリ”と呼ばれる新しいコンセプト更生施設を巡る事件に直面する物語で、メインは第2シーズンから監視官となった霜月美佳と執行官の宜野座伸元がメインとなっています。

直情的だった霜月が監視官としてしたたかな面を持つキャラクターとして成長を見せ、宜野座がかつての父親・征陸智己を彷彿とさせる頼れるベテラン感を漂わせるキャラクターになっています。


©サイコパス製作委員会

2作目『First Guardian』は時系列を遡り2016年がメインの舞台。

シーズン2から執行官として登場した須郷徹平が、国防軍のエースパイロットから執行官になるまでの物語。

時系列上シリーズ前半の2016年ということでシリーズでは、すでに姿を消した征陸智己、縢秀星が執行官として登場。

さらに、青柳監視官や監視官としての宜野座が登場する、シリーズファンへのサービス的な要素もたっぷりな物語となっています。

3作目で主人公格となる予定の狡嚙慎也も執行官姿を見せています。

スポンサーリンク

映画『プロジェクト・グーテンベルグ』

ハリウッドでも活躍するチョウ・ユンファと、中華圏映画のベテランスターのアーロン・クォックがダブル主演のサスペンス映画。

監督は「インファナル・アフェア」シリーズの脚本などで知られるフェリックス・チョンが務めた2時間を超すボリュームの堂々たる大作。

何と言っても見どころはチョウ・ユンファ。“画家”と呼ばれる偽ドル偽造団のカリスマ的なリーダーを快演しています。

グーテンベルグの言葉通り、前半部分は新米ドル札の偽造を進める工程がスリリングに描かれています。


(C)2018 Bona Entertainment Company Limited

ここで一団にスカウトされる模倣の天才でありながら、作品は泣かず飛ばずの絵描きをアーロン・クォックが演じていて、チョウ・ユンファに魅せられ犯罪に加わっていきます。

劇中の中盤では大迫力の爆破シーンもたっぷりなガン・アクションがあります。

ここではなんとチョウ・ユンファが“二丁拳銃”を見せてくれます。「男たちの挽歌」シリーズで彼を知った映画ファンにはたまらないシーンです。

映画はアーロン・クォックが過去を遡って語っていくスタイルで描かれ、同じスタイルの『ユージュアル・サスペクツ』などと同様に大きな仕掛けがいくつもあります。

『アジア三面鏡2018「journey」』

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭による映画製作プロジェクト第2弾。

2016年の『アジア三面鏡リフレクション』は、故・津川雅彦、永瀬正敏などが登場、監督としても行定勲監督が参加しました。

今回も日本から長谷川博己、松永大司監督が参加しています。

三面鏡シリーズの一番のコンセプトであるキャスト・スタッフ、ロケ地のシャッフルは今回も健在です。

オムニバス作品1『海』


「海」(C)2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved

“旅”をテーマにした今回は『海』『碧朱』『第三の変数』の3作品。

『海』は亡き父親の遺骨を海に撒く旅に出る母娘の物語。知らず知らずのうちに溝ができてしまった二人のぎこちない関係が徐々に溶け合っていく姿を描いています。

オムニバス作品2『碧朱』


「碧朱」(C)2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved

2作目『碧朱』は、日本から長谷川博己と松永監督がミャンマーに進出し撮影しました。

鉄道環状線の速度を倍にするために日本からやってきた技術者を演じる長谷川博己。

彼がミャンマーのリアルな姿を見ていくことで、生活が便利になっていくことが果たして地元の人々にとって幸せなのか、ということを考え始めます。

オムニバス作品3『第三の変数』


「第三の変数」(C)2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved

インドネシアから東京にやってきた夫婦。日本人の家に民泊する予定が、彼らを迎えたのは妻の元恋人にそっくりなケンジというインドネシアと日本人のハーフの青年で…。

このケンジが微妙な夫婦仲の研究をしていると言って二人の間に入ってくると、独特なテイストのコメディに仕上がっています。

さて、次回はコンペティション作品を追って、ご紹介させていただきます。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ドント・ウォーリー』あらすじとキャスト。ガス・ヴァン・サント監督の20年越しの渾身の一作

ガス・ヴァン・サント監督、3年ぶりの新作映画『ドント・ウォーリー(邦題)』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開決定! 亡き名優ロ …

新作映画ニュース

中村倫也映画『水曜日が消えた』舞台挨拶配信で笑顔!キャスト深川麻衣・石橋菜津美らと演技力について語る

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より公開! 曜日によって人格が変わるという一人の男性、「僕」の人生。そんな彼のある日に起きた異変の様と、それに伴う彼の決断を追った映画『水曜日が消えた …

新作映画ニュース

映画『PLAY 25年分のラストシーン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。パリの90年代カルチャーが青春を彩る!

サン・セバスティアン国際映画祭正式出品作。 13歳から撮り続けた「僕の25年間」。 2019年のサン・セバスティアン国際映画祭に正式出品され、その斬新な試みが話題となったフランス映画『PLAY』。 ( …

新作映画ニュース

映画『普通は走り出す』あらすじとキャスト。アップリンク吉祥寺の渡辺紘文監督特集上映で公開!

「異能・渡辺紘文監督特集上映」はアップリンク吉祥寺にて2019年10月25日(金)より公開。 東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門(旧:日本映画・ある視点部門)に4度の入選を果たし、海外映画祭にも …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの金持ち夫人役はチョヨジョン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学