Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/17
Update

【映画ステッカープレゼント『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』】小池健監督の原画「峰不二子」抽選で3名様へ

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』は2019年5月31日(金)より新宿バルト9ほかで限定公開!

モンキー・パンチの代表作『ルパン三世』の主要キャラクターにスポットを当てるスピンオフ「LUPIN THE ⅢRD」シリーズ第3弾

それが、“史上もっともSEXYで最高のミューズ”峰不二子に訪れる危機を描いた長編アニメ映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』です。

これまでに『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』を生んだトップクリエイターたちが再集結して制作された本作。

この度、5月31日(金)からの劇場での限定公開を記念し、小池健監督原画「峰不二子」ステッカーを抽選で3名様にプレゼント致します!

スポンサーリンク

映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』とは


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

漫画家モンキー・パンチの代表作『ルパン三世』の大人気キャラクターにして、世紀の大怪盗ルパン三世すらも虜にする美女、峰不二子

そんな彼女の元に訪れた絶体絶命の危機を描いたのが、長編アニメーション映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』です。

『ルパン三世』の主要キャラクターにスポットを当てるスピンオフ「LUPIN THE IIIRD」シリーズの第3弾にあたる本作の制作には、第1弾『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』、第2弾『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』を生んだトップクリエイターたちが再集結しました。

監督を務めるのは、初監督作『REDLINE』をはじめスタイリッシュかつハードな作風で知られ、国内外から高い評価を得ている小池健

脚本には『ルパン三世 PART4』でシリーズ構成・脚本を務めた高橋悠也。音楽にはCM・映画音楽で活躍し、『REDLINE』でも同じく音楽を担当したジェイムス下地

また、アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルムが担当し、浄園祐がプロデューサーとしてプロジェクトを指揮。またテレコムのトップ・アニメーターである友永和秀横堀久雄らも原画に参加しました。

主演には、2011年より峰不二子の声を担当する沢城みゆき強くてキュートな不二子を魅力たっぷりに演じています。そしてルパン三世役は、もちろん栗田貫一。長いキャリアで硬軟自在に「生きたルパン三世」を現出させます。

小池健監督のプロフィール


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

高校卒業後、アニメ制作会社マッドハウスに入社。川尻義昭監督の『妖獣都市』(1987)や『獣兵衛忍風帖』(1993)などに参加し、アニメーターとしてのキャリアを積んでゆきます。

石井克人監督の『PARTY 7』(2000)ではオープニングシーンなどでキャラクターデザインとアニメーション監督を務め、オムニバス構成のオリジナルビデオ「Grasshoppa!」シリーズ4作品でも石井監督とタッグを組みました。

大ヒット映画『マトリックス』の世界観をアニメーションで表現したオムニバス映画『アニマトリックス』(2003)の一編「ワールド・レコード」を監督。世界的に注目を集めました。

石井監督が原作・脚本を手がけた『REDLINE』(2010)にて、劇場用の長編作品を初めて監督。手描きにこだわり、製作期間7年・作画枚数10万枚におよんだ同作は全米でも公開されました。

そして、『ルパン三世』スピンオフとして制作されたTVシリーズ『LUPIN the third ~峰不二子という女~』(2012)では、キャラクターデザインと作画監督を担当。

また「LUPIN THE ⅢRD」シリーズ第1弾『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』(2014)、第2弾『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』では監督を務めました。

スポンサーリンク

小池健監督原画「峰不二子」ステッカープレゼントの詳細


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

この度、映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の公開を記念し、小池健監督原画「峰不二子」ステッカーを抽選で3名様にプレゼント致します。

プレゼント内容の情報

【プレゼントグッズ】

小池健監督原画「峰不二子」ステッカー


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

プレゼントの応募受付


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

【応募方法】
下記のコンタクトフォームに必要事項をご入力の上、お送りください。

【小池健監督原画「峰不二子」ステッカー】のプレゼント応募

【応募締切】
2019年5月30日(金)の23時59分まで有効

【当選者数】
3名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の作品情報


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

【公開】
2019年5月31日(金)(日本映画)

【原作】
モンキー・パンチ

【監督】
小池健

【脚本】
高橋悠也

【キャスト(声の出演)】
栗田貫一、小林清志、沢城みゆき、宮野真守、半場友恵

スポンサーリンク

映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』のあらすじ


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

抜群の美貌とプロポーション、明晰な頭脳、そして巧みな話術や優れた身体能力によって、狙った獲物は必ず手に入れてきた峰不二子(声:沢城みゆき)。

彼女はジーン(声:半場友恵)という少年とともに、呪いの力によって人心を操る殺し屋ビンカム(声:宮野真守)から逃げ続けていました。

ジーンは彼の父ランディが横領した5億ドルのカギを握っており、すでにランディを始末してしまったビンカムにその命を狙われていたのです。

自身と同じく5億ドルを狙うルパン三世(声:栗田貫一)と次元大介(声:小林清志)の助けもあり、一度はビンカムの魔の手から振り切った不二子たちでしたが、逃亡の果て、ついに捕まってしまいます。

ビンカムの鋭利な爪が今、不二子に襲い掛かる…!

まとめ


原作:モンキー・パンチ (C)TMS

2019年5月31日(金)より新宿バルト9ほかで限定公開される映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』。

その公開を記念し、小池健監督原画「峰不二子」ステッカーを抽選で3名様にプレゼント致します。

本作の主人公にして、己の欲望に対して決して揺らぐことのない美女・峰不二子を、小池健監督自らが描いたとってもSEXYでキュートな一品です。

小池健監督原画「峰不二子」ステッカープレゼントに、ぜひふるってご応募ください!

関連記事

新作映画ニュース

映画『よこがお』筒井真理子×池松壮亮ら舞台挨拶に登壇。公開舞台挨拶会リポート

ロカルノ国際映画祭での反応に期待 『淵に立つ』の深田晃司監督と筒井真理子が再びタッグを組み、世界を目指すヒューマンストーリー『よこがお』。 (c)Cinemarche 2019年7月27日(土)に東京 …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの医者・境役は滝藤賢一【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

シリーズ最新作『大脱出3』の映画予告編とポスタービジュアル解禁。スタローンが怒り爆発!?

あの脱獄のプロに迫る最大の危機! 「ロッキー」「ランボー」「エクスペンダブルズ」に続く、スタローン主演で贈る新たなシリーズ代表作となった「大脱出」シリーズ。 1作目では大海原に浮かぶ監獄要塞“墓場”を …

新作映画ニュース

映画『パリの家族たち』あらすじキャスト。マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督が贈る女性賛歌

観ればきっと家族に会いたくなる幸せの映画  © WILLOW FILMS – UGC IMAGES – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINÉMA 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』 …

新作映画ニュース

映画『エレファント・マン 4K修復版』公開日/上映館。デヴィッド・リンチ初期代表作品が劇場で蘇る

不朽の名作『エレファント・マン』40周年記念 鬼才デイヴィッド・リンチが自ら監修し4K修復版となって日本“緊急”公開決定。 第53回米アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP