Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/11
Update

映画『はりぼて』劇場公開決定と上映館。腐敗した地方政治を富山のテレビ局がドキュメンタリーで暴く

  • Writer :
  • 石井夏子

虚飾を剥がせ!この映画こそ日本の縮図だ!!

富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。

この度、映画『はりぼて』が2020年8月16日(日)よりユーロスペースほか全国順次ロードショーと決定しました。

2016年に市議14人をドミノ辞職に追い込んだ「政務活動費を巡る調査報道」により日本記者クラブ賞特別賞、ギャラクシー賞報道活動部門大賞、菊池寛賞を総ざらいした富山の若いテレビ局が、その後3年間の取材を重ねパワーアップ。

日本の政治を地方政治から抉る問題作を作り上げたふたりの監督、五百旗頭幸男(いおきべ ゆきお)、砂沢智史のコメントも到着、ポスター画像も解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『はりぼて』について

(C)チューリップテレビ

“有権者に占める自民党員の割合が10年連続日本一”である保守王国、富山県。

2016年8月、平成に開局した若いローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組が「自民党会派の富山市議 政務活動費事実と異なる報告」とスクープ報道をしました。

この市議は“富山市議会のドン”といわれていた自民党の重鎮で、その後、自らの不正を認め議員辞職

これを皮切りに議員たちの不正が次々と発覚し、半年の間に14人の議員が辞職していきました。

(C)チューリップテレビ

その反省をもとに、富山市議会は政務活動費の使い方について「全国一厳しい」といわれる条例を制定しましたが、3年半が経過した2020年、不正が発覚しても議員たちは辞職せず居座るようになっていったんです。

記者たちは議員たちを取材するにつれ、政治家の非常識な姿や人間味のある滑稽さ、『はりぼて』を目のあたりにしていきます。

しかし、『はりぼて』は記者たちのそばにもありました。

本作は、テレビ番組放送後の議会のさらなる腐敗と議員たちの開き直りともいえるその後を追った政治ドキュメンタリーです。

映画『はりぼて』のポスター画像

(C)チューリップテレビ

解禁されたポスター画像には、富山市庁舎でカラスの群れが建物を覆い、その市議会の“ドン”と思われる男の背中に、どこか不穏な雰囲気を感じ取ることができます。

すべてはりぼての世界の中に現実として私たちの暮らしはある」という、作り手のメッセージを感じるビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

監督のコメント

(C)チューリップテレビ

五百旗頭幸男監督のコメント

かつて、議会をチェックし不正を暴き続けた私たちメディアは、期せずしてその姿を見失いました。不正が発覚しても、毅然として責任を取らなくなった市議たち。彼らにぶつけた厳しい言葉の数々が宙をさまよい、無力感となって戻ってきました。「はりぼて」があぶり出すのは、議会と当局の姿だけではありません。それらを許し、受け入れてきたメディアと市民を含む、4年間の実相です。

私が退職を告げたシーンをめぐっては、制作陣で数日間の議論になりました。口を挟まず結論を委ねました。

「自分たちのかっこいい姿だけを描いても信頼は得られない。それこそ、はりぼてだ」
「弱さを隠さずに見せることは強さを示すことでもあり、再生につながる」

信頼を寄せる人たちを傷つけ、彼らの覚悟と信念に背中を押され、この映画は生まれました。胸に広がった鈍い痛みは消えそうにありません。「はりぼて」の矛先は、実は自分自身にも向けられていたのです。

砂沢智史監督のコメント

富山市議会の不正問題は発覚から4年が過ぎました。
辞職した市議は裁判をへて、新たな人生をスタートしています。
そんな中、今これを映画として世に出し、彼らの過去を掘り返すことは許されるのか?
その悩みは今も抱えています。

富山県は全国一の自民党王国。県内の市町村議会や県議会においては自民党単独での議案の可決が可能で、その勢力は圧倒的です。それは、「1強他弱」と呼ばれる国政を表す縮図と言えます。

「はりぼて」で描いたのは「人間の弱さ」です。絶大な権力を振るった市議会の「ドン」は、辞職後に自らの不正を告白します。「遊ぶ金が欲しかった」その告白は生々しいものでした。

高い志を持って政治家になっても、組織の論理に押し流されてしまう現実もある。市民から見られている緊張感がなければ心は緩み、甘えや驕りを生む。

地方議会への関心を高め、市民生活の向上につなげたい。
この映画がそのきっかけになればと願っています。

映画『はりぼて』の作品情報

(C)チューリップテレビ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
五百旗頭幸男、砂沢智史

【撮影・編集】
西田豊和

【語り】
山根基世

【声の出演】
佐久田脩

【テーマ音楽】
「はりぼてのテーマ~愛すべき人間の性~」作曲・田渕夏海

スポンサーリンク

まとめ

(C)チューリップテレビ

あっけなく辞職する議員たちの滑稽な振る舞いは、観る者の笑いを誘わずにいられません

追及する記者を含め、腐敗した議会や議員たちを笑うことしかできなのでしょうか。

果たして「はりぼて」は誰なのか?地方からこの国のあり方を問うドキュメンタリー映画『はりぼて』は2020年8月16日(日)よりユーロスペースほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

『天気の子』帆高(ほだか)役の声優は醍醐虎汰朗。プロフィールと演技力の評価

オーディションで抜擢された注目の若手俳優とは。 『君の名は。』(2016)の空前の大ヒットから3年。 期待が高まる新海誠監督の長編映画『天気の子』が、2019年7月19日より全国公開されます。 主人公 …

新作映画ニュース

映画『お名前はアドルフ?』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。舞台を映像化したノンストップコメディ!

ドイツで150万人が抱腹絶倒! 欧州で旋風を巻き起こした舞台を映画化。 ヨーロッパで旋風を巻き起こした舞台『名前』の映画化であり、ドイツで150万人が抱腹絶倒した『お名前はアドルフ?』。 (C)201 …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン! 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコ …

新作映画ニュース

映画『たちあがる女』あらすじキャスト。アイスランドのスイーツとのコラボも

映画『たちあがる女』2019年3月9日(土)ロードショー 2019年3月9日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか、全国順次公開される映画『たちあがる女』。 アキ・カウリスマキやロイ …

新作映画ニュース

【2020年1月17日〜18日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学