Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

感動的で泣ける恋愛を描いた中国映画『芳華(ほうか)Youth』の本編映像解禁。ヒロインが涙する理由は?

  • Writer :
  • 石井夏子

逆境にも負けなかった彼女の涙のワケは

ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督。

文革、毛沢東の死、中越戦争など国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の70年代、その時代の波に翻弄されながらも真っ直ぐに逞しく生きていく“文工団(歌唱、舞踊、演劇等により軍の士気を高める)”の若者たちの美しく切ない青春の日々を描き出した映画『芳華(ほうか)-Youth-』を贈り出します。

2019年4月12日(金)の本作公開に向けて、本編映像が解禁されました。

これまでどんな逆境にも負けず、一人でひたむきに生き続けていた主人公のシャオピン。

しかし突如父親に会える希望を見出したことで、それまでの張り詰めていた気が緩み、涙が溢れ出す本編映像には、観ているこちらの胸も締め付けられます。

スポンサーリンク

映画『芳華-Youth-』の本編映像

本映像は、シャオピンが「長らく労働改造所(※)に収容されていた父親が解放された」という知らせを、同じ文工団のメンバーから偶然受け取るシーンから始まります。

6歳の時に両親が離婚、その後父親が労働改造所に収容されて以来“いつになれば父親と再会できるのか”と長年途方に暮れていた17歳のシャオピンにとって、それは突然もたらされた希望の知らせでした。

就寝前のベッドの中で、父に向け手紙を書くシャオピン。

「一緒に寝たのは一度きり。構って欲しくてわざと風邪をひいて。高熱を出した時だけ」涙を浮かべながら必死にその想い出を手紙に綴ります。

再婚した母親と新しい家族の中で自分の居場所を見つけることができず文工団に入団、新しい生活に期待を膨らませながらもそこでもなかなか周囲に馴染むことができなかったシャオピン。

父親と別れて以来、誰にも甘えることができず、慕っていた父親に想いを綴るこの上ない幸せな時間と、その想いが静かに溢れる感動のシーンを切り取ったものとなっています。

※労働改造…反革命犯や刑事犯に対し、労働を通じて自身の改造を強制する矯正処遇政策のこと

映画『芳華-Youth-』の作品情報


(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers
Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

【日本公開】
2019年(中国映画)

【原題】
芳華

【監督・製作】
フォン・シャオガン(馮小剛)

【キャスト】
ホアン・シュエン(黄軒)、ミャオ・ミャオ(苗苗)、チョン・チューシー(鐘楚曦)、ヤン・ツァイユー(楊采鈺)

【作品概要】
『シュウシュウの季節』(1999)で知られるゲリン・ヤンが原作と脚本。

文革、毛沢東の死、中越戦争など、時代や国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の1970年代の波に翻弄されながらも真っ直ぐに逞しく生きていく若者たちの美しく切ない青春の日々を描き出しました。

『唐山大地震』(2015)『戦場のレクイエム』(2009)の名匠フォン・シャオガンが映画化を切望し監督した本作。

リウ・フォン役は『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』(2018)のホアン・シュアンが務めます。

中国では、公開から1ヶ月で約230億円突破の大ヒットを記録しました。

スポンサーリンク

映画『芳華-Youth-』あらすじ

(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

1976年、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に、夢と希望を持った17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)が入団。

なかなか周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)でした。

だが、程なくしてリウ・フォンには秘密の想い人がいることが判明します。

報われない初恋、秘めた想い、嫉妬、悲しみと喜び、そして、交錯する若者たちのまっすぐで様々な想い。

時代が大きく変化していく中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎え…。

まとめ

名匠フォン・シャオガンが映画化を切望した本作。

いつの時代も変わらぬ友情、恋愛、青春をきらめきとともに閉じ込め、戦争と言う暗い影と対比させる描き方に引き込まれます。

解禁された本編映像では、いつも気丈に明るくふるまっていたヒロイン・シャオピンの孤独が映し出されました。

彼女が映画の最後に残すのは、笑顔か、涙か…。

映画『芳華-Youth-』は、2019年4月12日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『鉄道運転士の花束』あらすじとキャスト。アカデミー賞セルビア代表作が8月に公開!

滑稽でささやかな、愛すべき人生の傑作! モスクワ国際映画祭他での4つの観客賞、マンハイム‐ハイデルベルグ国際映画祭における映画館主賞を含む13の国際映画祭で受賞し、アカデミー賞外国語映画部門セルビア代 …

新作映画ニュース

映画『キャプテン・マーベル』あらすじキャスト。マーベル史上初の女性ヒーローをスクリーンXで目撃せよ!

映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金)より公開 マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金 …

新作映画ニュース

映画『無頼』劇場公開日/上映館/予告編。井筒和幸監督が最新作についてコメントした特別映像!

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』の井筒和幸監督、8年ぶり待望の新作 『パッチギ!』(2004)、『黄金を抱いて翔べ』(2012)など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた …

新作映画ニュース

映画『エンテベ空港の7日間』あらすじとキャスト。実話の事件をダニエル・ブリュール&ロザムンド・パイクが注目の演技で魅せる

映画『エンテベ空港の7日間』は、2019年10月より、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開! ロザムンド・パイクとダニエル・ブリュール共演による映画『エンテベ空港の7日間』。歴史的なハイジャッ …

新作映画ニュース

映画『ルース・エドガー』予告編/上映館。ヒューマンドラマにして少年の真実をめぐる心理スリラー!

人間の謎めいた本質とアメリカの現実をえぐるサスペンスフルヒューマンドラマ ナオミ・ワッツ、オクタヴィア・スペンサー、ティム・ロス出演の緊迫スリラー (C)2018 DFG PICTURES INC. …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP