Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ワイン・コーリング』劇場公開は11月1日よりシネスイッチ銀座やアップリンクにて上映。“映画で旅する自然派ワイン”とは

  • Writer :
  • 松平光冬

フランスワイン界の革命児たちを追ったドキュメンタリー。

今注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと、愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画『ワイン・コーリング』が、2019年11月1日(金)より、シネスイッチ銀座、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかで全国順次公開されます。

映画公開に先駆け、『ワイン・コーリング』のティザービジュアルが解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ワイン・コーリング』について

(C)PINTXOS2018

近年、日本でも若者を中心に人気が高まっている自然派ワイン。

有機栽培で育てたブドウで、添加物を使わずに作られるこのワインの生産者は、フランスではわずか全体3%程度しか存在しないのだとか。

つまり、農薬や科学肥料を使わないということは、それだけ畑の管理に膨大な時間と手間がかかることを意味します。

さらに添加物を使用しないということは、発酵のトラブルが起きる危険性が高まるということ。

そうした数々のリスクを冒してでも、生産に取り組む人がいる自然派ワイン。

その魅力を、自然体で人生を楽しむ南フランスのワイン生産者たちの愛すべきライフスタイルとともに追いかけたドキュメンタリー映画です。

映画『ワイン・コーリング』のティザービジュアル


(C)PINTXOS2018

このほど解禁となったティザービジュアルは、「ワインも人生も、“ナチュラル”に楽しもう!」というキャッチコピーとともに、日の光を浴びながらワインづくりに勤しむ生産者たちを捉えた写真が使われています。

まさに、自然派ワインづくりに人生を捧げた者たちに後光が差した、雄大なビジュアルといえます。

また、ワインのラベルを貼る人物の年季の入った手や、やはり笑顔でワインづくりに勤しむ女性や女の子の写真も散りばめられており、“ナチュラルに楽しむ”というコンセプトを表したデザインとなっています。

スポンサーリンク

映画『ワイン・コーリング』の作品情報

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
Wine Calling

【監督】
ブリュノ・ソヴァール

【キャスト】
ジャン・フランソワ・ニック、ローランス・マニャ・クリエフ、オリヴィエ・クロ&シルヴァン・レスポー、ステファン・モラン、ジャン・セバスチャン・ジョアン、ミカエル・ジョルジェ、ルイック・ルール 

映画『ワイン・コーリング』のあらすじ

(C)PINTXOS2018

映画の舞台となるのは、南フランス、ルーション地方。

自然派ワインのパイオニアともいわれるジャン・フランソワ・ニックの元には、同じく自然派のワイン造りに取り組む者たちが集います。

彼らは常に情報交換をし、必要な器具を貸し合い、収穫に人手が足りなければ助け合い、ワイン造りを行います。

早朝から汗を流して働き、家族とともに食事をとり、夜は仲間たちと楽しくワインを飲む。

畑の管理に膨大な時間と手間をかけるため、常に自然と向き合うことを要する自然派ワインづくりは苦難の連続です。

しかしながら、「必要以上にお金を稼ぐ必要はない」「納得できるワインを届けたい」と、彼らはそうした苦労をものともせず、ナチュラルに、大いにワイン造りと人生を楽しんで生きています。

スポンサーリンク

ジャン・フランソワ・ニックについて

(C)PINTXOS2018

本作のキーパーソンとなるジャン・フランソワ・ニックは、フランス南東部に位置するローヌ県のエステザルグ農協で醸造長を務めていました。

その頃から、無農薬・有機栽培で育てられたぶどうを使用したワイン、いわゆる自然派ワイン(ビオ・ワイン)の生産に着手。

2002年に独立後は、ルーション地方にあったエステザルグの元所有地を買い取り、醸造所フラール・ルージュを設立。

ここで、自らが追求する自然派ワインづくりに没頭します。

試行錯誤の末、「フラール・ルージュ」の名を施した自然派ワインが完成、彼のワインは、パリのみならず世界各国で愛飲されています。

今や多くの若者たちが、自然派ワインづくりを学びにフランソワ・ニックの元に集いますが、彼は惜しみなく栽培や醸造のアドバイスをしているのです。

まとめ

画像:「映画で旅する自然派ワイン」ポスター

© PINTXOS2018

本作『ワイン・コーリング』は、イベント「映画で旅する自然派ワイン」にて、ワイン発祥の地・ジョージアに迫った『ジョージア、ワインが生まれたところ』と同時公開されます。

2本併せて観ることで、ワインの奥深さを知ることができます。

生産性を追い求めることなく、どんなに手間がかかろうとも、体と地球に優しいワインを作り続ける生産者たちの姿は、忙しく働く私たちに人生で大切なものは何かを問いかけてくれます。

ドキュメンタリー映画『ワイン・コーリング』は、2019年11月1日(金)より、シネスイッチ銀座、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかで全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

ルネ・クレール監督映画『巴里祭』『リラの門』が4Kデジタル・リマスター版で蘇る!

巨匠ルネ・クレール監督 生誕120周年記念 優しい笑いで人々を包み込み、映像と音楽の素晴らしい調和を生み出した巨匠ルネ・クレール監督。 チャップリン、小津安二郎など、世界の映画作家にも多大な影響を与え …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの井浦新は養子縁組の父親・清和役を熱演【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

ヒョンビンが初の悪役にコメント!映画『ザ・ネゴシエー ション』特別映像とメッセージ動画解禁

タイムリミットは14時間! 互いに一歩も引けない世紀の交渉がはじまる。 ドラマ『私の名前はキム・サムスン』『シークレット・ガーデン』で視聴者を夢中にさせ、『王の涙 -イ・サンの決断-』の苦悩する王、『 …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの田所院長役は高嶋政伸【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

シャーロット・ランプリングがベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞授賞。『ともしび』の記者会見インタビュー情報

シャーロット・ランプリングが名誉金熊賞授賞! 年輪を重ねるにつれ、未踏の美しきオーラを放つシャーロット・ランプリング主演作、映画『ともしび』が、2019年2月2日より全国公開中! (C)Richard …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP