Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/11/20
Update

映画『スーパーティーチャー熱血格闘』あらすじネタバレと感想。ドニー・イェンが宇宙最強の教師になる|すべての映画はアクションから始まる6

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第6回

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第6回は、「イップ・マン」シリーズ(2008~15)、『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のドニー・イェンが教師を演じる学園アクション『スーパーティーチャー 熱血格闘』を、ネタバレ有でレビューします。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スーパーティーチャー 熱血格闘』の作品情報


(C)2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(中国・香港合作映画)

【原題】
大師兄(英題:Big Brother)

【監督】
カム・カーウァイ

【アクション監督】
谷垣健治

【キャスト】
ドニー・イェン、ジョー・チェン、ジャック・ロク、ユー・カン、ブルース・トン、クリス・トン、グラディウス・リー、ゴードン・ラウ、リン・チウナン、ドミニク・ラム

【作品概要】
「イップ・マン」シリーズ、『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』のドニー・イェン製作・主演の2018年製作の学園ドラマ。

問題児ばかりのクラスの担任となったドニー扮する熱血教師が、生徒たちと真剣に向き合いつつ、さまざまなトラブルにも対峙します。

主な共演者としては、『モンキー・マジック 孫悟空誕生』(2014)のジョー・チェン、『スペシャルID 特殊身分』(2013)のユー・カン、『ドラゴン×マッハ!』(2015)のドミニク・ラムなど。

監督は、『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』などのドニー主演作で助監督を務めてきたカム・カーウァイ。

アクション監督を、同じく数多くのドニー主演作品に携わり、2018年の『邪不圧正』(日本未公開)で、日本人として初の台湾金馬奨最優秀アクション監督賞を受賞した谷垣健治が担当します。

映画『スーパーティーチャー 熱血格闘』のあらすじとネタバレ

(C)2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.

中高一貫のタックチー学園では、ここ数年大学進学者を出しておらず、香港で学力最低の学校として、教育局から補助金を打ち切られる寸前になっていました。

そんな中、アメリカ帰りのチャン・ハップが教師として雇われ、6B組の担任となります。

6Bは、祖母と2人暮らしのレイ・ワイチョン、カイチンとカイインの双子のクワン兄弟、男勝りの女子ウォン・ダッナン、そしてナイジェリア移民のホン・ジョウファの、5人の問題児が集まるクラスでした。

着任早々、生徒たちからのイタズラを軽くあしらったチャンは、レイが持っていたタバコが、いかに人体に害を及ぼすのかを化学的かつ経済的に解説。

そして、「教科書など重要ではない。学校で学ぶべきことは“知識”だ」と説きます。

しかし程なくして、レイたち5人はバスケット部員たちと乱闘騒ぎを起こしてしまい、校長のラム校長は5人を退学させようとします。

チャンは、「ここで彼らを見放すわけにはいかない」と校長を説得し、反省レポートを書かせることで事態を収めます。

学校に行かなくなったレイは、バイト先のレストランで、客として来ていたボクシングジムの経営者ローの高級ライターを盗もうとします。

その窃盗がバレて半殺しの目に遭うレイですが、ローにジムで働くよう促されます。

ローは、自身が主催する総合格闘技の試合で八百長をしており、そこでレイを使って、負けを拒否するチャンピオンに筋肉弛緩剤を飲ませようと企てるのでした。

(C)2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.

一方チャンは、6Bの中でもなぜ5人が問題児なのか、個人記録を調べて原因の解決に当たることに。

子どもの頃に母親が家出して以来、父親が酒浸りの生活を送るクワン兄弟一家には、父親を禁酒プログラムに参加させることで、親子同士が真摯に向かい合う場を作ります。

本当はカーレーサーになりたいという夢を持つも、弟を溺愛する父親に反発しているウォンには、ゴーカートで親娘で対決させ、本心を伝えさせます。

ミュージシャン志望ながら、アフリカ系移民だとして周囲からの差別の目に悩んでいたホンには、広場で歌っているストリートミュージシャンの中に参加させ、自信を付けさせるのでした。

そしてレイの家を訪ねたチャンは、祖母との生活が困窮していることを知り、部屋にあった筋肉弛緩剤から、彼がよからぬ事に巻き込まれていると察し、格闘技会場へと向かいます。

弛緩剤を飲ませることに失敗し、ロッカーに閉じ込められていたレイを救出したチャンは、チャンピオンたちと大乱闘を展開。

それがテレビで報じられ一躍香港中の注目を浴びるチャンでしたが、同時に彼の過去の経歴も明かされることに。

実はチャンは、かつてタックチー学園の生徒でしたが、素行不良により退学してアメリカに渡り、その後海兵隊員として活躍。

しかし、一般市民も巻き添えとなる戦況に絶望して退役した後、恩師だった校長の勧めで教師となったのでした。

チャンの存在により学園全体の士気が上がり、5人の問題児たちも来たる学力試験に向けて勉強に励みます。

ところが、多動性障害を抱えるクワン兄弟の兄カイチンが、成績が上がらないことを苦に飛び降り自殺を図ってしまいます。

カイチンは一命を取り留めますが、世間やマスコミから自殺原因を問うバッシングを受けたチャンは、責任を取って学園を去ることにします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スーパーティーチャー 熱血格闘』のネタバレ・結末の記載がございます。『スーパーティーチャー 熱血格闘』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

騒動により親たちからの信頼を失いながらも、教師のリョンやラム校長、そして生徒たちは、チャンが提言していた教育論を彼らに訴えます。

自身のために、そしてチャンの名誉回復のために必死に勉強してきた生徒たちは、ついに試験当日を迎えます。

しかし、チャンからの緊急メールで学園内に集められた生徒たちは、待ち伏せていたローによって園内に閉じ込められることに。

ローは、学園の敷地を活かした土地再開発を企てる業者の依頼を受け、ニセのメールで生徒たちを誘導、監禁し、試験会場に行かさないようにしたのでした。

そこへ、異変に気づいたチャンが駆けつけてローの手下たちを粉砕、生徒たちを逃します。

(C)2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.

チャンと相対したローは、そこで衝撃の事実を明かします。

実はローもまた、かつてはタックチー学園に通う、ピアノとテコンドーに長けた優秀な生徒でした。

ところが、当時不良だったチャンに晴れの舞台を壊された上に、ケンカの末に校長の胸像で腕を負傷してしまい、それ以来荒んだ人生を歩むようになったのでした。

ローはナイフを手にチャンに襲いかかるも、教室内での激しい闘いの末、敗れます。

ナイフを奪ったチャンに、「俺を殺せ」と吐き捨てるロー。

しかしチャンは、ナイフを自分の足に突き刺し、過去に犯した罪を詫びて去ります。

チャンの背後でローは、「俺はピアニストになりたかったんだ」と泣き叫ぶのでした。

生徒たちは試験開始時間にギリギリ間に合い、全ては終息。

教育局の補助金申請が認可されたタックチー学園も、廃校を逃れます。

数日後、清々しい表情でピアノを弾くローの姿があり、レイたち元問題児たちも活き活きとした表情で日常を過ごしています。

そして学園では、新入生たちが騒ぐ教室に「ようこそ我がクラスへ」というチャンの声が響き渡るのでした――。

スポンサーリンク

アクション映画にしてストレートな学園ドラマ

(C)2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.

荒れた学園を立て直そうとする熱血教師を描いた本作。

そのため、あらすじ展開も単純明快で分かりやすく、101分というランニングタイムからも察せるように、コンパクトにまとめた学園ドラマとなっています。

逆に言うと、普通の学園ドラマでは要となるはずの、「生徒を更生させる」描写がダイジェスト的に扱われているせいか、あらすじとしては深みに欠けるかもしれません。

また、香港映画ならではのベタな喜怒哀楽描写も、シリアスさを求める人には受け入れられないかも。

一方で、大きな見せ場となるアクションシーンは、数こそ少なめですが想像以上の凄まじさ。

中盤での格闘技会場内のロッカールームでのバトルと、クライマックスの教室内でのバトルでは、ロッカーや机やイスといった小道具を破壊しまくるため、観ているだけでも痛々しく迫力あるシーンとなっています。

このあたりは、長きに渡りドニーの作品に関わってきたアクション監督の谷垣健治を筆頭に、アクション指導担当の川本耕史を含む日本人スタントマンたちの活躍が光ります。

ドニー先生の体罰は悪しき者のみに下される


(C)2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.

本作『スーパーティーチャー 熱血格闘』は、端的に言えばドニー・イェン版『いまを生きる』(1989)&『GTO』です。

他の俳優がやると大げさに思われそうな熱血教師らしいセリフも、ドニーが喋っても違和感がないのは、やっぱり人格者のアイコンとなったイップ・マンのイメージが強いせいかも。

製作も兼ねるドニーは、いじめや自殺につながる香港の教育問題に関心を持っており、本作のような学園ドラマを長らく構想していたとのこと。

日本でも、昔と違って教師の体罰が問題視されるようになった昨今、我らがドニー先生の体罰は、悪しき者のみに下されます。

とどのつまり本作も、「イップ・マン」シリーズに通底する「罪を憎んで人を憎まず」精神たっぷりな痛快作なのです。

『スーパーティーチャー 熱血格闘』は、2019年11月15日(金)より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋で全国順次公開。

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

【面白いサスペンス・SF映画】2020年おすすめランキングベスト5:独特な世界観で現在を反映した5選《シネマダイバー:金田まこちゃ選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー金田まこちゃ 2020年は新型コロナウィルスの影響により、「007」シリーズ最新作の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』や、MCUシリー …

連載コラム

実写映画『がっこうぐらし!』感想と考察。日本製ゾンビ映画が示す新たな方向性|SF恐怖映画という名の観覧車35

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile035 様々な作品の興行的、批評的失敗から、邦画に対する「実写化アレルギー」のようなものを持つ方もいるでしょう。 「アベンジャーズ」シリーズを代 …

連載コラム

映画『ひかり探して』あらすじ感想と評価解説。韓国女性監督パク・チワンが特別な女性の絆と連帯感を描く|映画という星空を知るひとよ86

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第86回 韓国映画『ひかり探して』が、2022年1月15日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開されます。 本作は、『10人の泥棒たち』のキム・ヘスと『パラサ …

連載コラム

映画『クローブヒッチ・キラー』感想評価とレビュー考察。結末の展開が読めない連続殺人事件の真相に俳優チャーリー・プラマーの演技が光る|サスペンスの神様の鼓動41

サスペンスの神様の鼓動41 映画『クローブヒッチ・キラー』は2021年6月11日(金)より新宿武蔵野館ほかロードショー予定!! 10年前に、ある小さな町で起きた未解決事件「巻き結び(クローブヒッチ)連 …

連載コラム

『500ページの夢の束』感想レビュー。自己表現としてのSF物語|SF恐怖映画という名の観覧車12

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile012 人の作る「物語」には不思議な力があります。 それは時に誰かに「夢」や「希望」を与えたり、道を進んでいく動力源にもなれる、ドラマや映画など …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学