Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/27
Update

映画『フューリーズ 復讐の女神』あらすじネタバレと感想。ガチ怖ホラーとスラッシャーの“トニー節”が炸裂|未体験ゾーンの映画たち2020見破録13

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第13回

世界各地の映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田でも実施、一部作品は青山シアターで、期間限定でオンライン上映されます。

前年は「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、上映58作品を紹介いたしました。

今回も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第13回で紹介するのは、オーストラリアのホラー映画『フューリーズ 復讐の女神』

殺人鬼が登場し犠牲者を殺害するスラッシャー映画。70~80年代の特殊メイク技術が発達する中、ビデオ市場の拡大と共に、世界中で刺激的なホラー映画が求められた時代に、続々と作られ一大ブームを巻き起こしました。

そういった映画に多大な影響を受け、そしてオマージュを捧げる作品が、オーストラリアで誕生しました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『フューリーズ 復讐の女神』の作品情報


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(オーストラリア映画)

【原題】
The Furies

【監督・脚本】
トニー・ダキノ

【キャスト】
エアリー・ドッズ、リンダ・ゴー、テイラー・ファーグソン

【作品概要】
驚きのシチュエーションで繰り広げられる殺人ゲームを描いた、スラッシャー・ホラー映画。ミュージックビデオやCM、TVドラマを手がけて来たトニー・ダキノ初の長編映画である本作は、シッチェス映画祭”Midnight X-Treme”部門で最優秀作品賞にノミネートされるなど、世界各国のファンタステック映画祭で上映され、好評を得ています。

主演は「未体験ゾーンの映画たち2018」で上映された『キリング・グラウンド』のエアリー・ドッズ。特殊効果には『ハクソー・リッジ』に加わった、ラリー・ヴァン・ディンホーフェンらが参加、見ごたえある残虐シーンを生み出しています。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『フューリーズ 復讐の女神』のあらすじとネタバレ


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

林の中を逃げまどう女。彼女をマスクを付けた大鎌を持つ男が追います。足に怪我した女はもう逃げる事が出来ません。彼女が襲われようとしたその時、もう1人仮面を付けた男が現れます。

恐怖に震える女の前で、2人に仮面の男は格闘します。後から現れた男は大鎌を奪うと、相手を惨殺します。生き残った男は、震える彼女を抱きかかえ、どこかに去って行きます…。

場面は変わり夜の街で、ケイラ(エアリー・ドッズ)は友人のマディと、スプレーで壁に落書きをしていました。ケイラは意識障害(突然体が動かなくなり、外部からの刺激に反応できなくなる症状)の持病を抱えていましたが、今までマディに助けられていました。

しかしマディもこれからずっと、彼女の面倒を見ている訳にはいきません。ケイラ自身も積極的になるべきだと訴えると、2人は言い争いになり、マディが先にこの場を離れます。

ところが叫び声と共に、マディの姿が消えます。彼女の名を呼んでも返事はありません。不安に襲われたもケイラも突然襲われ、拉致され意識を失います。ぼんやりとした意識の中で、彼女は手術台の上にいたようです。

彼女は突然鳴り響くノイズ音で目を覚まします。目の前のライトが赤く光っています。ケイラは荒れた林の中に置かれた、黒い箱の中にいました。

嫌な音から逃れるべく、黒い箱から出たケイラ。周囲には誰も居ません。自分の手に血が付いていますが、左目から出血していたようです。我に返りマディを探す彼女は、近くに朽ち果てた遺体があることに気付きます。

突然2人の女が現われ、声を上げようとしたケイラの口を塞ぎます。追手に居場所を知られると言う2人は、アリスとシーナ(テイラー・ファーグソン)と名乗りました。

2人は危険な何者かに追われており、すぐ移動するべきだと訴えます。尋ねると2人共、マディの姿を見ていませんでした。そして何かを思い出し、突然走り出すケイラ。

ケイラは自分が入れられていた箱に戻り、中を探りますが意識障害の薬はありませんでした。パニックが引き起こしたのか、発作を襲われるケイラ。意識障害の症状で彼女の視覚は働いていますが、体は倒れ動かす事ができません。

2人は不安そうにケイラを見ていました。やがて彼女は意識を取り戻しますが、数分ほど発作に襲われていました。彼女はアリスに、意識障害の発作を起こすと、意識を失ったり幻覚を見たりすると説明し、その薬が今手元には無いと打ち明けます。

彼女は発作で倒れた時、斧を持ち歩いている男の視点の幻覚を見ていたようでした。改めて箱を見ると、そこには“美女6”と記されていました。

シーナは助けを求めに、既に移動していました。アリスは彼女にシーナの後を追おうと言います。2人は歩き出し、ケイラはアリスにここに来る前の事を、何か覚えているかと尋ねます。

アリスは駐車場で盗みを働いていて、いきなり拉致されました。目に何か処置をされ、同じように黒い箱の中で目覚めます。もう一度尋ねても、やはりマディを見ていないと答えるアリス。

マディの名を叫ぶケイラを、追手に気付かれると言ってアリスが止めます。マディ探しに協力しない彼女に、ケイラはなぜ行動を共にするのか尋ねますが、2頭いる豚を追う時、猟犬は足の遅い豚を追うとアリスはケイラに告げました。

2人は新たな黒い箱を見つけますが、それは“野獣6”と記されており、中には何もありませんでした。すると斧を持った、異様なホッケーマスクのような仮面を付けた男が現れ、2人はとっさに箱の影に身を隠します。

男が迫ってくるとアリスは枝を投げ、注意をそらします。その隙に逃げようとケイラを促すアリスですが、彼女は発作に襲われていました。その時ケイラはまたしても、追跡者の視点になって眺めていると感じていました。

やむなく動きの取れないケイラを残し、アリスは全力で駆けだしますが男に追われます。男の投げた斧が木にめりこみ、それを抜こうとするアリスは男に捕らわれます。アリスの頬に斧をめり込ませてゆく男。

ようやく意識を取り戻したケイラが、アリスの元に駆け付けると、彼女は無惨な姿で殺されていました。ケイラが走ると林が途切れ、荒野が果てまで見渡せる場所に出ます。何もありませんが見通しが良く、いきなり襲われる可能性はありません。意を決し荒野に駆け出すケイラ。

ところが荒野の先に、何本もの杭が並んで立っています。彼女が近づくと杭の先に付いたライトが赤く光りだし、箱の中で聞かされたノイズ音が響き渡ります。不快な音に苦しめられ、ケイラは先に進むことが出来ません。

そこに悲鳴を上げ1人の女が駆けてきます。彼女は先程の斧を持った男に追われていました。ケイラは彼女に手を振りますが、男の投げた斧が彼女の背中に命中します。

男はなぜかケイラに手を振ります。唖然としたまま、思わず男に手を振るケイラ。傷付いた女に止めを刺そうとする男ですが、醜い人面のマスクをした、手鎌を持つ男が現れます。

斧の男はケイラに目をやると、手鎌の男に向かいます。2人の殺人者が争い始めた隙に、ケイラは傷付いた女を助けに向かいます。サリーと名乗る女に肩を貸して逃げ出すケイラ。背後では手鎌の男が、斧の男を倒していました。

深手のサリーは寒気を訴え、これは私たちに与えられた罰だと呟きます。血の跡を伝って手鎌の男が追ってくると、サリーの身を枯れ枝で隠し、助けを求めて走り去るケイラ。

しかしサリーは手鎌の男に見つかります。男は彼女の顔を眺めてから、サリーの両腕を引きちぎります。一方ケイラは現れた豚のマスクをつけた、ナタを持った男に襲われます。必死に抵抗するケイラですが、突然彼女の目前で、男は頭を破裂させて倒れます。

何が起きたか理解できないケイラですが、我に返りサリーの元に急ぎますが、彼女は死んでいました。気を取り直しナタを手にして進むケイラは、廃屋が並ぶ集落を見つけます。地図看板を見ると、ここは廃鉱山近くの集落のようです。

小屋の1つに入ったケイラは、背後に忍び寄る人物にナタを振るいます。それは同じ殺人者から逃げる女の1人でした。彼女の首に深い傷を負わせたケイラは、動揺しながら謝ります。そこにもう1人の女を連れたシーナが入ってきます。

シーナに事故だったと訴えるケイラ。しかし傷を負わせた女は死に、ショックで発作を起こすケイラ。その時彼女はまた何者かの視点で幻覚を見ていました。それは視点となった人物の手で、廃坑近くに隠されるマディの姿でした。

マディ、と叫び意識を取り戻したケイラに、シーナと共に現れた女が、誰の名前か訊ねます。友人のマディだとケイラが説明すると、彼女はローズ(リンダ・ゴー)と名乗り、シーナはナタを手に外の様子を伺いに出ており、ケイラに殺された女はジャッキーだと説明します。

ローズは親戚が意識障害を患っていたので、彼女の症状を理解していましたが、シーナに取り残されて怯えており、自分も殺すのかとケイラに訊ねます。あれは事故だったと説明し、2人は友人となって離れずに、今後は助け合おうと告げるケイラ。

ケイラはローズに何を体験したか尋ねます。彼女はフクロウのマスクを付けた殺人者を目撃していました。そしてシーナと出会い、2人で行動していました。

発作を起こした時、自分が見た光景はただの幻覚ではない、と感じていたケイラはある事に気付きます。そして小屋の中を探し、スプーンを見つけます。

ローズが叫ぶ中、ケイラはジャッキーの遺体の左目をえぐり出します…。

以下、『フューリーズ 復讐の女神』ネタバレ・結末の記載がございます。『フューリーズ 復讐の女神』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

ケイラがえぐり出した目玉には、何か装置が埋め込まれていました。何者かが彼女らの目に装置を埋め込み、その視界を通じて監視していたのです。ローズの目を通して、監視者に対して呼びかけるケイラ。

彼女が呼びかけた何者かは、8組のモニターに流れる映像を通して、彼女たちを監視していました。モニターには映像ではなく、ドクロが表示されているものもあります。

集落に赤ん坊のようなマスクをつけた、ナイフを持つ男が現れます。2人のいる小屋にシーナが戻ってきました。シーナは外の男は自分を見て立ち去った、と語ります。

ケイラは2人に装置を仕込まれた目玉を見せ、同じものが自分たちにも埋め込まれ、これを通じ監視されていると説明します。2人も拉致された後、手術台にいた記憶がありました。

小屋の外に男が現れます。それは斧を持った男を倒し、サリーを殺害した手鎌を持つ男でした。3人は身を潜めますが、男は小屋に入ってきます。そしてローズを捕まえると、その顔を眺めます。

その隙にシーナが男を襲い、ケイラと共に小屋の外に追い出しました。男がローズをいきなり殺さず、顔を見たこと不思議に思いますが、これでケイラは確信しました。

ケイラの入っていた箱には“美女6”と、シーナとローズの箱にも異なる数字で同様に書かれていました。他に“野獣6”と書かれた箱もありました。何者かによって用意された犠牲者の女と殺人者の男は、ペアを組まされていたのです。

殺人者は自分のペアの女を守りながら、他の女とそして殺人者を殺します。女が死ぬと、ペアの殺人者はケイラが見たように、頭を爆破され死んでしまいます。彼女らは何者かが仕組んだ、特殊な殺人ゲームの参加者だったのです。

殺人者は言葉を発することが出来ず、教えられた顔を確認してペアの女を探すしかありません。一方女は誰がペアの殺人者か判らず、ただ逃げ回るしかないのです。

ケイラは皆で力を合わせ、マディを探し脱出しようと訴えます。おそらく廃坑こそ、この殺人ゲームから逃れられる、唯一の脱出口だと彼女は考えていました。

しかしジャッキーを誤って殺した時、ペアの殺人者が死んだと考えると…。殺人者より用意に殺せる、自分以外の女を殺して、襲ってくる殺人者を始末する方法もあります。

そしてケイラが発作中に見た、装置の混信か何かで起きた光景は、恐らくマディはペアの殺人者に匿われている姿でしょう。ゲームのルールに従うなら生き残るのは勝者、最後まで残った男女ペアです。ペアが互いを確認できれば有利な展開になります。

3人は疑心暗鬼に捕らわれます。ナタを手にしたシーナから、ケイラとローズは逃げ出します。外にはナイフを持った男が現れます。別の小屋に逃げ込んだ2人は、互いに殺さないと誓い合い、マディを救出し脱出するため廃坑に向かうと確認します。

ケイラは手斧を持ち、小屋の壁の隙間から外にでますが、ローズは引っかかって出ることができません。その小屋に手鎌の男が現れます。ローズを引っ張り合う男とケイラ。それを見たナイフの男が迫ってきます。

やむなくローズを一度放し、小屋に駆け戻り手鎌の男に立ち向かうケイラ。ローズも抵抗し、ついに男を殺します。小屋の2人の気迫に押されたのか、ナイフの男は逃げ去ります。

小屋から様子をうかがっていたケイラは、突然シーナが外に出て走り出す姿を目撃します。その意図を図りかね、後を追うケイラとローズ。

シーナは廃坑のマディを殺そうと、地図看板を見ていました。そこにケイラが現れると、あなたは自分と友人を救うため、必ず私とローズを殺すだろうとシーナは告げます。

その時ローズはナイフの男に捕らわれ、小屋の壁に手のひらをナイフで釘づけにされます。そしてケイラと向き合うシーナの背後には、人影が近づきます。

それはアリスを殺し、ケイラに手を振ってきた、斧を持つ男でした。彼はシーナの頭に斧を叩き込みます。それと同時にローズの目前で、ナイフを持つ男の頭が破裂します。彼がシーナとペアの殺人者でした。

そして斧を持つ男が、“美女6”のケイラとペアになる、“野獣6”の殺人者でした。彼はケイラに手を差し伸べますが、ケイラはその胸に斧を打ち込みます。彼女はゲームの勝者になることより、友人と脱出する道を選んでいました。

そこにローズが駆け寄りますが、彼女は自分を1人残して行動したケイラを責め立てます。ローズを抱きしめなだめるケイラ。その2人を見つめる、フクロウの仮面をつけ、干し草用フォークを持つ殺人者の姿がありました。

廃坑に向かうケイラとローズ。ケイラが発作を起こした時に見た通り、マディは隠されていました。再会を喜ぶ2人。マディはケイラが死んだと思い、身動き出来なかったと語ります。

その言葉を聞きローズが叫びます。本当の友人なら、身の危険を犯してでもケイラを救いに動くはずだ。その発言にケイラは怒りますが、自分は臆病な負け犬だと認めるマディ。

しかしローズは、ケイラがマディを救うため、女を殺したと話せと迫ります。そしてケイラが脱出口と信じた廃坑は、崩れて塞がっていました。

3人の前に干し草用フォークを持つ男が現れます。立ち向かおうとするケイラは、意識障害の発作に襲われます。彼女を抱きかかえるマディ。そして、マディの喉をナイフでかき斬るローズ。男の頭は飛び散り、体が崩れ落ちます。

意識を取り戻したケイラは、マディの遺体を抱き嘆き悲しみます。あなたを守るために、彼女を殺したと告げるローズ。そしてどうやってこの殺人ゲームから逃れるのか、ケイラに尋ねます。

たとえゲームの勝者になっても、主催者の思うようにされるだけだと告げるケイラ。私はあなたを救い、あなたは私を脱出させると言った、と呟くローズに、思わずあなたが死ぬべきだったと叫んでしまうケイラ。

その言葉に傷付いたローズは、あなたは私を友人だと言った、と告げると絶叫し走り去ります。1人残され、泣き崩れるケイラ。

ケイラはナイフを手に歩き、杭が立ち並ぶ荒野に現れます。そこで自分の左目をえぐり、埋め込まれた装置と共に捨て去ります。杭に付いたライトは反応せず、彼女はその外へと進んで行きます。

ただ1人生き残った、と監視モニターに表示されたローズが、この殺人ゲームの勝者でした。しかしゲームの主催者は、彼女を次のゲームに参加させる手筈を整えます。

どこかの邸宅で、VRゴーグルでこのゲームを、殺人者の視点で楽しんでいた男がいました。主催者から電話で、次のゲームの案内が連絡されますが、男は家に侵入者がいると気付きます。

侵入してきたサングラスの女は男にスタンガンを使い、拘束するとこの殺人ゲームの創設メンバーが誰か尋ねます。サングラスを取った女の正体は、ゲームの関係者から死んだと信じられている、隻眼となったケイラでした。

男から情報を聞き出すと、ケイラはこの場にいないマディに、この男をどうするか尋ねます。心の中にしか存在しないマディの指示に従って、ケイラは男を殺します。

ゲームを創設したメンバーも、やがて彼女が生きていたと思い知らされるでしょう…。

スポンサーリンク

映画『フューリーズ 復讐の女神』の感想と評価


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

徹底した残酷描写で見せるスラッシャー映画

見事な悪趣味映画です。妙齢の女性が多数登場するこの作品、自主規制R15+相当と案内されていますが、その自主規制に占める、残酷度とエロ度の比率は10:0。清々しいほど徹底してます。スラッシャー映画ファンは絶対見るべし、苦手な人には劇薬以外の何物でもありません。

かくも徹底した作品なのに、今一つ世界のホラーファンに支持されていない模様です。この殺人ゲーム、どれだけ金と暇を持て余した奴らが開催したの?とツッコミたくなるトンデモ設定と、複雑なルールが理解し辛く、今一つ乗れなかった人が多かった結果でしょう。

しかしトンデモ設定でも面白いホラー映画には、ドリュー・ゴダード監督の『キャビン』があります。『キャビン』がどこかで見た様なモンスターのオンパレードなら、『フューリーズ 復讐の女神』はどこかで見た様な殺人鬼のオンパレード、実に愉快です。

映画の設定のために大きく広げた、嘘の大風呂敷さえ受け入れて鑑賞すれば、映画後半以降の駆け引きはお見事。そしてトム・サビーニが好きな特殊メイクファンは必見の作品です。

監督の70~80年代ホラー映画愛が炸裂!


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

監督・脚本のトニー・ダキノは、インタビューで自身を熱烈な、70~80年代ホラー映画ファンだと紹介しています。当時これらの映画が独立系の映画会社で作られ、その結果生まれたクレイジーな作品が大好きだと語っています。

監督はこの作品を作るにあたり、CGは予算の制約から排除しただけではなく、実際に作られたものが生むリアル感を映画に生かすべく、特殊メイクを中心とする映画作りを選択しました。

メイクやプロップを利用した撮影は、精密なものの製作には時間がかかり、NGが許されない撮影となります。時間と予算の制約に悩ませられますが、監督の友人でもある特殊効果マン、ラリー・ヴァン・ディンホーフェンに助けられたと語っています。

彼はこの映画の特殊効果シーンに対し、情熱的な完璧主義者として素晴らしい仕事をしてくれた、と讃えているトニー・ダキノ。とはいえ最初に撮影した残虐シーンの出来栄えには、これはやり過ぎだったかも…と思ったそうです。

この映画は70~80年代スラッシャー映画へのオマージュに満ちていますが、一方で監督はそれらの映画に登場する、性差別的に女性を描くパターンを破る、新しいスタイルの映画にしたいとも考えていました。

その結果本作に登場する女性は、殺される人物であっても感情があり、知的で、そしてヌードシーンの無い形で描かれています。

オーストラリアで生まれたこの作品は、同様に明るく乾いたテキサスで生まれた映画であり、そして自分のお気に入りでもある『悪魔にいけにえ』を意識していると監督は語っています。

多くのシーンが暗闇とは対極の、明るい中で撮影されましたが、それは特殊効果のスタッフに、大きなプレッシャーを与える環境での作業になったと打ち明けます。
  

まとめ


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

トニー・ダキノ監督のホラー映画愛と、特殊効果へのこだわりが詰まった『フューリーズ 復讐の女神』は、同時にホラー映画に登場する女性像の新たな形を示していました。冗談めかしてエロ度が少ない、と書きましたが監督の意図した狙いだったのです。

自身をゆるぎないホラー映画ファンと認めるトニー・ダキノは、次回作もホラー映画を作りたいと語っています。そしていつか自分が目標とする、『悪魔のいけにえ』のような、良い映画を作りたいとの夢を語っていました。

この映画に登場する殺人鬼は全て、デザイナーと相談し意図して有名なホラー映画のキャラクターを、アレンジしたデザインのマスクを付けています。

なるほど、あいつが『悪魔のいけにえ』の、レザーフェイスをアレンジした殺人鬼ですか。大変よく判りました。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)Buttonijo Films

次回の第14回は実際の事件を元にテロリストとの攻防を描く映画『22ミニッツ』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

『ダークナイトライジング』ネタバレ解説。シリーズのラストに見たスーパーヒーロー終焉の仕方|最強アメコミ番付評15

こんにちは、野洲川亮です。 今回はクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」シリーズの第三作にして、完結編となる『ダークナイト ライジング』(2012)を考察していきます。 クリスチャン・ベールが …

連載コラム

映画『ストレイ・ドッグ』感想と評価考察。ニコールキッドマン最新作で演じた女刑事の“野良犬根性”と娘への愛|映画という星空を知るひとよ20

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第20回 オスカー女優のニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦! ある事件で心をむしばまれた女性刑事が、忌まわし過去と向き合う姿を描いたサスペンスノワール『ストレ …

連載コラム

【ネタバレ解説】映画『こんな夜更けにバナナかよ』感想と内容の考察。原作から主題を深掘りする|映画道シカミミ見聞録28

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第28回 こんにちは。森田です。 『万引き家族』がカンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した2018年。その年の瀬にも、力強いメッセージを放つ「疑似家族」映画が公開 …

連載コラム

映画『わたしは金正男を殺してない』感想と考察評価。暗殺者に仕立てられた女たちが訴えたモノとは⁈|だからドキュメンタリー映画は面白い56

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第56回 全世界に衝撃を与えた暗殺事件に隠された悲劇 今回取り上げるのは、2020年10月10日(土)よりシアター・イメージフォーラム、ヒューマントラス …

連載コラム

『ブラックミラー シーズン2 シロクマ』考察ネタバレと感想解説。どんでん返しSFオムニバスドラマ|SF恐怖映画という名の観覧車111

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile111 先週に引き続き今回のコラムでもイギリスで高い評価と人気を誇るSFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズをご紹介。 今回のエピソードは …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP