Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/09
Update

深田晃司監督×筒井真理子が放つ衝撃の映像。映画『よこがお』予告編と場面写真解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

深田晃司監督が挑む新たなる衝撃作。
待望の予告編が解禁!

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

2016年『淵に立つ』で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、世界から注目を集めた若き鬼才・深田晃司監督。

あれから2年、同作で毎日映画コンクール主演女優賞他、数々の映画賞を受賞した筒井真理子を主演に迎え、自身のオリジナル脚本による渾身の問題作『よこがお』が、2019年7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開されます。

この度、ある事件をきっかけに「無実の加害者」に問われ、幸せだった日常が崩壊していく様を、主人公演じる筒井真理子が狂気すら感じる圧倒的な存在感で演じ、観る者に深い印象を残す衝撃の予告編が解禁。

本作の予告編を場面写真とともにご紹介して行きます。

スポンサーリンク

映画『よこがお』とは


(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

映画『よこがお』は、「無実の加害者」として生きる女の絶望と希望を描く、ヒューマンサスペンスです。

ある事件をきっかけに、「無実の加害者」へと転落した女。

身に覚えのないことで不利な状況に陥り、気がつくと日常が崩壊し始めていました。

誰にでも起こりうるかもしれない人生の不条理に、人はどう立ち向かえるか…。

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

本作は、運命を受け入れ、ふたたび歩み続けるまでの絶望と希望を描きます。

演技者としての天才的なセンスを持つ”と監督が絶賛する女優・筒井真理子が演じるのは、市子/リサという異なる横顔をもつヒロイン。

彼女の運命を握る、怖ろしくも愛おしい“闖入者”(ちんにゅうしゃ)、基子と和道を演じたのは、市川実日子と池松壮亮です。。

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

映画『よこがお』の予告編

解禁となった予告編は、よくある美容室での会話から始まります。

「前にも?どこかでお会いした気が…」と話しかける美容師(池松壮亮)に対し、「いえ、初めてです」と返すひとりの女性客(筒井真理子)。

柔らかな受け答えとは裏腹に、鏡越しで美容師を見つめるその目線は強く、続く過去のフラッシュバックが、観る者をその女性・市子の物語へと一気に引き込んで行きます。

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

基子(市川実日子)の家の優秀な訪問看護師であった市子がなぜ「無実の加害者」に問われることになったのか?

主人公・市子を取り巻く人々との関係が、崩れ落ちていく様子を描きながら、主人公の葛藤と絶望に迫る場面が続き目が離せません

市子の運命を握る若手実力派・市川実日子、池松壮亮に加え、市子の婚約者役の吹越満や、ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(2019)など話題作出演が続く須藤蓮、「ホットペッパービューティー」の特別WEB動画で注目された小川未祐など、多彩な顔触れが主人公の人生をどう左右していくのかにも注目です。


(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

スポンサーリンク

映画『よこがお』の作品情報


(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

【日本公開】
2019年(日本・フランス合作映画)

【脚本・監督】
深田晃司  

【キャスト】
筒井真理子、市川実日子、池松壮亮、須藤蓮、小川未祐、吹越満

【作品概要】
本作は、運命を受け入れ、ふたたび歩み続けるまでの絶望と希望を描くヒューマンサスペンス。

『淵に立つ』でカンヌ映画祭ほか、世界から注目を集めた若き鬼才・深田晃司監督が、再び筒井真理子をヒロインに迎えました。

ヒロインの運命を握る人物を市川実日子、池松壮亮が演じます。

深田晃司監督自身のオリジナル脚本で挑む渾身の問題作です。

映画『よこがお』のあらすじ

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

訪問看護師の市子は、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていました。

なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になるための勉強を見てやっているほど。

基子が市子に対して、密かに憧れ以上の感情を抱き始めていたとは思いもせず…。

ある日、基子の妹・サキが行方不明になってしまいます。

一週間後、無事保護されますが、逮捕された犯人は意外な人物でした。

この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてが音を立てて崩れてゆきます。

すべてを失った市子は葛藤の末、自らの運命へ復讐するように、“リサ”となって、ある男の前に現れ…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

深田晃司監督が「以前『淵に立つ』で取材をうけているときの筒井真理子さんの横顔がすごく美しく、それが本作の企画の思いへ繋がった」と語る主人公の“よこがお”は観客に何を問いかけるんでしょうか。

また、予告編の最後の言葉「ある女の、ささやかな復讐。」が意味するものとは?

映画『よこがお』は2019年7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開です。

日常に潜むサスペンスを描き出した、深田監督の新たなる衝撃作をぜひスクリーンでお見逃しなく。




関連記事

新作映画ニュース

カトリーヌ・ドヌーヴ映画『アンティークの祝祭』あらすじ。キャストの実娘キアラと母娘役で日本公開は4月下旬に決定!

世界的大女優の C・ドヌーヴが実娘の C・マストロヤンニと母娘役で共演を果たした話題作! アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生―その最期の日を鮮やかに締めくくる感動の人間ドラマ『アンティークの祝祭 …

新作映画ニュース

映画『東京リベンジャーズ』キャストのヒナ役は今田美桜。かわいい演技評価とプロフィール!

映画『東京リベンジャーズ』は2021年7月9日よりロードショー 北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優が共演する青春サスペンス『東京リベンジャーズ』が公開 …

新作映画ニュース

【親子試写会プレゼント】映画『藍色少年少女』5組10名様ご招待!7月22日(月)映画美学校試写室にて開催

映画『藍色少年少女』は2019年7月26日(金)より、アップリンク吉祥寺にてロードショー! 今後映画製作を予定しているシナリオを対象とする、2009年サンダンス・NHK国際映像作家賞のグランプリを受賞 …

新作映画ニュース

映画『きみが死んだあとで』あらすじ/公開日/上映館。伝説の学生運動を巨編ドキュメンタリーで捉える!

青春だけが武器だった、あの“異常に発熱した時代”は何だったのか。 1967年の「第一次羽田闘争」において18歳で死んだ山﨑博昭を取り巻く人々を中心に、あの時代の”青春と悔い”を描いたドキュメンタリー映 …

新作映画ニュース

フランス映画『スザンヌ、16歳』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ヴァンサンランドンの娘が監督主演で思春期を描く

2000年生まれの新星スザンヌ・ランドンの鮮烈なるデビュー作。 2020年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに認定されたフランス映画『16 Printemps』。 この度映画の邦題が『スザンヌ、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学