Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/29
Update

『500ページの夢の束』感想レビュー。自己表現としてのSF物語|SF恐怖映画という名の観覧車12

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile012

人の作る「物語」には不思議な力があります。

それは時に誰かに「夢」や「希望」を与えたり、道を進んでいく動力源にもなれる、ドラマや映画などエンタメのあるべき姿だとも言えます。

今回は、9月7日公開の映画『500ページの夢の束』をいち早く鑑賞した筆者が、「自分」を表現する物語の小道具として、「SF」が使われた今作を紹介していこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『500ページの夢の束』のあらすじ


(C)2016 PSB Film LLC

自閉症の少女ウェンディ(ダコタ・ファニング)は、ケースワーカーのスコッティ(トニ・コレット)の保護のもと、施設の中で日常のルールを徹底しながら過ごしています。

そんな彼女は、大好きな「宇宙大作戦(スター・トレック)」の脚本コンテストに応募するため、長大な脚本を書き溜めていました。

しかし、結婚し娘も出来た姉のオードリー(アリス・イヴ)と問題を起こしたウェンディは、集荷の関係で郵送では締め切りに間に合わないことを確信すると、ロサンゼルスまで歩いて行くことを決めるのでした。

翌日、スコッティに内緒で施設を抜け出すウェンディ。

こうしてウェンディと、彼女についてきた愛犬ピートの長い旅が始まります。

全編に溢れた「スター・トレック」の小ネタたち

参考映像:傑作SFドラマ『宇宙大作戦(スター・トレック)』

以前のコラムでも紹介させていただいた傑作SFドラマ『宇宙大作戦(スター・トレック)』。

今作では物語の主軸に「スター・トレック」が置かれ、非常に重要な役割を果たします。

もちろん、主軸とは言えど小道具の1つであるため「スター・トレック」のことを知らなくても楽しめるのですが、知っているとより作品を楽しめる要素を紹介させていただきます。

「ウェンディ」=「スポック」


(C)2016 PSB Film LLC

「スター・トレック」の登場人物の中でもメインの人物であるヴァルカン人のスポック。

理知的であり感情を意のままにコントロール出来るヴァルカン人であるため、感情表現が乏しいスポックが、対照的とも言える行動的な主人公、カークと親交を深めていく「スター・トレック」。

『500ページの夢の束』の主人公ウェンディが書き記す「スター・トレック」の脚本では、まさしくそんな2人が絶望的な状況下に置かれるシナリオが展開されます。

最期の時を間近に2人が語ること、それは感情表現が乏しいスポックをウェンディが自分自身と重ね合わせていることであり、物語の根幹に非常に関わっていることと言え、特に注目して欲しいポイントです。

他にもクスリと出来る要素はたくさん

上記のように物語の根幹に関わる要素もありますが、「知っていると面白い」にとどめている要素も多くあります。

ウェンディを保護するケースワーカーの名前が、「スター・トレック」に登場するモンゴメリー・スコット、通称「スコッティ」と同名であったり、姉のオードリーを演じるアリス・イヴが『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)のメインキャストとして出演している俳優であったりと、細かなファンサービスから始まり、

「スター・トレック」内に登場する細部まで綿密に作られた「ある言語」が重要な活躍をするシーンなど、知っていれば知っているほどクスリと出来るシーンが多くある「スター・トレック」ファンには、特に見て欲しい作品です。

スポンサーリンク

「自分」を表現する物語


(C)2016 PSB Film LLC

ウェンディが患う自閉症と言う病気は、度合いや個人差が多くありますが、基本的に他者とのコミュニケーションが上手く取れないと言う特徴があります。

絵本作家であり、詩人でもある東田直樹さんは自閉症を患っていますが、彼の作り出す世界は独特かつ優しさに溢れていて、会話でのコミュニケーションを上手に行えない東田さんが「自分」の中にある世界を表現していることが伝わってきます。

一方で、今作のウェンディは、大好きな「スター・トレック」の脚本を書きあげ、脚本コンテストでの入賞を目指しています。

序盤では賞金の10万ドル目当てとも、大好きな「スター・トレック」に応募したいだけとも取れる彼女の行動ですが、物語が進むうちにしっかりとした「目的」を持っての行動だと分かります。

上手くコミュニケーションを取ることが出来ない自閉症のウェンディだからこそ、自身を投射できる「スポック」と言う登場人物を使い紡いだ物語。

そんな「自分」を描いた物語を「誰に」見せたいと彼女は考えるのか。

時に笑えて、時に心を強くしてくれる、暖かい「夢」と「冒険」の物語をぜひ劇場でご覧になってみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile013では、9月15日公開予定の北村龍平監督による最新映画『ダウンレンジ』(2018年)から、シチュエーションスリラーとしての見どころをご紹介していこうと思います。

9月5日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

前代未聞の究極ラブストーリー映画『羊とオオカミの恋と殺人』感想と主題歌解説|蟹江まりの映画ともしび研究部3

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第3回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第3回目に取り上げるのは、2019年11月29日公開予定の『羊とオオカミの恋と …

連載コラム

映画『デビルズ・ソナタ』あらすじネタバレと感想。ゴシックホラー良作を名優ルドガーハウアーが遺してくれた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシ …

連載コラム

『さくら』小説ネタバレと結末までのあらすじ解説。西加奈子原作の一匹の老犬が見守る家族のヒストリー|永遠の未完成これ完成である16

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第16回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介する作品は『さくら』です。直木賞作家・西加奈子の同名ベストセラ …

連載コラム

『ブラックミラー シーズン2 時の”クマ”、ウォルドー』考察とネタバレあらすじ。政治選挙を風刺した切れ味鋭いオムニバスドラマ|SF恐怖映画という名の観覧車112

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile112 3週に亘り題材とさせていただいている、イギリスのSFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズも今回のコラムで遂にシーズン2最終話となり …

連載コラム

映画『赤い雪 Red Snow』ネタバレ感想と考察。永瀬正敏が見せつけた独特の世界観|サスペンスの神様の鼓動10

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』10 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について解説していきます。 今回取り上げる …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP