Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/08
Update

永瀬廉映画『うちの執事が言うことには』あらすじとキャスト。キンプリメンバー初共演

  • Writer :
  • 石井夏子

人気アイドルグループ『King & Prince』のメンバー、永瀬廉が初主演を飾る映画『うちの執事が言うことには』が、2019年5月17日に公開が決定しました。

2014年に刊行された高里椎奈の同名小説シリーズを実写映画化した映画『うちの執事が言うことには』。

名門一家の若き当主を演じる永瀬廉と、執事に扮する清原翔が贈る、上流階級ミステリーです。

この記事では解禁されたティザービジュアルも紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『うちの執事が言うことには』のティザービジュアル


(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

今回解禁されたティザービジュアル、なんて華やかなんでしょうか。

こちらをじっと見つめる永瀬廉、そんな彼に花の入ったティーカップを差し出す清原翔…。

豪華な装飾品に、色とりどりの花たち。永瀬廉の手元の呼び鈴で清原翔が呼び出されたんでしょうか。

美しい世界観にうっとりと心奪われます。

様々な妄想がはかどるティザービジュアル、映画公開への楽しみが増えますね。

映画『うちの執事が言うことには』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫)

【監督】
久万真路

【キャスト】
永瀬廉、清原翔、神宮寺勇太

【作品概要】
原作は、2014年に刊行され、2015年にはコミックス化もされた、高里椎奈による同名小説です。

監督は、ドラマ『火花』(2017)や映画『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』(2016)などの久万真路。

脚本は、『ツレがうつになりまして。』(2011)『あなたへ』(2012)などの青島武が執筆しています。

男性アイドルグループ『King & Prince』の永瀬廉が頭脳明晰な御曹司・花穎役で映画初主演し、同グループの神宮寺勇太が大学生起業家・赤目刻弥で共演し、銀幕デビューを飾ります。

また、2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』も控えている清原翔が、仏頂面の執事の衣更月役を演じます。

いまひとつ息の合わない“不本意コンビ”が織りなす、上流階級ミステリー!

スポンサーリンク

映画『うちの執事が言うことには』のあらすじ

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主烏丸花穎が留学先の英国から帰国します。

しかし、彼を迎えたのは、花穎が絶大な信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、まったく見ず知らずの仏頂面の青年・衣更月蒼馬でした。

突如行方をくらました花穎の父・真一郎が残した命令によって、花穎は不本意ながら衣更月と主従関係を結ぶ羽目になってしまいます。

新たに執事として仕える衣更月との微妙な空気が流れる中、招待された芽雛川家次男のバースデーパーティーで、花穎はある事件に巻き込まれ、やがて周囲で不可解な出来事が起こり始め…。

いつでも真剣勝負な“キンプリ”のふたり

今回が映画初主演の永瀬廉と、スクリーンデビューの神宮寺勇太。

数々の大舞台に立ってきた彼らのコメントと、撮影に向けてのエピソードをお伝えします。

永瀬廉が映画初主演に挑む決意とは⁈

永瀬廉は花穎を演じるため、日本バトラー&コンシェルジュ代表・新井直之氏の所作指導で優雅な立ち振る舞いを体得するほど。

プロとしての意地仕事への真剣さを感じます。

はじめ永瀬廉は、初主演のオファーがきたことに驚きと嬉しさを感じたようで、こう語っています。

「初主演という事で不安もありますが、脚本を何度も読み込んでいるうちに楽しみという気持ちが日に日に大きくなっていき、撮影するのが待ち遠しいです。花穎という人物は、一見わがままのようでいて、とても優しい人間です。

また、色彩感知能力が高いという少し変わった能力を持ち合わせています。

父親の命で突然当主となり、初めは息の合わない執事ともいくつものトラブルを解決しながら人として成長していき、優しさや温かい部分もしっかり表現出来たらと思います」

永瀬廉は不安と期待の中でも、「父親の命で突然当主となり、初めは息の合わない執事ともいくつものトラブルを解決しながら人として成長していき、優しさや温かい部分もしっかり表現出来たら」と語っています。

映画初主演に永瀬廉がどのような成長を見せるのか楽しみですね。

神宮寺勇太の役づくり

神宮寺勇太は、物語のキーパーソンとなる名門・赤目家の御曹司で、大学生ながらスイーツ店のオーナーを務める赤目刻弥役を演じます。

刻弥を「花類に親しみを持って近づいていくお兄ちゃん的存在でありながら、実はミステリアスで謎が多いキャラクター」と分析している神宮寺勇太。

普段から(花類を演じる永瀬)本人に優しく接してみたり、冷たく接してみたりして、役づくりをしています」と“キンプリ”メンバーならではの信頼感独自の役づくりを語りました。

映画初出演ながら、役や作品への取り組み方をきっちりとらえている神宮寺勇太は、天性のエンターテイナーです。

スポンサーリンク

正反対の役を演じる清原翔

仏頂面の執事・衣更月蒼馬役の清原翔は本作の出演にあたりこう語っています。

出演のお話を頂いたとき「執事」というものが、日常ではほぼ触れないものだったので、作法や言葉使いが自分とは正反対すぎて漠然と大変なんだろうなと想像していました。

実際に撮影に入り、カメラが回っていてセリフもある中で執事の作法で動いてみるとその大変さは想像以上でした。

確かに“執事”という職業には、普段あまり接することはありません。

ティザービジュアルを見ると自然にこなしていると感じ取れる身のこなし。

実は大変な努力と苦労があったんですね。

また、清原翔は永瀬廉について「永瀬くんとは初対面、初共演だったんですが、永瀬くんがどんどん話しかけてきてくれてたおかげで仲良くさせて頂きました」と仲睦まじい様子を話しました。

人懐っこい永瀬廉と、ちょっと緊張している清原翔の姿が想像できて、とても微笑ましいエピソードです。

久万真路監督が期待する俳優たち

映画『うちの執事が言うことには』の監督久万真路は、俳優陣について期待に満ちたコメントをしています。

まずは永瀬廉について。

永瀬君が持っている透明感と人懐っこさは、イノセントな花穎のイメージにピッタリです。初主演ということもあって、永瀬君の意気込みは相当なものです。しっかりとタッグを組んで、原作の魅力を越える皆さんの心に届く作品にしたいと思います。

やはりここでも永瀬廉の人懐っこさが出てきました。永瀬廉の人と壁を作らない、ピュアな魅力が本作でも満開になるはずです。

お次は清原翔に対してのコメント。

独自の存在感を放つ清原君、初めての執事役に苦戦していますが、長身を生かした執事の所作は決まると惚れ惚れする姿を見せてくれます。清原君演じる生真面目すぎる衣更月と、永瀬君演じる一見、自由奔放に見える花穎のちぐはぐなコンビは、一体どんな化学反応を起こすのでしょうか?皆さん楽しみにしていてください。

男性向けファッション誌『MEN’S NON-NO』のモデルとしてキャリアをスタートさせた、抜群のスタイルと身のこなしを生かした清原翔の執事姿、楽しみですね。

最後は神宮寺勇太についてこう語る監督。

物語のキーパーソンとなる赤目刻弥は、明るさの中に秘めたものがある役なので、神宮寺君が演じることでより深みを与えて魅力的なキャラクターにしてくれると思い、楽しみにしています。

神宮寺が原作のキャラクターをより魅力的にしてくれるというコメントに、胸が高鳴ります。

まとめ

2014年に刊行された高里椎奈の同名小説シリーズを実写映画化した映画『うちの執事が言うことには』。

人気アイドルグループ『King & Prince』の永瀬廉が初主演を飾り、同じく“キンプリ”メンバー神宮寺勇太と、モデル出身の清原翔が共演します。

久万真路監督も俳優陣の熱意や役づくりに期待を寄せているようで、こちらもワクワクして来ます。

また、解禁されたティザービジュアルも麗しい出来栄えで、映画公開まで待ちきれません。

映画『うちの執事が言うことには』は、2019年5月17日(金)にロードショーです!

関連記事

新作映画ニュース

海外ドラマ『デイ・アフターZ』あらすじ。Hulu動画配信のほかでも見られるの?

© Art Picture Vision 2013 © CTC 2013 海外ドラマ『ウォーキング・デッド』に続く、新 “ゾンビ”エンタテインメントな海外ドラマ『デイ・アフターZ』日本公開決定! ロシ …

新作映画ニュース

安田潤司監督2作品同時上映!『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』予告編解禁

80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』。 東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートの奇才・飴屋法水と劇団メンバーが …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『デスマッチ 檻の中の拳闘』の感想紹介。おすすめアクションの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『デスマッチ 檻の中の拳闘』をあらすじ紹介 今回ご紹介するのは、闇世界の格闘大会を描いたアクション映画『デスマッチ 檻の中の拳闘』。 (C)2018 Donn …

新作映画ニュース

映画『一度も撃ってません』あらすじ。キャストの石橋蓮司18年ぶりの主演作は2020年7月3日公開!

昼は妻にタジタジ、ハードボイルド気取りな小説家。 だけど夜は伝説のヒットマン!?でもやっぱりこの人、撃ったことない…かも。 1989年の『どついたるねん』デビューから、『新・仁義なき戦い。』『KT』『 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャスト藤原竜也(ボンベロ役)。プロフィールと演技力の評価

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学