Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/16
Update

映画『僕に、会いたかった』2枚でTAKAHIROになるティザービジュアル!板垣瑞生らキャスト写真も解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

「EXILE」TAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』

日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」。

そのヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが映画初の単独主演を果たした感動作、映画『僕に、会いたかった』が2019年5月10日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーを迎えます。

松坂慶子、小市慢太郎のほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。

監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。

島根県隠岐の島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマ『僕に、会いたかった』。

解禁されました本作の特別ティザービジュアルと場面写真をご紹介いたします。

スポンサーリンク

2枚で1人のTAKAHIRO!


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

海辺をバックに物憂げな表情を浮かべるTAKAHIRO演じる徹のアップを捉えたビジュアルですが、今回は左右の顔に分かれ、2枚で1枚の絵が完成する特別仕様となっています。

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

TAKAHIROは、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。

本人も「俺じゃないみたいだ」と話すほど、これまでの華やかなイメージを覆し、無精髭を蓄えた寡黙な男を演じました。

ティザーチラシは上映される映画館等で配布される予定。

ぜひ2枚ともお手に取ってTAKAHIROを完成させていただきたいです。

躍動する若手俳優たち


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

TAKAHIRO演じる漁師・徹の住む隠岐島にやってくる“島留学”の学生たち。

実際、隠岐島でも、豊かな自然の中で、学力以外にも未来を切り開いていく人間力を育てていく制度として行われています。


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

育ってきた環境とは違う生活の中で、壮大な自然に触れ密すぎるコミュニティの中でときにぶつかり自分を見つめなおしながら成長していく子供たち…。

その成長は、記憶を失くしたことで前に進めずにいた徹を少なからず刺激していくことになります。

島留学の学生たちを演じたのが、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨といった旬の若手俳優たち。


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

とくに島留学に来る3人の学生たちは、群像劇としてそれぞれドラマを秘める役どころ。

テレビドラマ『コウノドリ』(2015)映画『相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017)で高い演技力を披露し注目を集める木村めぐみ役の山口まゆは、島留学の同期たちの成長をそばで見守りながら、最後まで素性を明かさない難しい役どころを熱演しており、ブレイク必至と注目されています。

また、母との確執を島での成長を通し乗り越えていく福間雄一役の板垣瑞生は『ソロモンの偽証』(2015)で準主役を務め、ダンスボーカルユニット「M!LK」としても活動。

また、島での生活を通し、思いやりと感謝の気持ちを学んでいく横山愛美役の柴田杏花の演技にも注目が集まります。


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

スポンサーリンク

映画『僕に、会いたかった』の作品情報


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
錦織良成

【キャスト】
TAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨、宮本裕子、吉野由志子、川村紗也、斉藤陽一郎、清水宏、山下容莉枝、秋山真太郎、黒川芽以、小市慢太郎、松坂慶子

【作品概要】
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが満を持して、映画で初めて単独主演。

ドラマを支えるのは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派です。

そしてテレビドラマ『コウノドリ』(2015)映画『相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017)の山口まゆ、『ソロモンの偽証』(2015)で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固めます。

錦織良成監督が描き出す、家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。

映画『僕に、会いたかった』あらすじ


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。

その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。

本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるんだろうか?

その裏側には家族の、温かくも切ない秘密がありました。


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進めません。

そんな男を、島の人々の優しさが包み込みます。

雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるんでしょうか?

そして事故の真相を知った時、男は…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

本作でTAKAHIROは華やかなイメージを覆し、事故をきっかけに記憶を失くした寡黙な元漁師・徹という難役に挑戦。

さらに、徹の住む隠岐島にやってくる“島留学”の学生たちを演じたのは、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨といった旬の若手俳優たち。

特別仕様のビジュアルは2枚でひと組となっており、あわせると海辺をバックに物憂げな表情を浮かべたTAKAHIROが完成!

また、躍動感あふれる若手俳優や、松坂慶子、小市慢太郎ら実力派俳優の姿がおさめられた場面写真も必見です。

日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作。

家族との「今」を大切にしたくなる映画『僕に、会いたかった』は2019年5月10日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!!

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

関連記事

新作映画ニュース

映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』あらすじ/キャスト/公開日。ライブですうが時空を超える!?

映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』は2020年5月8日(金)より上映。 結成10周年を迎える“SILENT SIREN”が、映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』で、ついに …

新作映画ニュース

【完成披露試写会プレゼント】映画『キュクロプス』5組10名様ご招待!(4/11映画美学校試写室)

映画『キュクロプス』は5月3日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー! 大庭功睦監督が製作、脚本も兼ねて自主製作として完成させた映画『キュクプロス』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭20 …

新作映画ニュース

映画『キャプテン・マーベル』あらすじキャスト。マーベル史上初の女性ヒーローをスクリーンXで目撃せよ!

映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金)より公開 マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金 …

新作映画ニュース

映画『レリック-遺物-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ガチ怖ホラーがオーストラリアから日本上陸!

ジェイク・ギレンホールと『アベンジャーズ』製作陣が認めた才能! 日系オーストラリア人女性監督、戦慄のデビュー作。 全米興収ランキング3週連続第1位、2020年の映画賞を席巻した驚異の傑作ホラーがついに …

新作映画ニュース

キャストと監督が語る永遠のライバルについて。映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』特別映像解禁

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』初公開映像付き特別映像が解禁 永遠のライバルが「もしも」対面していたら誰よりも理解し合えたはずでした。 映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』キャスト・監督が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学