Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『衝動-世界で唯一のダンサオーラ』あらすじ。2020年3月より公開されるフラメンコダンサーのステージに密着したドキュメンタリー

  • Writer :
  • 松平光冬

驚異の天才フラメンコダンサーのステージに迫るドキュメンタリー

唯一無二のパフォーマンスで、舞踊界のみならず舞台芸術やアート界へも衝撃を与え続けるスペインのフラメンコダンサー、ロシオ・モリーナ


映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』

そんな彼女のステージの創作現場に迫ったドキュメンタリー映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』が、2020年3月に東劇、東京都写真美術館ほかで全国順次公開されます。

映画公開に先駆け、ティザービジュアルがお披露目となりました。

スポンサーリンク

ロシオ・モリーナについて

参考:ロシオ・モリーナのツイッター

本作の被写体となるロシオ・モリーナは、1984年にスペインのマラガに生まれます

3歳から踊りを始めたロシオは、2001年にフラメンコのマリア・パヘス舞踊団へ入団。

マドリッド王立舞踊学校を首席で卒業後の2005年には、自身が主宰のロシオ・モリーナ舞踊団を立ち上げ、処女作『Entre Paredes(壁の間)』を発表。

その後も精力的に新作を発表し続け、2010年には、26歳という若さで、スペイン芸術界でもっとも栄誉ある「Premio Nacional de Danza 2010(スペイン舞踊家賞)」を受賞するなど、説得力ある躍動感や独特のセンスで、世界各国で高い評価を受けています。

奇抜な振り付けと高度なテクニックを駆使し、常に実験と挑戦を続ける、現代フラメンコ界における第一人者となっています。

映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』のティザービジュアル


映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』

このほど解禁となったティザービジュアルは、「ダンスの魂、降臨――」というメインキャッチコピーが示す通り、舞台上で転がり、躍動するロシオの姿を全面にフィーチャリング。

「強く、美しく、圧倒的!異次元のダンサー、ロシオ・モリーナのステージの扉が開く――!」というコピーも目を惹く、華麗にしてパワフルな内容を想起させるデザインとなっています。

スポンサーリンク

映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』の見どころ

参考:ロシオ・モリーナのツイッター

本作は、ロシオが2016年11月に、パリのエッフェル塔を望むフランス国立シャイヨー劇場で行った新作「カイダ・デル・シエロ」を上演するまでの道のりに密着

彼女自身による振付創作の模様から、練習、ステージの現場が映し出されると同時に、共に作品を作り上げるミュージシャン仲間たち、さらには家族の証言などを通して、知られざる彼女の顔にも迫っていきます。

映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス・スペイン合作映画)

【原題】
Impulso

【監督・脚本】
エミリオ・ベルモンテ

【撮影】
ドリアン・ブラン、トーマ・ブレモンド

【録音】
シャビエル・アルヴァレズ

【編集】
マチュー・ランブリオン

【キャスト】
ロシオ・モリーナ、ホセ・アンヘル・カルモナ、エドアルド・トラシエラオルーコ、パブロ・マルティン・ジョーンズ、ラ・チャナ

スポンサーリンク

映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』のあらすじ

スペイン舞踊界の最高の栄誉「スペイン舞踊家賞」を26歳の若さで受賞、2018年にイギリスの舞台芸術の最高賞「ローレンス・オリヴィエ賞」にノミネートされるなど、数々のエピソードに彩られた天才ダンサー、ロシオ・モリーナ。

自らを、ダンサーとバイラオーラ(女性フラメンコダンサー)を掛けた造語“ダンサオーラ”と称する彼女は、その天才的なリズム感、驚異的な身体能力、天性の芸術的感性で異次元のステージを繰り広げます。

伝説のバレエダンサー、ミハイル・バリシニコフがその圧倒的パフォーマンスを観て、思わずひざまずいたという逸話を残すなど、常に注目を浴びるロシオ。

本作は、そんな彼女が、フランス国立シャイヨー劇場での新作「カイダ・デル・シエロ」を上演するまでの道のりに密着していきます。

まとめ

参考:ロシオ・モリーナのツイッター

本作『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』が公開される2020年3月には、来日公演「ロシオ・モリーナ舞踊団 Fallen from Heaven ―天から落ちてきて―」が控えており、そこでは「カイダ・デル・シエロ」が上演予定となっています。

印象的な純白のドレス姿や、マタドール(闘牛士)のような衣装など、目まぐるしく姿を変えつつ、華麗に力強く舞うロシオが観られることでしょう。

「カイダ・デル・シエロ」が生み出される過程を追った本作を併せて観れば、ダンサオーラの真髄が分かります。

ドキュメンタリー映画『衝動―世界で唯一のダンサオーラ』は、2020年3月から東劇、東京都写真美術館ほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『たまつきの夢』あらすじとキャスト。若手監督とミュージシャンのコラボ「MOOSIC LAB2019」を開催!

MOOSIC LAB2019は2019年11月23日(土)から12月21日(土)まで開催。 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC …

新作映画ニュース

映画『左様なら』予告編公開!上映劇場限定の前売り特典は芋生悠と祷キララのポストカードなど

何が起こっても、当たり前のように続いていく日常。 彼女たちの毎日を儚く美しく描き出す青春群像劇。 新進気鋭の女性監督・石橋夕帆が、イラストレーター・ごめんのTwitterで発表した初期作品を芋生悠・祷 …

新作映画ニュース

映画『れいこいるか』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。いまおかしんじが阪神・淡路大震災で娘を失った夫婦を描く

阪神・淡路大震災から25年。 震災で娘を亡くした夫婦の葛藤と絆を描く、いまおかしんじ監督最新作。 この度、阪神・淡路大震災で娘を亡くした夫婦の葛藤と絆を描き、 第15回大阪アジアン映画祭で高評価を得た …

新作映画ニュース

【岩田剛典&杉咲花】映画の画像解禁!『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

岩田剛典&杉咲花のダブル主演で贈る、この秋、最高のラブストーリー! 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開。 この度、本作の全貌が覗ける、場面画 …

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。 7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞! 受賞を受け …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学