Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/25
Update

映画『インディペンデントリビング』あらすじと公開情報。2020年春に障害者の自立生活を描くドキメンタリー上映

  • Writer :
  • 松平光冬

“生きづらさ”を抱えた人たちが“自分らしさ“を取り戻すドキュメンタリー

重い障害を持つ者に、一人暮らしはできるのだろうか?


©ぶんぶんフィルムズ

自立生活を希望する障害者たちに密着したドキュメンタリー映画『インディペンデントリビング』が、2020年1月11日(土)より大阪・第七藝術劇場にて先行上映、春に東京・ユーロスペースほかで全国順次公開されます。

映画公開に先駆け、予告編及びティザービジュアルがお披露目となりました。

スポンサーリンク

映画『インディペンデントリビング』について

©ぶんぶんフィルムズ

本作は、障害者の“自立生活運動”の現状をテーマとしたドキュメンタリーです。

自立生活運動とは、障害者が地域で暮らすために何が必要なのかを、地域や社会に訴え続けて様々な法律や制度を作る取り組みのこと。

本作の監督である田中悠輝自身、2016年よりヘルパー(介助者)として働いており、実際にこの運動が持つ社会を変革する力や出会った人を元気にする場面を見てきました。

ヘルパーとして出会ってきた数多くの障害者から、自立生活運動の価値を伝える映画を作ってほしいと言われたことが本作製作のきっかけとなり、3年の月日をかけて、自立生活を希望する人たちの姿を撮影しました。

プロデューサー・鎌仲ひとみのコメント


©ぶんぶんフィルムズ

本作は、自身もドキュメンタリー監督として『ヒバクシャー世界の終わりに』(2003)、『六ヶ所村ラプソディー』(2006)などを手がけてきた鎌仲ひとみが、初の製作を務めます。

本作を発表するにあたり、鎌仲は以下のメッセージを寄せています。

本作は、ほらこんなに頑張ってるよ、健気にやっているよ、ではなく、限りなく等身大に描いています。誰だって凸凹なんだから、障害者だってデコボコでいいじゃないか、と。この作品を観た後、どこかで障害者と出会ったら、気軽に声をかけたり、普通に話せたりできるかも、と思ってもらえたらいいなぁと思います。自立って、一人で頑張ることじゃないんだ、ということをこの方たちから学びました。あちこち、不自由なことがあっても、人は心を自由にひらきながら生きることができるんです。

このメッセージからも、不自由ながらも、自分らしく生きていきたいという者たちの思いが詰まった作品となっていることがうかがえます。

スポンサーリンク

映画『インディペンデントリビング』のティザービジュアル


©ぶんぶんフィルムズ

このほど解禁となったティザービジュアルは、「障害者が自立生活を選ぶ」というメインキャッチコピーが示す通り、笑顔で写る障害者たちの姿を全面にフィーチャリング。

「ぜんぶ抱えてワガママに生きる。」というコピーも目を惹く、自らの意思でたくましく、強く生きようという彼らを示すデザインとなっています。

映画『インディペンデントリビング』の予告編

ティザービジュアル公開に併せて、予告編も発表されました。

ライブハウスで歌うガナリヤによるテーマ曲「カウンセル」をバックに、夜の大阪の街を電動車椅子で走る障害者をクローズアップ

電車を乗り継いだ障害者と、演奏を終えて帰路を急ぐガナリヤのボーカルのかわさきが顔を合わせ、一緒に住居に入っていくまでをカメラが追っていきます。

スポンサーリンク

映画『インディペンデントリビング』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
田中悠輝

【製作】
鎌仲ひとみ

【撮影】
辻井潔、田中悠輝、岩田まき子、小角元哉、マット・フィールド

【編集・構成】
辻井潔

映画『インディペンデントリビング』のあらすじ

©ぶんぶんフィルムズ

大阪にある自立生活センター。

ここでは障害当事者が運営をし、日常的に手助けを必要とする人が、一人で暮らせるよう支援をしています。

彼らは先天的なものだけでなく、病気や事故などにより様々な障害を抱えながら、家族の元や施設ではなく、自立生活を希望しています。

自由と引き換えに、当然ながらリスクや責任を負うことになる自立生活は、彼らにとってまさに“命がけ”のチャレンジ。

家族との衝突や、介助者とのコミュニケーション齟齬といった課題も多く、時には挫折・失敗することもあります。

しかし、自ら決断し、行動することで、彼らはささやかに、確実に変化をしていきます――。

まとめ


©ぶんぶんフィルムズ

障害者が被写体となったドキュメンタリー映画は多数ありますが、本作『インディペンデントリビング』が特徴的なのは、当の障害者だけでなく、彼らを支えるヘルパーたちにも焦点を当てている点にあります。

監督でありヘルパーでもある田中悠輝は、以下のようなメッセージを寄せています。

今回が私にとってはじめての作品です。経験や技術が足りないなか製作チームに助けられながら完成、そして劇場公開が決定しました。これからが本当に「この運動の価値を伝える」段階になっていきます。より多くの方にこの映画を観てほしいと考えています。

本作が、自立生活運動という、あまり聞きなれない取り組みについて知る機会を与えてくれることでしょう。

ドキュメンタリー映画『インディペンデントリビング』は、2020年1月11日(土)より、大阪・第七藝術劇場にて先行上映、春に東京・ユーロスペースほかで全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの中村豪士役は綾野剛【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』は2019年10月18日より全国公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々 …

新作映画ニュース

映画『ダンサー そして私たちは踊った』あらすじとキャスト。のむコレ3にて公開されるアカデミー賞スウェーデン代表作!

ロッテン・トマト93%FRESH獲得のアカデミー賞国際長編映画賞スウェーデン代表作品。 第92回アカデミー賞国際長編映画賞部門スウェーデン代表に選出された『ダンサー そして私たちは踊った』。 (c) …

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスの新作映画『ドント・ウォーリー』の日本版ポスタービジュアルと予告編解禁!

ガス・ヴァン・サント監督の3年ぶりの待望の新作映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開! © 2018 A …

新作映画ニュース

塚本晋也監督がニッポン名誉賞を受賞。映画『斬、』ロングラン上映で世界を席巻!

『鉄男』『六月の蛇』など、海外の評価も高くカルト的な人気を誇る塚本晋也監督の最新作『斬、』は、渋谷ユーロスペースほか全国にてロングラン上映中。 2018年11月24日に公開されてから2か月以上たった今 …

新作映画ニュース

染谷将太×戸田恵梨香映画『最初の晩餐』あらすじとキャスト。予告編と場面写真が解禁!

父の遺言は、目玉焼きでした。 思い出の味で家族の時間を取り戻す、唯一無二の、新しいおみおくり。 染谷将太主演、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが家族に扮した映 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP